[CML 042618] 【YYNewsLive】■『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』と詩と音楽の紹介です!

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2016年 3月 22日 (火) 22:26:56 JST


いつもお世話様です。                          

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰するネットジャー
ナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

☆本日火曜日(2016年3月22日)午後7時から【ツイキャスTV】で放送しました世直し
ネットTV【山崎康のYYNewsLive】の放送台本です!

【放送録画】 98分02秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/254020061
  
☆第2回【YYNewsネット世論調査】テーマ【日本のマスコミの報道姿勢】を調査中
です!

設問

(1)日本のマスコミは真実・事実を国民に伝える報道機関

(2)日本のマスコミは情報操作で世論誘導する謀略機関

回答方法

1) Twitterアカウントをお持ちの方: https://goo.gl/ZRFdA9

2)Twitterアカウントをお持ちでない方:メール宛先  yampr7 at mx3.alpha-
web.ne.jp

締め切りは明日水曜日 (2016.03.23)午後0時24です。

皆様のご参加をお願いします!

☆今日の最新のお知らせ

 YYNewsLive】は、本日の放送で1900回目となりました。2012年6月25日に放送
を開始してから今日まで3年9カ月となりま す。

毎日1000-1500名の熱心な視聴者の皆様がおられることが、これまで続けられた
最大の原動力だと思っております。毎日の視聴者数を平均 1000名様とすると、
これまでに中継と録画で視聴していただいた方の総数は190万名以上に上ると思
われます。

大手マスコミが【国民の知る権利】を保障する【報道報道】ではなく、政府と一
体となって世論を誘導する【謀略機関】である正体をますます露骨にし ている
中で、【YYNews】は微力ながらも【真実・事実】を徹底的追及して報道してゆく
所存です。

改めて感謝を申し上げますと共に、ご支援の程よろしくお願いいたします!

◆YYNews】支援組織『ミル(1000)の会』のご案内です!

*この世から貧困と戦争を最終的になくすために1,000名の支援者を募集します!

http://goo.gl/xcg1wE

☆今日の画像

☆今日の映像

〆D8時すぎにブリュッセル国際空港で2度の爆発、現場写真No1

おそらく昨年11月13日にパリ同時テロを実行し130人を殺したイスラム国のテロ
だろう。

爆発はアメリカン航空の出発エリアで発生。

11人死亡、25人負傷。

Explosion has occurred in the Brussels Airport.
11 people were killed and 25 people were injured.

∈D8時すぎにブリュッセル国際空港で2度の爆発、現場写真No2

最高裁事務総局が福井地裁樋口裁判長が出した福井県高浜原発停止の仮処分を
ひっくり返すために昨年4月に福井地裁に送り昨年末に仮処分取り消しの判決を
出した3人の超エリート裁判官の顔写真。(週刊現代3.26,4.2 合併号より)

*憲法第15条第1項【公務員の選定罷免権】の規定に従い、国民はこの3人と3人を
送り込んだ戸倉三郎最高裁判所事務総局総務局長を即座に罷免せよ!

【関連情報】

▼戸倉三郎 最高裁判所事務総局総務局長 (Wikipediaより抜粋))

戸倉 三郎(とくら さぶろう、1954年8月11日 - )は、日本の裁判官。、さいた
ま地方裁判所長等などを経て、最高裁判所事務総長。

山口県周南市出身。山口県立徳山高等学校を経て、一橋大学法学部卒業後、1982
年裁判官に任官[1]。東京地方裁判所等で主に刑事事件を担当す る。

2004年に最高裁判所事務総局審議官に就任、同年成立した裁判員の参加する刑事
裁判に関する法律により開始されることとなった裁判員制度の広報 を担当した
[2]。2009年から最高裁判所事務総局総務局長及び法務省法制審議会幹事。2013
年、さいたま地方裁判所所長。2014年、最高 裁判所事務総長。

New!☆【座右の銘 B】:金融支配への警告

 惷畭紊龍箙團轡好謄爐浪燭發覆い箸海蹐らお金を創造します。その過程は、
おそらくかつて発明されたものの中で最もビックリ仰天するような巧妙 なもの
です。

銀行は不正の中で妊娠し罪の中で生まれました。銀行は地球を所有しています。

彼らからそれを取り上げよう、彼らからお金を創造することをやめさせよう

しかし 彼らはペンをちょっと走らせるだけで、またそれを取り戻す充分なお金
を作るでしょう

この強力な力を彼らからもぎ取ろうそうすれば、鉱山のような大きな財産は消え
るでしょう。

彼らは消え去るべきなのですそうすればより良い より幸せな世界になります

しかし、もしあなたがこのまま銀行に対し支払いを続け奴隷のままでいるなら

銀行家たちはお金を創造し続けクレジットを支配し続けるでしょう』

ジョシア・スタンプ卿 (イングランド銀行総裁1928年-1941年)

◆離泪諭叱Φ罎蓮経済のあらゆる分野の中で、真実を隠す、または真実からた
くみに逃れるために、それが暴露されないよう、わざと複雑になってい る分野
の一つだ](経済学者ジョン・ケネス・ガルブレイス『Money,when it
casme,where it wnet 1975』)

