[CML 042512] Fwd: ( 東京 4/17) 急転「和解」でどうなる沖縄の基地問題 沖縄トークセッション

M.Shimakawa mshmkw at tama.or.jp
2016年 3月 17日 (木) 16:53:25 JST


                            [TO: CML, keystone]
  他のMLより転送します。

*******************

【転送歓迎】

◎日 時:2016年4月17日(日) 13時半開場 14時開始
         *開場後、開会まで関連映像の上映あり

◎会 場:全水道会館 4階大会議室
         JR水道橋駅東口下車2分/都営地下鉄三田線水道橋駅A1出口1分

◎資料代:700円(予約不要:直接会場においでください)

名護市辺野古の米軍新基地建設強行をめぐる代執行訴訟は、結審したあとに福岡高裁那 
覇支部が示した和解案を国と沖縄県が受け入れました。しかし国は辺野古新基地の方針
を変えていません。
これからどうなるか、沖縄の今を共有しましょう。ふるってご参加ください。

■セッション 沖縄近現代史の視点から
   新崎盛暉さん(沖縄大学名誉教授)
   代執行訴訟「和解」の行方―日本にとって沖縄とは何か

【あらさき・もりてる】1936年生まれ。沖縄大学名誉教授。沖縄平和市民連絡会代表世
話人。都庁勤務のかたわら「沖縄資料センター」の活動に従事、1974年沖縄大学に赴任、沖 縄の民衆運動に深く関わりながら学長・理事長を歴任。著書:『日本にとって沖縄と
は何か』(岩波新書)『新崎盛暉が説く 構造的沖縄差別』(高文研)など多数。

■セッション 調査報道の原点から
  ジョン・ミッチェルさん(ジャーナリスト)
  埋もれた戦争犯罪―追跡 沖縄の基地汚染

【Jon Mitchell】1974年ウェールズ生まれ。ジャーナリスト、明治学院大学国際平和研
究所研究員。1998年に来日して以来、沖縄の平和運動、人権問題、軍隊による環境汚染
問題などを取材。2015年日本外国特派員協会の「報道の自由推進賞」の「報道功労賞」
受賞。著書:『追跡・沖縄の枯れ葉剤』(高文研) 

共催:沖縄戦の史実歪曲を許さず沖縄の真実を広める首都圏の会(沖縄戦首都圏の会) 
沖縄平和ネットワーク首都圏の会

連絡先(沖縄戦首都圏の会)
〒101-0061千代田区三崎町2-19-8 2F 千代田区労協気付
Tel 03-3264-2905     Fax 03-6272-5263

■賛同団体・個人募集中!!
・1口1000円
・賛同の場合【ken-shibata at nifty.com】にご連絡を。
・ご連絡後「沖縄平和ネットワーク首都圏の会」
 ゆうちょ銀行 記号10260 番号95255801 にお振込みをお願いします。

★賛同団体・賛同者のお名前を当日の資料に掲載させていただきます。
 掲載を希望されない場合には、ご連絡の際、掲載不要とご記入ください。 
 
 



CML メーリングリストの案内