[CML 043396] 【YYNewsLive】■2020年東京オリンピック買収疑惑第2弾!『ザ・ガーディアン』記事日本語訳2/3

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2016年 5月 14日 (土) 13:56:55 JST


【ア
スリートマネジメント&サービス】社いつもお世話様です。          
                

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰しております
【市民革命派】ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

昨日木曜日(2015.06.26)に放送しました【YYNewsLive】の『メインテーマ』を
加筆訂正して【ブログ記事】にまとめました。

【ブログ記事】

■2020年東京オリンピック買収疑惑第2弾!英紙『ザ・ガーディアン』和訳2/3

一昨日(2016.05.11)付けの英紙『ザ・ガーディアン』が、[東京オリンピック:
秘密口座への130万ユーロの支払いが2020年東京オ リンピックへの疑惑を高め
る!]のタイトルで長い記事を書いている。

昨日は『ザ・ガーディアン』の記事全体の約1/3を日本語訳しましたのでを記し
ます。

本日は記事の約1/3の日本語訳をアップします。

最後の1/3は明日アップする予定です。

(日本語訳2/3はじめ)

An independent report commissioned by the World Anti-Doping Agency
(Wada) and published in January showed how Diack and his marketing
consultant sons, Papa Massata and Khalil, joined up with the lawyer
Habib Cisse to act“as an informal illegitimate governance structure"of
the IAAF.

世界反ドーピング機構(WADA)が委託し今年の1月に発表した独立報告書は、ダ
イアックと彼のマーケティングコンサルタントの息子二人、パパ・ マサタとカ
リルが、弁護士ハビブ・シセと結託してIAAFの「非公式非合法の支配構造]とし
て行動していたと報告している。

The Guardian had earlier revealed that Papa Massata Diack, who had carte
blanche to seek sponsorship deals in developing markets under an
agreement with marketing partner Dentsu, appeared to request $5m (£3.5m)
from Qatar at a time when it was bidding for the 2017 world athletics
championships and the 2020 Olympics.

当紙ガーディアンは早い段階で、スポンサー契約開拓のために白紙委任を持って
いたパパ・マサタ・ダイアックが、マーケティング・パートナーの電通 と合意
の下、2017年の世界陸上競技選手権と2020年のオリンピックの指名競争でカター
ルに500万ユーロ(350万ポンド)を要求したこと を暴露した。

In January, the Guardian revealed that Papa Massata Diack was apparently
involved in 2008 in a scheme to deliver “parcels” to six influential
members of the IOC at a time when Doha, Qatar, was trying to bid for the
2016 Olympics.

当紙ガーディアンは今年1月、ドーハ、カタールが2016年オリンピックに入札し
ようとしていた時、パパ・マサタ・ダイアックが影響力のある IOC委員6名に
「買収資金」を支払ったことを暴露した。

Tokyo Olympic Games corruption claims bring scandal back to the IOC

東京オリンピック汚職の追及はIOCのスキャンダルまで行きつきます。

But the latest revelations are perhaps the most troubling yet for the
IOC and will send shockwaves through the Olympic movement at a time when
its president, Thomas Bach, has repeatedly held it up as an example of
probity to other troubled sporting organisations including Fifa and the
IAAF.

しかし、最新の汚職暴露はIOC(国際オリンピック委員会)にとって最も厄介なこ
とであり、また不祥事があったFifa(国際サッカー連盟)と IAAF(国際陸連)など
他のスポーツ組織がその後誠実な体制を取って立ち直ったと繰り返し述べていた
トーマス・バッハIOC会長にとっても衝撃 だ。

Asked about the alleged payment, believed to have been made in more than
one tranche before and after the Games were secured, the Japanese
Olympic Committee  which oversaw the bid said its press team was away on
business for a week and was unable to respond.

入札を監督する立場の日本オリンピック委員会は、2020年オリンピックが東京に
決まった前後に複数回にわたって疑惑の資金支払いが行われた確証 がある、と
問われて、広報部が一週間不在なため答えられないと述べた。

The Tokyo 2020 organising committee said it had no knowledge of what
went on during the bid period. A spokeswoman said: “The Tokyo 2020
Organising Committee has no means of knowing these allegations. We
believe that the Games were awarded to Tokyo because the city presented
the best bid.”

東京2020組織委員会は、入札期間中に何が起こったのか何の知識を持っていないと
述べた。広報担当者は言った:
[2020東京オリンピック組織委員会は、これらの疑惑を知る手段がありません。
私たちは東京が最高の入札を提示したのでオリンピック開催が東京 に与えられ
たものと信じています。」

The allegations come at a difficult time for the IOC, which is under
pressure over this summers Rio de Janeiro Olympics amid a host of
practical and political issues and locked in an ongoing battle to
persuade potential bidding cities that the Games remain a worthwhile prize.

この買収疑惑は、現実的で政治的な問題の渦中に置かれているこの夏のリオデ
ジャネイロオリンピッに対する圧力を受け、またオリンピックが価値のあ る賞
として世界の諸都市が入札するように説得することができなくなったIOCにとっ
て、困難な時期にぶつかった。

The seven-figure payment from Tokyo 2020 also raises questions about the
role ofDentsu, the Japanese marketing giant that has an all-encompassing
sponsorship contract with the IAAF that runs until 2029, having been
unilaterally extended by Diack in the final months of his presidency.

2020東京オリンピック招致委員会が7桁の金額を支払った疑惑は、ダイアック会
長在任中の最後の数カ月内に、IAAFとの包括的スポンサー契約 を2029年まで延
長した日本のマーケッテイング巨大会社・電通の役割にも疑問が出ている。

The report by Wada’s independent commission, chaired by Dick Pound,
detailed how the Black Tidings account was held by Ian Tan Tong Han, who
was a consultant to Athlete Management and Services, a Dentsu Sport
subsidiary based in Lucerne, Switzerland, that was set up to market and
deliver the commercial rights granted to it by the IAAF.

ディック・パウンドが議長を務めるのWada(世界反ドーピング機構)の独立委員会
の報告書によれば、シンガポールの秘密口座の所有者は、スイス・ルツェルに
ある、IAAFによって販売と供与の商業権を持っている電通スポーツの子会社【ア
スリートマネジメント&サービス】社の顧問だった イアン・タン・トンハン 
だった。

Computer analysis revealed that Tan had regular high-level access to
IAAF officials including Lamine Diack and was “integrated into the IAAF
at the executive level” and “appeared to be part of the informal
governance system for the IAAF”.

コンピューター分析によると、タンはIAAFのラミンヌ・ダイアック会長を含む最
高幹部と日常的に接触しており、彼は「最高レベルでIAAFに侵 入しており」
「IAAFの非公式統治システムの一部であるように思われていた」のだ。

(日本語訳2/3終り)

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************


CML メーリングリストの案内