[銀行がマネーを作るプロセスは、不愉快になるほど、あまりにもシンプルだ]
 (経済学者ジョン・ケネス・ガルブレイス『Money,when it casme,where it
wnet1975』)

ぁ離▲瓮螢で起きているすべての混乱は、憲法や同盟の不備、名誉が欲しいと
か、美徳からではない。それは硬貨、クレジット、通貨の性質について 人々が
無知であることから来ている](第2代米国大統領ジョン・アマムズ)

ザ箙圓老蛎發茲蠅盍躙韻任△襦もしアメリカ人が一度でも私営銀行に貨幣発行
の支配を許したら、銀行は私達の資産を奪い成長するだろう。子供たち がホー
ムレスになるまで (第3代合衆国大統領トーマス・ジェファーソン)

Α領沼愍Δ呂△蕕罎觀舛陵靈僉陰謀、詐欺、暴力手段を使って、貨幣とその発
行をコントロールすることで、政府を支配し続けていることを歴史が記 録して
いる](第4代合衆国大統領ジェームズ・マディソン)

А寮府の費用を賄い、一般国民の消費に必要なすべての通貨と銀行預金を政府
は自分で発行し流通させるべきである。通貨を作製し、発行する特典は 政府の
たった一つの特権であるばかりか、政府最大の建設的な機会なのだ。この原理を
取り入れることによって、納税者は計り知れないほどの金額の利 子を節約でき
る。それでこそお金が主人でなくなり、人間が人間らしい生活を送れるための召
使いになってくれる](第16代米国大統領リンカーン)

─猟眠瀏行は政府の手にゆだねられるべきであり、ウォール街の支配から守ら
なければならない。国家の通貨とクレジットシステムを民間の手にゆだ ねると
いう法律の規定にわれわれは反対する]](第20代合衆国大統領ジェームズ・
マディソン)

[私はもっとも不幸な人間だ。私は愚かにも自分の国を破壊した。偉大なる工
業国はクレジットシステムにコントロールされている。われわれのクレジット
システムは、一点に集中化されている。国家の成長、われわれのすべての活動
は、少数の人間の手中にある。われわれは世界中で最悪の支配の、もっとも完全
にコントロールされ統治された政府の一つになった。もはや自由意見や 信念を
もった政府だはなく、また多数の投票で決まる政府ではなく、少人数の人間に支
配された政府になってしまった](第28代合衆国大統領ウッド ロウ・ウイルソ
ン。ウイルソン大統領は、連邦準備法を成立させ、アメリカの中央銀行である連
邦準備制度を創設したことで知られる。その彼が引退後 に語った言葉)

[騙されて私は国を裏切った](ウイルソン大統領が死の間際に友人に連邦準備
法を大統領のときに成立させたことについて語った言葉)

[真実は、あなたも私も知っているように、アンドリュー・ジャクソン(第7
代大統領)の時代から、大銀行がずっと政府を所有しているのだ] (第32代合
衆国大統領フランクリン・ルーズベルト)( 注:在任期間1829年3月4日-1837年3
月4日)

[世界でも最も自由な国は、マネタリー問題が国をコントロールしないよう
に、その問題をコントロールしなければならない](第35代合衆国大統 領ジョ
ン・F・ケネディー)

☆今日の推薦図書 (テキスト編)

■ビル・トッテン著『アングロサクソン資本主義の正体』(東洋経済新報
   社2010年8月5日刊\1600+税)

はじめにー知られざるマネーの支配者

お金を作っているのは政府ではなく民間銀行

P7-P8

・ほとんどの政府が、政府自身の手ですべての貨幣を作っているのではなく、
貨幣創出(そして破壊)を民間銀行に行わせている。それは金融システムの大き
な欠陥と言ってよい。

・もちろん、銀行の信用創造が経済の発展に大きく寄与してきたことを理解しな
いわけではない。銀行が企業に資金を提供してきたおかげで、経済は成長し、社
会は発展してきた。しかし、信用創造を与えるのが民間銀行でなくては ならな
いという理由がどこにあるだろうか。

・むしろ、現在では銀行にマネーの創出と破壊を委ねていることによる弊害が顕
著になっている。1930年の世界大恐慌も、日本のバブル経済の発生とその崩壊
も、アメリカのITバブルも、そして今回のリーマン・ショックも、 銀行がマ
ネーの創出権を握っていることが根本的な原因だ。そして、経済サイクル(バブ
ルと不況)、多くの場合インフレとデフレ、大部分の公的債 務、持続性不可能な
成長を追い求めること、そして貧富の差の拡大(富める債権者と貧しい債務者)の
原因でもある。さらには世界を駆け巡り、一国の 経済さえ破たんに導く巨大な
投機マネーが跋扈するようになるのも、銀行がマネーを握っていることが最大の
原因である。

・この金融システムの欠陥は、私たちの暮らしにも重大な影響を与えている。景
気の動向によって勤める企業の業績が左右され、収入が増減するんはもちろん、
カジノ経済の甘い誘惑によって人生の歯車を狂わされた人は決して少なくない。
また、近頃盛んに増税議論が湧き上がっているが、これも国の借金が危機的状況
まで膨らんだからである。極限すれば、もし私たちが十数%もの消費税 を払わ
なければいけなくなるとしたら、それはこの金融システムの欠陥がもたらすもの
である。

