[CML 042723] 井戸謙一弁護士のお話。4/2土曜大阪。4/3日曜京都。ほか

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2016年 3月 30日 (水) 18:33:52 JST


井戸謙一弁護士のお話。4/2土曜大阪。4/3日曜京都。ほか


転送転載歓迎

京都の菊池です。

登録しているMLを通して、
井戸さんが下記でお話されることを教えていただきました。

(※
井戸弁護士さんが
これから必要なこととして
原発事故被害者への支援を第一番目として語った
3/13の滋賀での集会での話
の動画をぜひご覧ください。

公開期間が終了すると見れなくなるかもしれないので、お早めに


IWJ Independent Web Journalのホームページ
http://iwj.co.jp/
の
IWJチャンネルのページ
http://iwj.co.jp/channels/main/
の
IWJ滋賀1チャンネル
http://www.ustream.tv/channel/iwj-shiga1
の
過去の番組 
ソーシャルストリーム 
の中

IWJ_SHIGA1 is live 
 2016/3/13原発のない社会へ 2016びわこ集会1 (59:11) 
http://www.ustream.tv/recorded/84464592

をぜひご覧ください。

59:11の中の

48分頃から
福島県から滋賀県への避難者の訴え
があります。

井戸さんの話は、
8分頃から
始まります。)



転載します。



〇第4回「低線量被ばくを考えるセミナ−」ご参加ください


大阪小児科学会地域医療委員会では、
「低線量放射線被ばくのリスクに関して」
議論を深めたいと考えセミナ−を企画いたしました。


今回は第4回「低線量被ばくを考えるセミナ−」を開催いたします。
-----------------------------------------------------------
日時:4月2日(土) 17:00から、医学部付属病院5階講堂
  大阪小児科学会(大阪市大医学部付属病院5階講堂)終了後・
同じ会場で引き続き開催し、講演と質疑で約2時間を予定。

講師:井戸 謙一 弁護士(井戸謙一法律事務所)

講演名:「司法から福島原発事故・低線量被ばくを考える」

主催:大阪小児科学会地域医療委員会, 参加費無料
--------------------------------------------------------------
会員以外の方が参加の場合は、3月30日(水)までにセミナ−連絡先までご連絡
下さい。 

なお、予約人数になり次第、締め切らせていただきます。
このセミナ−は学会主催の運営となります点もご了解ください。

セミナ−連絡先:たかまつこどもクリニック  高松 勇(地域医療委員会)
FAX 06-6167-8902,   takamacchan at ion.ocn.ne.jp
---------------------------------------------------------------

3月9日、運転中の高浜原発に運転停止命令が大津地裁で言い渡されました。
 稼働中の原発の運転を停止させる裁判所の決定は初めてです。
「福島原発事故から5年がたとうとする今、国民の不安が払しょくされない現状を司法が代弁したといえる。政府は司法の警告に真摯に応える責務がある(3月10日毎日新聞)」と報道されています。
 この「いのちとびわ湖を守る運転差し止め」という画期的な判決を生んだ裁判の弁護団長が、今回のセミナ−で御講演いただきます井戸謙一・弁護士です。

3.11後の裁判所の姿勢の変化の先駆けを牽引されてこられた井戸弁護士の目から見た、福島原発事故で見えてきたものは何だったのでしょうか?
 福島事故後国民は守られたのでしょうか?
 チェルノブイリの教訓は生かされているのでしょうか? 「原発を止められた(元)裁判官」からみて、どう見えておられるのか、医療界への注文を含めてお聞かせいただけたらと考えています.

多くの人々にご参加をいただきながら、問題を深め、考えていきたいと思っています
ご参加いただけることを心より願っています。


たかまつこどもクリニック
高松 勇(地域医療委員会)
takamacchan at ion.ocn.ne.jp 



〇大津地裁仮処分決定報告集会


おはようございます。井野です。
あすのわのMLからの転送です。(重複ご容赦願います)

大津地裁仮処分決定についての緊急報告集会が京都で開かれます。
福井地裁仮処分判決のときのよう覆らさないためにも、今こそ市民の注目を集めたいと思います。
お時間の許す方、是非ご参加ください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

京都でも大津地裁決定報告集会を行います。


原発再稼働阻止、原発全廃のためにご奮闘の皆様
大津地裁の本当に嬉しい決定をどう原発全廃に繋げるかが問われています。この決定は、 若狭や舞鶴の「隠れ脱原発」の人たちをも勇気付けています。
例えば、多くの地域住民の方々から 私たちが行ったアメーバデモに声援を頂きました(添付の高瀬さんの報告をご覧ください)。
この大津地裁の決定についての報告集会を、下記のように開きます。
弁護団長の井戸弁護 士の報告と解説を聴き、今後の原発全廃運動の進め方について考えましょう。
多くの皆さんのご参 集をお願いします。周りの皆さんにご参加を呼びかけて下さい。よろしくお願いします。

大津地裁仮処分決定(3.9)緊急報告集会
報告者 井戸謙一氏・福井原発訴 訟(滋賀)弁護団長
聴 講の後、今後の反原発運動を考える討論を行います

日時:4月3日(日)17時  於:キャンパスプ ラザ京都5階第一講義 室
(京都駅正面出口より西へ徒歩2分、中央郵便局の西)
主催 若 狭の原発を考える会、京都脱原発原告団(世話人会)

連絡先 木原壯林(090-1965-7102)、 吉田明生(090-5660-2416)  


※井戸さんについて、関連してよろしければ、下記も参照ください。


〇被災者に贈る「希望」 高浜差し止め・井戸弁護団長インタビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160312-00000004-kyt-soci


〇福島を忘れない さようなら原発3・12富山集会〜井戸謙一弁護士が講演
http://www.labornetjp.org/news/2016/0312toyama


〇脱原発集会、参加者が急増 滋賀、高浜差し止め受け

京都新聞 3月16日(水)17時0分配信 

http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20160316000094

NO NUKES from shiga -脱原発・滋賀 アクション
http://nonukesiga.exblog.jp/i1


〇民の声新聞【自主避難者訴訟】実は狆〜吻瓩任覆さ都地裁判決〜不十分な「避難の権利」認定。「後退」との指摘も
と、足がかりを得て、乗り越える壁が見えた
(記事URL
http://list.jca.apc.org/public/cml/2016-February/042204.html )


〇子ども脱被ばく裁判の会のブログ
http://datsuhibaku.blogspot.jp/


〇「311甲状腺がん家族の会」のホームページ
http://311kazoku.jimdo.com/



菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)


CML メーリングリストの案内