[CML 042520] <テント日誌3月17日(木) 経産省前テントひろば1650日目>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2016年 3月 18日 (金) 08:31:52 JST


(転送します)

テント日誌3月17日(木)
経産省前テントひろば1650日

外務省前の桜が咲き始めた!
明日は彼岸の入り、暑さ寒さも彼岸までと言うが、今日はやっと春の陽気になった。でも午前中のテントはまだ寒いので冬自宅で座り込む。
外務省前の桜が咲き始めたのにびっくり!
この桜は東京で一番早く咲くと聞いている。
テントからの花見がまた出きる事は感慨深い。

10時過ぎ地裁の方からなにやらアピールの声が聞こえてくるし、報道車のパラボラアンテナらしきものがいくつも見えるので何事かと思った。
泊まり開けのSさんが地裁前まで見に行ってくれたら、アピールの方は「旧社保庁不当解雇撤回裁判」だったそうだ。
報道陣は清原の保釈の取材で来ていた様子。
テント前の横断歩道安全地帯にも数人報道陣らしき人たちが朝から待機していた。清原の乗った車をキャッチするためではないかと想像する。
何でそんなに騒がなければならないのかもつと大事なことがあるのではと居合わせたものの思いだ。

今日はJパワーの前で大間原発反対のスタンディングがあったのでそこにいった人たちも寄ってくれた。
テントの中ではKさんがチラシ組みに余念がない。
いつも本当にありがとう。

テントを見ている外国の方に声をかけたらアメリカのかた、ニューヨークで原子力物理学を学んでいると言う。
たまたま通りがかって興味を持ったらしい。
英語のチラシをお渡しして美術館も案内した。
原発のことどう思うか聞いたら複雑だとの答え、安全性が大事と言っていたけれど…
英語力が足りなくて突っ込んだ会話が出来なくて残念。
福島には行ってない。広島に行ったと言っていた。

他にもチラシをもって行ってくれる人やはじめてテントに来てくれた女性などが居た。でも彼女は、本当は此処にいるのは違反でしょと遠慮深く言う。
そう思っている人が多いのだなあと思いちょっと悲しい。(I・K)



「テントニュース74号」(転載)
大津地裁高浜原発停止-川内原発も停止を
大津地裁は9日、高浜3,4号の運転差し止め仮処分で運転停止を決定、市民から付託された力を用いて、原発事故による災害から住民の命と健康を守った。決定書で山本善彦裁判長は、7つの争点について判断、^汰汗の主張立証責任は関電にあるとしたうえで、過酷事故対策、B竸明能、つ吐箸紡个垢覦汰汗能、ゥ謄軋从、θ鯑餬弉茲里Δ繊▲謄軋从を除く4つの争点につき関電は安全性を疎明していないと判断、さらに保全の必要性に関しても3号機は今年1月、4号機も2月26日に再稼働した以上、運転差し止めを認めるとした。
これを受けて関西電力は10日夕方までに高浜3,4号の運転を停止。これにより稼働中の原発は九電・川内原発1・2号機のみで福島原発事故5年を迎えることになった。

最高裁へ要請行動・11日
 
翌11日、東日本大震災から5年目の昼すぎ、テントひろばでは東京・千代田区隼町の最高裁判所に対して、上告中のテント撤去裁判につき要請行動を行った(裏面に参加者の要請文)。
 先月18日に最高裁第一小法廷から審理開始を通知する「記録到達通知」を受け、上告人、関係者ら6人は最高裁西門前で短時間のアピール行動。その後、1時から入り口近くの部屋に案内され、担当の書記官がわれわれの要請に静かに対応してくれた。冒頭、被告の淵上太郎さんは上告人5名を代表して要望書を提出し、それを読み上げた。同席した関係者は、4年半に及ぶテント設置・経産省への原発事故責任に対する思い、地裁、高裁での裁判判決の不当性に言及し、公明正大な審理と判断をお願いした。

経産省前抗議から東電前へ

 テントに戻ってくると日蓮宗祈祷会の人たちが集まって追悼の祈りの準備中。彼らの祈りは2時間近く続き大勢の人が集まっていた。
 夕方5時からは、定例の経産省前抗議行動、特別の日なのでたくさんの人が参加して抗議の声を上げた。途中から小出裕章さん・木内みどりさんもマイクを握って下さり、一段と活気が出て、参加者一同大変に嬉しかった。第2テントでは暖かい甘酒のサービスなどをしてみんなに喜ばれていた。テントに来るのは初めての方もたくさんいらして、こんなに長くテントが続いていることに驚いている。
 経産省本館前での抗議は予定の時間を10分過ぎて、やっと終わり。みんなで東電前へと移動した。東電前でも人があふれて怒りのスピーチや音楽などで盛り上がった。
 鎌田慧さん(ルポライター)、井戸川克隆さん(前・双葉町長)、落合恵子さん(作家)、佐藤和良さん(福島原発告訴団・副団長)、山崎久隆さん(たんぽぽ舎)、園良太さん(核と被ばくをなくす世界社会フォーラム)、山口千春さん(原発いらない千葉)、火炎ビンてつさん等が発言、取材の人も多かったようだ。
 この日は官邸前、国会前でも抗議が続いた。いずれの行動も「高浜原発停止命令」という大津地裁の決定で勢いづいたと感じられた。