(終り)

☆今日の推薦図書 (朗読編)

■日本人だけが知らないこの国の重大真実 闇の世界金融権力の日本占領計画
   鈴木啓功著 (イーストプレス発行 1700円+税 2016年3月06日発売) 

第1章 日本国が[第三次世界大戦]に参戦する日
  -金融暴落の中で[世界最終戦争]が勃発するー

  集団的自衛権の憲法解釈変更に関する[文書]はない

P43-45  朗読

☆(1)今日のメインテーマ

■詩『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』と
 音楽の紹介です! 

毎日の放送の冒頭にテーマソングとして流しています曲は、私が作詞し作曲家の
高橋喜治さんが作曲してくれました『大人は手遅れかも知れないが子供たち
に伝えなければならないことがある』という曲です。

下記のURLで聴けますので是非お聴きください。

【YouTubeMP3】 https://goo.gl/2Hb2t4

2014年10月8日から自主制作CDの販売を開始しました。

2015年2月15日から【YouTubeMP3】で一般公開し現時点で1907回の再生があります。

CDのイラストはパロディー作家マッド・アマノさんが描いてくれました。

作詞 山崎 康彦
作曲 髙橋 喜治
絵  マッド・アマノ

演奏 アンサンブル・レトワール

指揮/飛永 悠佑輝
ソプラノ/鶴岡 恵
テノール/望月 裕央
フルート/齊藤 佐智江
ヴァイオリン/鍋谷 里香
チェロ/髙橋 よしの
ピアノ/飛永 美保子

制作 音楽工房Amakane

全歌詞
http://goo.gl/hYmFxR

このCDの総合案内ページ
http://urx.nu/hkF9

ご購入はHaruan shopで!
http://urx.nu/hkFo

▼【詩】

*これほどひどい世の中にしてしまった我々「大人」に絶望しつつ未来を「子供
たち」に託す願い詩「大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなけ ればな
らないことがある」を書きました。

2010-03-18  山崎康彦

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/676cbd05a0fabaf61b331e2d9b3013cc

■大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある


大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

大人は小さい頃から受けてきた教育で「真実」が見えなくされていることを

大人はマスコミが新聞やTVで流す一方的な情報に洗脳されていることを

大人は自分の頭と眼と口と体で世の中の「真実」を見極めようとする意思を奪わ
れていることを

大人は洗脳されなかった少数の人が「真実」を訴えても無視し軽蔑し攻撃して抹
殺してしまうことを

大人は子供たちに「自分の頭で考えること」を禁止していることを


大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

この世の中は少数の支配者が大多数の民衆を支配しているのだということを

少数の支配者が「暴力」を使って大多数の民衆を殺していることを

少数の支配者が「金融」を支配して大多数の民衆を貧乏にしていることを

少数の支配者が「政治権力」を握って大多数の民衆を不幸にしていることを

少数の支配者が「マスコミ」を支配して大多数の民衆を洗脳していることを


大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

少数の支配者が唱える「正義」や「自由」などの「崇高な理念」の嘘を見破らな
ければばならないことを

少数の支配者が呼びかける「正義の戦争」や「民主主義を守る戦争」に決して参
加してはならないことを

少数の支配者が仕掛ける「競争」や「能力試験」に踊らされて仲間を軽蔑しては
ならないことを

少数の支配者が賞賛する「勝者」や「成功者」になって仲間を売ってはならない
ことを


大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある

この世の中の全員が「平和で幸せに生きる権利」を持っていることを

この世の中は少数の支配者の「暴力支配」を断ち切れば「平和な世の中」になる
ことを

この世の中は少数の支配者の「金融支配」を断ち切れば「豊かな世の中」になる
ことを

この世の中は少数の支配者の「政治支配」を断ち切れば「幸福な世の中」になる
ことを

この世の中は少数の支配者の「マスコミ支配」を断ち切れば「真実が語られる世
の中」になることを

(終り)

☆(2)今日のトッピックス

.戰襯ー国際空港で2度の爆発、1人死亡

2016年03月22日  AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3081218?cx_part=topstory

【3月22日 AFP】 (更新)ベルギーのブリュッセル国際空港(Brussels
Airport)で22日、2度の爆発が発生した。

ベルガ(Belga)通信が伝えた警察の発表によると、少なくとも1人が死亡した。
負傷者も複数出ているという。また同通信は、爆発の前に銃声と アラビア語の
叫び声が上がったと報じている。

ベルギーの公共テレビ局RTBFが放送した映像には、ターミナルビルから煙が立ち
上り、ビルの窓が粉々に砕けた様子が写っている。爆発の原因は今 のところ分
かっていない。

