[CML 043258] 東京新聞5月3日「こちら特報部」「在特会の徳島県教組襲撃事件控訴審」

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2016年 5月 4日 (水) 15:03:26 JST


前田 朗です。
5月4日

5月3日は静岡で憲法記念日の講演をしてきた。今朝の中日新聞(静岡版)に小
さく報じられている。「各地で護憲訴え」として浜松、沼津、静岡市葵区の3つ
の集会が取り上げられている。しずおか憲法9条を擁護し実現する会の集会で、
私は軍隊のない国家や、国連平和への権利宣言運動の話をした。

5月3日の東京新聞朝刊の「こちら特報部」は、「在特会の徳島県教組襲撃事件
控訴審―人種差別を認定―元書記長『百点満点』の判決―司法が『防止』踏み込む」
として、徳島事件判決と国会で審議されているヘイト・スピーチ法案を関連付け
て問う記事を書いている。後段に私のコメントが掲載されている。
「在特会側に朝鮮人差別を社会に広めようとする意図があったことは明らかだ。
高裁判決は差別防止の観点を重視した」、
「被害者が泣き寝入りせず、裁判で権利回復の闘いに立ち上がるようになり、ヘ
イトの様々な類型が見えてくるようになった。ヘイトデモやヘイトクライムの実
態に即して検討を積み重ねていく中で、ヘイト規制を考えていくべきだ」等。





CML メーリングリストの案内