[CML 043389] 【京都・市民放射能測定所】4周年記念総会と集会のご案内 と給食のタケノコに放射性物質234ベクレルの記事

ekmizu8791 at ezweb.ne.jp ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2016年 5月 13日 (金) 23:20:41 JST


【京都・市民放射能測定所】4周年記念総会と集会のご案内 と給食のタケノコに放射性物質234ベクレルの記事


転送転載歓迎


京都の菊池です。


原発では低レベル放射性廃棄物として扱われる放射性濃度

1キログラム当たり100ベクレル

の二倍を超える放射性濃度
のタケノコが給食から見つかったという記事を教えていただきました。


記事からいろいろなことが浮かび上がってきます。

〇土壌が国策東電原発事故による放射性物質で汚染されていること、
そのため植物が放射性物質を含むことがあること
がきちんと住民に周知されているだろうか

〇「タケノコを採った地域が出荷制限がかかっているとは知らなかった」とするならば、出荷制限地域からのタケノコであると表示され出荷されたはずなのに、
県は見落としたのか

〇出荷制限地域からのタケノコでないと偽って出荷されたならば、今後県は、それに騙されない対応がとれるのでしょうか

〇たまたま
月1回行っている簡易検査の日に
このタケノコが食材として使われていたので今回わかりましたが、
これまではどうだったのでしょうか。

そして、これからは、どうしたら防ぐことができるでしょうか

〇
宇都宮市学校健康課は「児童1人のタケノコの摂取量は多くなく、
直ちに健康に影響を及ぼす数値ではない
と考えている
とのことですが、

「直ちに」の文言をはずして
「健康に影響がない」
と言い切ることはできないということでしょうか。

また、

原発では低レベル放射性廃棄物として扱われる放射性濃度
1キログラム当たり100ベクレル
を二倍超える放射性濃度
の食材を使った給食を児童に提供したことについて今回どう対応し、
これからはどう防ぐのでしょうか。


記事を転載します。


給食のタケノコに放射性物質 234ベクレル


NHK NEWS WEB 栃木県 

http://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/1096956491.html 


宇都宮市の小学校で出された給食の食材のタケノコから国の基準を超える放射性物質が検出されたことがわかりました。 

タケノコは
原発事故以降、出荷が制限されている地域のものが入っていた疑いがあり、
県などは詳しいいきさつを調べています。 

宇都宮市や県によりますと、
10日、宇都宮市の小学校1校で、出来上がった給食を対象に月1回行っている簡易検査でタケノコご飯のタケノコから国の基準を超える放射性セシウムが検出されました。
このため県が詳しく調べたところ最大で国の基準の2倍を超える1キロあたり234ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。
県によりますと
食材のタケノコは
卸売り業者が市内に住む男性から仕入れたもので、男性は原発事故以降、出荷制限がかかっている地域からタケノコを採っていた疑いがあるということです。
県の調査に対し
男性は
「タケノコを採った地域が出荷制限がかかっているとは知らなかった」などと話しているということです。
宇都宮市学校健康課は「児童1人のタケノコの摂取量は多くなく、
直ちに健康に影響を及ぼす数値ではない
と考えているが、
安全な給食提供のため調査を徹底したい」とコメントしています。 
05月11日 20時42分

とのこと。



5/15日曜日「京都・市民放射能測定所 4周年記念総会と集会」を案内します。ぜひご参加ください。ご都合のつく時間帯だけの参加も歓迎です。

案内転送・拡散歓迎です。
ぜひ、よろしくお願いします。

5月15日(日)10時〜16時30分
京都呉竹文化センター(京阪・近鉄『丹波橋駅』下車すぐ)

主なプログラム

〇【午前の部】 参加無料

講演その1 10時〜11時
『帰還政策・原発再稼動への動きと脱原発・反被曝運動をめぐる最近の情勢と展望』
講師:渡辺悦司さん (「放射線被曝の争点−福島原発事故の健康被害は無いのか」共著者)

会員総会 11時〜12時

〇飛田晋秀さん写真展 10時30分〜15時
『福島のすがた 3/11で止まった町』

〇ほっこりカフェ&無料測定会 10時〜14時 丹波橋測定室
測定は一人一品、先着5名まで
カフェでは抹茶を楽しんでください。

〇【午後の部】 会員・避難者500円、一般1000円、学生無料

総会報告とスタッフ紹介 12時30分〜12時50分

講演その2 12時50分〜
『福島こども尿中セシウム測定結果』
斉藤さちこさん(こどもエイド副代表)

ドキュメンタリー映画『たゆたいながら』上映 14時〜
阿部周一監督トークあり
第七回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル コンペティション部門入賞作品

ライブ『ワッハッハ・コンサート』 15時15分〜
河野康弘さん(ジャズピアニスト 地球ハーモニー代表)

16時30分終了


【打ち上げ】 参加費1000円

17時30分 丹波橋測定室にて おこないます。


原発事故から5年が過ぎ、当測定所が開所して丸4年を迎えます。
関西でトップを切って開所した当測定所は、優秀なスタッフと多くの会員さんに支えられ、様々な取り組みに挑戦してきました。
昨年の3周年の集いでは、「京都北部に市民測定所を作ろう」と呼びかけ、綾部市など北部在住のみなさんと力を合わせ、2015年8月に無事開所となりました。
今は、市民測定所西日本ネットワークの仲間としてともに活動しています。
この1年新たに挑戦する課題は、放射能汚染の拡大を監視する測定活動を強めていくことです。
本来は放射性廃棄物として厳重に保管されるべき物が園芸用・建設資材などとしてリサイクルされようとしています。
こうした動きを監視するため、

新たに「ホット・スポット・ファインダー」を導入したいと考えております。

ぜひ、会員総会で議論したいと思います。
4周年記念の集いは盛りだくさんの内容で準備が進んでいます。多くのみなさんのご参加を心からお待ちしています。


(問い合わせ先)
京都・市民放射能測定所
http://nukecheck.namaste.jp/
〒612−2082
京都市伏見区両替町9丁目254 北川コンサイスビル203号
担当 佐藤和利
070-5664-2713
satokazu at wave.plala.or.jp


詳しくは、
京都・市民放射能測定所のホームページ
http://nukecheck.namaste.jp/
ブログ
http://crmskyoto.exblog.jp/
を参照ください。




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)


CML メーリングリストの案内