RTBFによれば、爆発が起きたのは現地時間の午前8時(日本時間同日午後4時)過
ぎだという。また、目撃者の話として、複数の負傷者が出ている と伝えている。

同空港は現在閉鎖されている。(c)AFP

逮捕のパリ同時テロ容疑者、ブリュッセルでも攻撃計画と供述

2016年03月21日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3081068?act=all

【3月21日 AFP】ベルギーのディディエ・レインデルス(Didier Reynders)外相
は20日、昨年11月のパリ(Paris)同時テロ事件の実行犯として指名手配され、
先週末にベルギーの首都ブリュッセル (Brussels)で身柄を拘束されたサラ・
アブデスラム(Salah Abdeslam)容疑者(26)が、同市を標的とした攻撃も計画
していたことを明らかにした。

ベルギー生まれのフランス人であるアブデスラム容疑者は、18日にブリュッセル
で警察が行った強制捜査により拘束され、現在は同国北西部ブリュー ジュ
(Bruges)にある施設で、厳重な警備の下に勾留されている。アブデスラム容疑
者は取り調べに対し、同時テロの現場の一つとなった国立競 技場「スタッド・
ド・フランス(Stade de France)」で自爆する計画だったものの、直前になっ
て思いとどまったと供述している。

また、20日に米国側が主催した年次会議「ブリュッセル・フォーラム(Brussels
Forum)」で講演したレインデルス外相によると、同容疑者は捜査当局に対し
「ブリュッセルで再び何かを始めようとしていた」と供述。初動捜査の結果、
容疑者の関係先から大量の武器が発見され、ブリュッセル市内の容疑者周辺に
「新たなネットワーク」が作られていたことが分かり、この供述が裏付け られ
たという。

同外相は、警察は現在もパリ同時テロに関与した容疑者らを追跡中だと述べ、
「現時点で、事件に関与した30人以上を特定しているが、その他にもい ること
は間違いない」と語った。(c)AFP/Alex PIGMAN

「任官拒否」が倍増の47人 卒業生の1割

毎日新聞2016年3月21日
http://mainichi.jp/articles/20160322/k00/00m/040/092000c?fm=mnm

防衛大学校の卒業式を終え、帽子を高く投げ上げる卒業生たち=神奈川県横須賀
市の防衛大学校で2016年3月21日午前11時55分、後藤由耶撮 影

防衛大学校の卒業式が21日、神奈川県横須賀市の防衛大であった。卒業後に
自衛官への任官を辞退する「任官拒否者」は卒業生419人中、11% にあた
る47人に上り、昨年に比べ2倍近くに達した。40人を超えるのはバブル景気
で就職戦線が学生の売り手市場だった1991年の94人以来 25年ぶりで、
89年の51人に次ぐ過去4番目の多さ。

防大が任官拒否者から理由を聴き取ったところ、内訳は、民間企業などへの就職
26人▽身体的な理由11人▽大学院など進学6人▽その他4人 。今月29日 の
安全保障関連法施行で、自衛隊は他国軍の後方支援など任務の幅が広がり、リス
クも高まるが、安保関連法を理由にした任官拒否者 はいなかったという。防大
は「景気動向などさまざまな要因がある」としている。

任官拒否は73年以降、毎年出ている。91年に最多を記録し、その後10?
30人台で推移していた。2012年は73年以降最少の4人で、13 年7人
▽14年10人▽15年25人だった。

最多だった91年は、進路判断の材料となる90年度の有効求人倍率(1人あ
たりの求人数)が1.43倍。50人を超えた89年と90年も1倍を 超え、
求人状況が良好だった。14年度の有効求人倍率は1.11倍で7年ぶりに1倍
を超え、15年度は毎月上昇し昨年12月は1.27倍だった。 【町田徳丈】
防衛大学校

陸海空自衛隊の幹部自衛官を養成する教育機関で戦前の士官学校にあたる。文
系3学科と理系11学科があり講義や訓練を実施。学生は卒業までの4 年間、
約8人ずつの部屋で寮生活を送る。特別職の国家公務員として手当(2015年
4月時点で毎月10万9400円)や年2回期末手当がある。

づ椶覺愀佻◆屬覆式戝郎曚虜枷輯韻」 高浜原発差し止め

諏訪和仁

2016年3月18日 朝日新聞

http://www.asahi.com/articles/ASJ3K514KJ3KPLFA00D.html

関西電力の高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた大津地裁
の仮処分決定を、関西経済連合会の森詳介会長(関電会長)や角和夫副 会長
(阪急電鉄会長)らが17日、批判した。

角副会長は17日、関経連の記者会見で「憤りを超えて怒りを覚えます」と切
り出した。「なぜ一地裁の裁判官によって、(原発を活用する)国のエ ネル
ギー政策に支障をきたすことが起こるのか」と述べ、「こういうことができない
よう、速やかな法改正をのぞむ」と訴えた。再稼働で電気料金が値 下げされる
と、鉄道事業の電気代が年5億円安くなるとみていたという。

森会長も同じ会見で、「値下げができなくなったことが関西経済に与える影響
は小さくないと考えており、一日も早く不当な決定を取り消していただ かなけ
ればならない」と話した。

沖原隆宗副会長(三菱東京UFJ銀行特別顧問)も「理解できない」とし、佐
藤広士副会長(神戸製鋼所会長)も「(大津地裁のように)裁判がいろ んなと
ころで次々に起こり、電気の安定供給に不安が出てくるのではないかと懸念して
いる」と話した。(諏訪和仁)