【規制委・院内ヒアリング】
「原子力規制委員会は再稼働を推進する」
 
3月8日に再稼働阻止全国ネットワークが主催したこの集会、山崎久隆さん、後藤政志さんとともに計約45名が出席。ここでは原子力規制委員会が免震棟を造らないまま川内原発再稼働を許したこと、高浜1,2号機の老朽原発の廃炉逃れを許そうとしていること、及び今回の大津地裁で停止が決定された高浜4号機原子炉緊急停止(2月29日)問題を追及した。以下、川内原発免震棟問題について報告する。
 イチエフ事故対応を思い起こせば免震重要棟内の緊急時対策所の重要性は明らか。ところが、九電は今使用している代替緊急時対策所と別に、(正式の)緊急時対策所(免震重要棟内)を2016年(本年)3月までに造ると約束していたが、着工もしていない。規制委はそれを知りながら、1号機(昨年8月)と2号機(10月)の再稼働を許したのだ。規制庁は、代替緊急時対策所は基準を満たしている。免震については性能要求である。九電の再提案待ち、という。
 緊急時対策所は、いわゆる「5年猶予」の対象ではなく、それでも審査では九電が造ることを約束していた。規制委は、施設の建築が出来ない状況を知りながら再稼働を認めるという我々には全く理解できない対応をしていた。免震棟重要棟無しで再稼働している川内1,2号機は直ちに止めるべきだ!    (K・M)



要請文
 東日本大震災が起きて今日で5年目になります。あの恐ろしい災害は忘れることが出来ません。同時に起きた原発事故はそれ以上に恐ろしいものです。
 事故前は自分の使っている電気が何処で作られどんなものか知ろうともせず、当たり前のように使っていましたが、事故によって原発と言うものを考えるようになり、本を読んだり、講演を聞いたりして原発は使ってはいけないものだと強く思うようになりました。原発に反対する行動を起こさなくてはと思っているときテントの存在を知って参加する様になりました。
 真夏や真冬にテントに座り込むのは容易ではありません。でも原発をなくすことを経産省や政府・電力会社に訴えたくて頑張っています。
 キング牧師も言っていました。「最大の悲劇は悪人の暴力ではなく、善人の沈黙である。沈黙は暴力の陰に隠れた同罪者である」と。
 私は被告にされた正清・淵上さんに命令されてテントに来ているわけではありません。ただひたすら子どもたちや地球の未来のために原発をなくすことを願ってのことです。
 テントには全国各地から同じ思いの人たちがたくさん来て支えてくれています。テントが4年半も続けられたのは如何に反原発を願う人たちが多いかを示しています。組織で動いているわけでなく市民の集まりですからみなさんからのカンパがなくては成り立ちません。
 原発は動かすだけで空気中に放射能をばら撒き海への排水で海水温を上げ生態系を壊します。その上被曝労働者を生み出すのです。そして一旦事故を起こせばとんでも無いことになるのです。福島第一原発はメルトダウンしたデブリの行方も未だ判らず。汚染水もとめられません。それなのに政府や電力会社は原発の再稼働をしようとしているので私たちは声を上げ続けるしかないのです。(中略)
 今回、大津地裁の高浜原発差し止めは素晴らしい決定だったと思いますが、関電の異議申し立てで翻らないことを願って居ます。テントの裁判につきましてもどうぞ政府の意向など配慮しない正しい判断をお願いします。
 テントの裁判がスラップ訴訟であることを考えていただくようお願いします。(I・K)



今後の行動予定
★核と被ばくをなくす!
世界社会フォーラム2016◎
日時:3月23日(水)〜28日(月)詳細は別チラシ 場所:在日本韓国YMCA、スペースたんぽぽ(いずれも千代田区)、いわき市労働福祉会館など
主催:世界社会フォーラム2016実行委員会
連絡先:tel070-5553-5495(小倉)

★つながろう福島!守ろういのち!
3・26全国大集会◎
日時:3月26日(土)11:00〜ブースオープン12:30〜集会、14:40〜デモ行進
場所:代々木公園メインステージ(サッカー場)他       主催:NO NUKES DAY実行委員会
◎講演会 さよなら原発−世界から◎
日時:3月27日(日)14:00〜16:30
場所:星陵会館 資料代:800円
主催:さようなら原発1000万人アクション実行委員会


毎週金曜日は5時から経産省前抗議行動(テントひろば主催)
官邸前抗議行動6時30分からもあります 3月18日5時〜
★3月19日(土)「戦争法廃止!安倍内閣退陣!」大集会
3月19日(土)13:30〜 場所:日比谷野外音楽堂
集会:13時より 銀座パレード:14時30分 主催:総がかり行動実行委

★3月20日(日)第二テントにて川柳句会(午後2時から)
 句会終了後テントにて花見と交流会をやります。参加を!
★3月21日(祝)NO WAR URAYASU
 新浦安駅前 14時〜16時 浦安で声をあげよう!
 主催:子どもたちの命と未来の勉強会 047-355-8514(渡辺)




CML メーリングリストの案内