【関連情報】

▼この関経連翼賛記事を書いた朝日新聞諏訪和仁記者は、朝日新聞東京本社産
業・金融グループで化学業界を担当している。

(3)今日の重要情報

 中南米でも米巨大資本の利益に反する政権を倒そうとしている米大統領の
キューバ訪問に冷めた目

2016.03.21  櫻井ジャーナル

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201603210000/

バラク・オバマ米大統領がキューバを訪問したという。勿論、真の友好関係を望
んでいるわけではないだろう。オバマを操っているアメリカの支配層は 全世界
で意に沿わない体制、政権を倒そうとしている。例えば、ユーゴスラビアはアメ
リカ軍の別働隊とも言えるNATOを使い、アフガニスタンやイ ラクはアメリカ軍
による直接的な軍事侵略で破壊された。最近は2種類の傭兵を侵略に使ってい
る。つまり、アメリカの傭兵会社から戦闘員を雇った り、「アル・カイダ」と
いう戦闘員の登録リスト(注1)を使って武装集団を編成、侵略させている。

アメリカ支配層のラテン・アメリカ支配は1898年から始まる。先住民の殲滅を終
えた彼らは南への侵略を目論み、キューバのハバナ港に停泊してい たアメリカ
の軍艦「メイン号」の爆沈を利用してスペインと戦争を開始、植民地を手に入れ
たわけである。

スペインが南アメリカを侵略、財宝を奪い、ボリビアのポトシ銀山などを支配
し、膨大な量の金や銀をスペインへ持ち帰り始めたのは16世紀。こうし て奪っ
た富や十字軍が盗んだ中東/北アフリカの知識がなければ、ヨーロッパの「繁
栄」はなかっただろう。資本主義は強奪の上に成り立っている。そ うした富の
源泉にアメリカの支配層は目をつけたわけだ。

スペインとの戦争で勝利したアメリカはキューバの「独立」を認めさせ、さらに
プエルトリコ、グアム、フィリピンを買収する。この年、ハワイも支配 下にお
いた。フィリピンは中国市場へ乗り込む橋頭堡になる。

その後、1901年9月に暗殺されたウィリアム・マッキンリー大統領を引き継いだ
セオドア・ルーズベルトはベネズエラへ内政干渉するなど「棍棒外 交」を展開
した。アメリカ海兵隊の伝説的な軍人、スメドレー・バトラー少将は退役後に戦
争を不正なカネ儲け、有り体に言えば押し込み強盗だと表現 したが、そうした
政策を自らが体験してのことだ。(注2)

このセオドア・ルーズベルトが日露戦争の「和平会談」で仲介したのはロシア支
配を目論んでいたからにほかならない。「明治維新」以降、アングロ・ サクソ
ンが日本を侵略の手先に使っていたことは本ブログで何度か指摘した。

アメリカの支配層はラテン・アメリカを支配するために現地の腐敗勢力と手を組
み、富を搾り取り続けてきた。この仕組みを危うくする民主主義をアメ リカの
支配層が嫌い、海兵隊を送り込んだり、第2次世界大戦後はCIAが秘密工作を実行
して民主的に選ばれた政権をクーデターで倒し、独裁体制を 樹立させる。

例えば、アメリカの巨大企業、ユナイテッド・フルーツ(1970年にユナイテッ
ド・ブランズ、84年からチキータ・ブランズに名称を変更)に支配 され、「バ
ナナ共和国」と呼ばれていたグアテマラでは、1954年にクーデターでヤコボ・ア
ルベンス・グスマンを排除した。

グスマンは1950年11月に行われた選挙で勝利、翌年3月に大統領へ就任した人
物。この事態に危機感を持った巨大資本はアメリカでロビー活動を 開始、ジョ
ン・フォスター・ダレス国務長官、アレン・ダレスCIA長官、ウォルター・ベデ
ル・スミス国務次官が動く。ダレス兄弟の子分だったグア テマラ駐在大使の
ジョン・ピューリフォイはアルベンスの買収を試みて失敗、クーデターを実行す
ることになった。

現地でクーデターを指揮したのはフランク・ウィズナー、その副官はチャール
ズ・トレイシー・バーンズ。ふたりともアレン・ダレスの側近で、ダレス と同
じようにウォール街の弁護士。つまり巨大資本の代理人。ウィズナーは破壊工作
(テロ)を目的とした極秘組織OPCを率いていた。

グアテマラの国民はクーデターに反発していたのでカウンター・クーデターとい
う方法もあったのだが、軍人が買収されていたため、軍人と武器を扱い なれて
いない庶民との戦闘になることは明らかだった。元軍人のグスマンは内戦になる
と多くの庶民が犠牲になることを見通し、1954年6月に大統 領官邸を離れるのだ
が、その判断が正しかったとは言い難い。

アメリカ支配層を後ろ盾とする独裁体制が成立すると労働組合の結成が禁止さ
れ、ユナイテッド・フルーツで組合活動の中心にいた7名の従業員が変 死、コ
ミュニストの疑いをかけられた数千名が逮捕され、その多くが拷問を受けたうえ
で殺害され、その後40年で殺された人の数は25万人に達する という。これがア
メリカ流。その後もアメリカ支配層はラテン・アメリカで民主主義の芽を摘み続
ける。

世界を新自由主義で支配する流れの始まりになったクーデターが1973年9月11日
に実行されている。1970年の選挙で勝利、大統領になったサ ルバドール・ア
ジェンデを排除することが目的だった。

クーデターはCIAの一部が秘密裏に実行したのだが、その黒幕は巨大資本の意向
を受けたヘンリー・キッシンジャー。実行部隊を指揮したのはオーグ スト・ピ
ノチェト。クーデター政権ではアメリカの巨大資本にとって邪魔な人びとが粛清
され、シカゴ大学のミルトン・フリードマン教授の「マネタリ ズム」に基づく
政策を実行していく。その政策を実際に実行したのがいわゆる「シカゴ・ボーイ
ズ」、つまりフリードマン教授やアーノルド・ハーバー ガー教授といった経済
学者の弟子たちだ。

こうした人びとは国有企業を私有化を進め、労働者を保護する法律を廃止、労働
組合を禁止、そして外国からの投資を促進した。1977年になると軍 事独裁政権
は組織された反対勢力を一掃することに成功、79年には健康管理から年金、教育
まで全てを私有化しようと試みている。こうした政策の中 心にいたのが1979か
ら財務大臣を務めたセルジオ・ド・カストロだ。(注3)

規制緩和でチリの民間部門は外国の金融機関から多額の資金を調達、債務危機の
下地が作られていく。1982年にその危機が起こると外国の金融機関 は銀行の
「国有化」を求めてくる。国有化された彼らの債権は私有化された国有企業の株
券と交換され、年金基金、電話会社、石油企業などチリの重要 な企業を外国の
投資家は格安のコストで支配することになった。(注4)

1999年にベネズエラの大統領に選ばれたウーゴ・チャベスもアメリカの巨大資本
に嫌われていたひとり。2002年のクーデター計画では、イラ ン・コントラ事件
でも登場するエリオット・エイブラムズ、キューバ系アメリカ人で1986年から89
年にかけてベネズエラ駐在大使を務めたオッ トー・ライヒ、そして1981年から
85年までのホンジュラス駐在大使で、後に国連大使にもなるジョン・ネグロポン
テが黒幕だと言われている。こ の計画は、事前にOPECの事務局長を務めていた
ベネズエラ人のアリ・ロドリゲスからチャベスへ知らされたため、失敗に終わった。

WikiLeaksが公表したアメリカの外交文書によると、2006年にもベネズエラでは
クーデターが計画されている。「民主的機関」、つまりア メリカの支配システ
ムに組み込まれた機関を強化し、チャベスの政治的な拠点に潜入、チャベス派を
分裂させ、アメリカの重要なビジネスを保護し、 チャベスを国際的に孤立させ
るとしている。

クーデターでチャベスを排除することにアメリカは失敗したが、2013年3月、
チャベスは癌のため、58歳の若さで死亡する。その後継者になった のがマ
ドゥーロ。そして今、アメリカ資本とつながる富裕層はマドゥーロを排除しよう
としている。

2011年12月にチャベスはアメリカ政府が南アメリカの指導者を癌にしているので
はないかと発言している。確かに、癌を誘発する物質やウイルス はあるよう
で、不可能なことではない。しかも、ここにきて「疑惑の人」が浮上している。
チャベスの側近として食べ物やコーヒーなどを運んでいたレ ムシー・ビリャ
ファニャ・サラサールだ。この人物は後にアメリカへ亡命、保護されている。
(日本語訳)

2009年6月にはホンジュラスでクーデターがあり、マヌエル・セラヤ政権が倒さ
れている。約100名の兵士が大統領官邸を襲撃し、セラヤ大統領 を拉致してコス
タ・リカへ連れ去ったのだ。このクーデターに少なくとも2名のSOA(注5)卒業
生が中枢で活動している。

現在、アメリカ政府はホンジュラスのクーデター政権を容認しているのだが、現
地のアメリカ大使館は国務省に対し、クーデターは軍、最高裁、そして 国会が
仕組んだ陰謀であり、違法で憲法にも違反していると報告している。つまり、
クーデター政権には正当性がないと明言している。この正当性のな い政権は翌
2010年、最初の半年だけで約3000名を殺害したという報告がある。

クーデターを支援していたひとり、ミゲル・ファクセは麻薬取引が富の源泉であ
ることもアメリカ側は認識していた。ちなみに、ミゲルの甥にあたるカ ルロ
ス・フロレス・ファクセは1998年から2002年にかけてホンジュラスの大統領だっ
た人物である。

こうしたことを続けているアメリカの支配層がキューバと友好的な関係を築こう
としているとは思えない。アメリカ支配層が根拠もなく拉致し、拷問、 さらに
殺害する場所にしているグアンタナモをキューバへ返還することから始めるのが
当然だとする意見もある。革命を指揮したフィデル・カストロ、 あるいはエル
ネスト・チェ・ゲバラの息子などはアメリカを信じていないようだが、当然だろう。

(注1)1997年から2001年までイギリスの外相を務めたロビン・クックによる
と、アル・カイダとはCIAから訓練を受けた「ムジャヒディ ン」のコンピュー
タ・ファイルで、戦闘集団というわけではない。アル・カイダはアラビア語で
「ベース」を意味、「データベース」の訳としても使わ れている。
(注2) Smedley D. Butler, “War Is A Racket”, Round Tabel Press, 1935
(注3)James S. Henry, “The Blood Bankers”, Four Walls Eights Windows, 2003
(注4)James S. Henry, “The Blood Bankers”, Four Walls Eights Windows, 2003
(注5)The School of the Americas。1946年にパナマで創設されて以来、ラテ
ン・アメリカに多くの軍事政権を生み出してきた。この学校では、反乱鎮圧、狙
撃訓練、ゲリラ 戦、心理戦、情報活動、尋問テクニックなどを教え、卒業生は
帰国してから反体制派、つまり巨大企業のカネ儲けに邪魔な人々を迫害、排除す
るため に、拷問、レイプ、暗殺、誘拐、虐殺などを繰り返してきた。1984年に
パナマから追い出され、2001年には名称が WHISEC(Western Hemisphere
Institute for Security Cooperation)へ変更。

☆(4)今日の注目情報

 峪訥絢圓硫顱彁親閏圓会の趣旨に反旗安倍応援団の報道圧力団体「視聴者の
会」賛同者の溝口敦が“反旗”!「安倍首相を立てる報道ばかり」「高 市発言こ
そナンセンス」

2016.03.22 Litera

http://lite-ra.com/2016/03/post-2088.html

『NEWS23』(TBS)の岸井成格アンカーを降板へと向かわせた民間団体「放送法
遵守を求める視聴者の会」(以下、視聴者の会)だが、ここに きて、ある同会
の「賛同者」が“反旗”を翻した。

「問題報道どころか、最近は安倍首相を立てるような報道やニュースばかりです
よ。もっと批判しなきゃ。キャスターが特定の立場で批判的発言をし たってい
いじゃないですか」(毎日新聞3月18日付夕刊)

そう発奮したのは、暴力団や闇社会取材で知られるジャーナリスト・溝口敦氏だ。

念のため確認しておくが、溝口氏が賛同者に名を連ねている「視聴者の会」は、
放送法を曲解し、報道番組やキャスターらの発言が安保法制反対に偏っ ている
などとして放送局に圧力をかけている民間団体。その呼びかけ人は、“安倍礼賛
本”の著者の自称文芸評論家・小川榮太郎氏や、「安倍総理を求 める民間人有志
の会」発起人を務めた音楽家・すぎやまこういち氏など“安倍応援団”そのもの。
賛同者の面々も、その半数以上が天皇元首化や徴兵制 復活を目論む日本最大の
極右組織・日本会議の関係者、あるいは親密な関係にある人物であることは本サ
イトで既報の通りである。

ようは、「視聴者の会」は改憲派の極右論客や評論家たちが結集した“安倍政権
の別働隊”なわけだが、しかし、冒頭に挙げた溝口氏の発言は、完全に 同会の活
動に対する強烈な批判であり、会の目的や存在そのものを否定する内容。小川氏
たちからしてみれば、まったくの“造反”になるだろう。

だが、溝口氏については、最初からなぜ、「視聴者の会」の賛同者になっている
のか?という疑問の声が多く聞かれていた。溝口氏は歴史修正主義的思 想とは
無縁の反骨のジャーナリストで、同会によせた賛同メッセージでも〈NHK、民放
を問わず、局の体質はゼイ弱です。ともすれば、権力と多数陣 営に迎合しがち
です。せめて放送法を盾に民主主義を守り、戦前への回帰を阻止せねば、と思い
ます〉と、「視聴者の会」とは真逆の主張をしていたか らだ。

溝口氏が毎日新聞に語ったところによれば、昨秋、なんの前触れもなく「視聴者
の会」から封書が届いたという。そして、「『放送法遵守』というか ら、どう
いう人たちが作った団体か確認せずに『賛同する』としてしまった」。

つまり、溝口氏は、「中立」を装った視聴者の会のやり方にまんまと騙されて、
官邸からの報道圧力に萎縮して安倍政権の意向を忖度している現在の放 送メ
ディアのあり方を正そうと、まったく逆の動機で同会に参加したらしい。

賛同者になったことは「不注意だった」と認める溝口氏だが、しかし、「放送法
遵守」と聞かされて、そう受け取るのもわからなくはない。何度も指摘 してい
るように、政治権力からの自立こそが放送法の精神だからだ。

溝口氏は冒頭に挙げたように「最近は安倍首相を立てるような報道やニュースば
かり」「もっと権力を批判しなきゃいけない」「キャスターが特定の立 場で批
判的発言をしたっていい」と語ったあと、こう続けている。

「放送法1条は放送の自律の保障をうたっている。これが前提です。高市早苗総
務相の『停波』発言はそれこそナンセンス。真実と自律を保障する放送 法を盾
に、政治権力と戦わなきゃ」

まったくの正論だ。むしろ、おかしいのは中立のふりをして「放送法遵守」を叫
びながら、真っ当なマスコミの任務を「偏向報道」などといって攻撃し ている
「視聴者の会」のほうだろう。しかも、「視聴者の会」の活動と連動したかのよ
うに飛び出した先日の高市総務相による「電波停止」発言は、放 送局が政権批
判をした場合に停波をチラつかせるという、露骨な恫喝、報道圧力であった。本
サイトでも紹介したが、池上彰氏も言うように、これは欧 米ならば政権の首が
飛ぶような発言だ。そんな民主主義国家として極めて異常な事態がこの国で起き
ているのである。

実際、こうした「視聴者の会」や安倍政権による報道の自由を侵害する暴挙に、
多くの人が立ち上がり始めた。先月には田原総一郎氏や岸井氏、金平茂 紀氏な
どテレビ業界に身を置くジャーナリストら7人が、高市「電波停止」発言に対す
る抗議声明を出した。その記者会見のなかで、岸井氏は「視聴者 の会」につい
ても「(視聴者の会の理屈は)全然間違いだし、ああいう低俗なアレにコメント
するのは時間の無駄」「本当に低俗だし、品性どころか知 性のかけらもない」
と断じた。

また、今月13日には、BPOの年次報告会で、放送倫理検証委員会の川端和治委員
長が、高市発言に対し「制裁を受けるのではと考えて、(放送局 が)萎縮する
ことで、国民の正しい判断ができなくなる」「伝えるべきことが伝えられなくな
れば、民主主義は機能しない」と牽制し、「政治的公平を 政府が決めて規制す
るのは、憲法が保障する表現の自由と180度逆だ」と憲法違反であると強く批判
した。

しかし、こうした声にハナから耳を貸す気がない「視聴者の会」と安倍政権によ
る報道圧力は、夏の参院選に向けて、これまで以上に強化されていくだ ろう。
もちろん、その先には、安倍首相の悲願である改憲と9条の解体がある。

事実、「視聴者の会」の小川榮太郎氏は、「WiLL」(ワック)15年4月号に寄稿
した文章のなかでも、従来の政府見解を変えて“一つの番組だけ でも「政治的に
公平」でないと判断しうる”という回答について「高市大臣自身の息遣いの感じ
られる誠実な回答」とヨイショしたあげく、今後、『報 道ステーション』(テ
レビ朝日)、『NEWS23』(TBS)、『ニュースウオッチ9』(NHK)の三つの番組
に絞って、手前味噌の調査団体に よって“監視”していくと明言している。まさ
に安倍政権のために批判報道を“狙い撃ち”するという宣言だ。

しかも、小川氏は同文章でこんなダブルスタンダードまで開陳。一方では、「一
般視聴者の多くは、特定の色のついた政治ショーを見たくて (『NEWS23』や
『報道ステーション』などの)夜のニュース番組を見るわけではあるまい」など
と言っておきながら、一方では、このように書い ているのである。

「『朝まで生テレビ』や『たかじんのそこまで言って委員会NP』などは、視聴者
は司会者のキャラクターや出演者の過激な発言、番組の政治的偏向そ のものを
楽しんだり、野次りたくて見る人も多く、それがこれらの番組の社会的な役割と
も言える」(「WiLL」4月号より)

ようは、自民党議員や身内の安倍応援団も数多く出演するテレビ朝日『朝生』
や、安倍首相の“ホーム”であるネトウヨ番組・読売テレビ『そこまで 言って委
員会』は、“どんどん安倍政権の援護射撃として「偏向」してくれて結構”と言っ
ているわけだ。しかも、「視聴者の会」のホームページを見 ると、小川氏が屁
理屈をこねて狙い撃ちを宣言した「夜のニュース番組」以外にも、TBS『サン
デーモーニング』や『報道特集』といった番組の内容 も批判している。どう考
えても論理破綻しているわけだが、ようするに連中は、安倍政権の政策を批判的
にチェックする番組だけを標的にして、「偏向 報道」「公平中立ではない」な
どとがなりたてているわけだ。

あらためて、「視聴者の会」が「中立」を偽装して、テレビを“安倍翼賛報道”一
色に染めようと企てていることが明白になったわけだが、ところで最 近、同会
は前述の高市「電波停止」発言に抗議声明を出した田原氏ら7人に対して、公開
討論会を申し込んだという。だが、「視聴者の会」によれば、 田原氏たちから
は応答はなく、討論番組制作の提案を勝手に送りつけたNHKからも断りが入った
という。

当たり前だ。上で紹介した小川氏の論理矛盾からも明白なように、視聴者の会」
は安倍政権の報道圧力を援護射撃する団体。こんな連中の挑発にのって トンデ
モ主張を垂れ流させる必要は皆無だし、NHKがもしそんな番組をやってしまった
ら、それこそ圧力団体の脅しに屈したことになる。こんな総会 屋のようなやり
口が許されていいわけがない。

そろそろ「放送法遵守を求める視聴者の会」は、「安倍政権を支える言論総会屋
の集い」とでも改名したらどうか。
(編集部)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************









CML メーリングリストの案内