[CML 042417] 【ブログ記事】■2014年2月9日投開票の東京都知事選では細川・小泉による巧妙な分断工作が見事に成功した!

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2016年 3月 11日 (金) 13:09:39 JST


いつもお世話様です。                         

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰しております
【市民革命派】ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

昨日木曜日(2015.06.26)に放送しました【YYNewsLive】の『重要情報再掲』を
加筆訂正して【ブログ記事】にまとめました。

【ブログ記事】

■2014年2月9日投開票の東京都知事選では細川・小泉による巧妙な分断工作が見 
  事に成功した!

私は2014年2月9日投開票の東京都知事選に『脱原発』を掲げて小泉純一郎元首相 
とともに突然登場した細川護煕(もりひろ)元首相の目的は,『【舛添対宇都宮】の
ガチンコ勝負に水を差し【安倍自公ファシスト政権】の暴走と原発推進に 全面対決
する宇都宮候補への支持を細川候補と二分させ る高等戦術であり騙さ れてはいけない』
との記事を直前の1月20日付けブログに書いたことがあります。

しかし、評論家の広瀬隆氏は細川候補を全面擁護して宇都宮候補を当選の可能背 
が全くない泡沫候補と罵倒し以下のような主旨の発言をしていました。

(広瀬隆氏の発言要旨)

1)原発廃止を求める勢力は、投票先が二分されている、と言われるが、その思考法
そのものが間違っている。その候補者の一人は、当選の可能性が高く、もう一
人の候補者は、当選の可能性がゼロである。これは、前回の都知事選で、猪瀬直
樹に敗北した大量の票差から歴然とした事実である。

したがって、当選の可能性がゼロの候補者に投票することは、泡沫候補に投票し 
て、それがすべて死に票になる、と いうことだ。したがって、二人の候補者が 
いるのではない。

2)一体、誰が、舛添要一知事の誕生(あってはならない事態)に手を貸しているの
か、原発廃止を求める人は、胸に手を当てて考えるべきである。舛添当選の
ニュースを見たいのか? ぞっとする。

(広瀬隆氏の発言要旨終わり)

私は、この2014年2月の都知事選挙と前回2012年2月の都知事選挙(猪瀬候補VS宇 
都宮候補)には、集票会社ムサシによって投票用紙の読み 取りと獲得票数伝達シ 
ステムのプログラムが巧妙に改ざんされていて、その結果舛添候補の得票数は水 
増しされ、宇都宮候補と細川候補の得票数は削減 されていたとみています。

選菅が発表した得票数が正しいとした場合、舛添候補が211万票を獲得して圧勝 
し、二人の反対派候補は見事に二分されて完敗したということです。

また広瀬隆氏が当選の可能性が全くない泡沫候補と罵倒した宇都宮候補のほう 
が、彼が全面支持し投票を呼びかけた細川候補を2.6万票も上回ったの です。

(得票数)

当 2112979 舛添要一 無新  43.4%

    982594 宇都宮健児 無新=共産、社民推薦 20.2%

    956063 細川護熙 無新 19.6%

広瀬隆氏はこのことをどのように説明するのでしょうか?

広瀬隆氏はこの件に関して何の釈明も誤りもせず完全にしらばっくれています。

こんな人物が、今でも反原発、脱原発の市民運動のリーダーとして登場している 
ことを、あなたはおかしいと思いませんか?

我々はもう[著名人]たちのいうことを鵜のみにするのはやめましょう!

[著名人]とは、権力支配階級が独占する【利権・特権】のおこぼれをこれまで享 
受してきたからこそ今[著名人]になっているのであることを知れべ きなのです。

もしも広瀬隆氏をはじめとする、細川候補による分断工作に協力した[著名人]た 
ち(▲螢好隼仮)たちが、『細川候補の突然の参戦は宇都宮候補へ の支持を分断 
するための謀略であり騙されてはいけない』と主張して宇都宮候補への投票を広 
く呼びかけていれば、そしてもしも集票会社ムサシによる 不正工作(投票用紙の 
読み取りと獲得票数の伝達システムプログラムの改ざん)がなかったならば、宇 
都宮候補は都知事に当選していたと思われます。

以下に5件の関連情報を記しますのでぜひお読みください。

 斃権特権を拒否するフツーの市民】は【新自由主義】の細川候補の【偽装脱 
   原発】に騙されず宇都宮候補の当選に全力を注ぐべし!

2014.01.30 杉並からの情報発信です

http://goo.gl/nXtzLs

例え世論誘導と選挙不正工作で自公推薦の舛添候補が宇都宮候補や細川候補を 
破って都知事になったとしても、猪瀬前知事の【5000万円疑惑】と同 じく 
【2億5000万円の「政党助成金流用」疑惑】で一年もたないだろう!

「脱原発」「原発ゼロ」だけを掲げて20年ぶりに小泉元首相とともに突然登場 
した【隠居老人】細川護煕(もりひろ)元首相の都知事選参戦は、【舛 添対宇都 
宮】のガチンコ勝負に水を差し【安倍自公ファシスト政権】の暴走と原発推進に 
全面対決する宇都宮候補への支持を細川候補と二分させる高等 戦術であり騙さ 
れてはいけないのだ!

舛添候補の都知事当選を危惧して宇都宮候補でなく【偽装脱原発】【経済特区推 
進の新自由主義者】細川候補を反安倍の統一候補として勝たせたら、普 天間米 
軍基地の県外移転を主張して沖縄県民を騙し続け最後の最後に安倍晋三ファシオ 
ストの【沖縄振興予算5年間毎年3000億円以上】の買収工作 に転び一転して辺野 
古移転容認に転じた仲井真沖縄県知事の二の前となり安倍晋三ファシストの暴政 
に真正面から戦い都民と国民のための都知事にはな れないだろう!

【利権特権を拒否するフツーの市民】は【新自由主義】の細川候補の【偽装脱原 
発】に騙されず宇都宮候補の当選に全力を注ぐべし!

◆攤拈郢抻を決めたおもな著名人】(日刊ゲンダイ)

◇鎌田慧(ルポライター)
◇河合弘之(脱原発弁護団全国連絡会)
◇瀬戸内寂聴(作家)
◇広瀬隆(作家)
◇湯川れい子(音楽評論家)
◇宮台真司(社会学者)
◇柳田真(たんぽぽ舎)
◇村上達也(前茨城県東海村長)
◇村田光平(元駐スイス大使)
◇森詠(作家)
◇高野孟(評論家)

2014.02.03 都知事選について 広瀬隆

原発廃止を求める勢力は、投票先が二分されている、と言われるが、その思考法
そのものが間違っている。その候補者の一人は、当選の可能性が高く、もう一
人の候補者は、当選の可能性がゼロである。これは、前回の都知事選で、猪瀬直
樹に敗北した大量の票差から歴然と した事実である。主権者は、 「一般の東京
都民」なのである。東京都民の投票動向が、前回から大きく変 ることはあり得
ない。したがって、当選の可能性がゼロの候補者に投票することは、泡沫候補に
投票して、それがすべて死に票になる、と いうことだ。
したがって、二人の候補者がいるのではない。

自民党支持の舛添要一を倒せる候補者は一人しかいない。重要なことは、今日ま
で私のもとに、再稼働目前の危険にさらされている全国の原発立地自治体の住
民から寄せられる期待は、全員が、原発再稼働阻止を第一に掲げている細川護熙
知事の誕生である。加えて細川氏は、有力候補者の中で、唯一、知事をつとめ
た経験があり、地方行政にくわしい。

一体、誰が、舛添要一知事の誕生(あってはならない事態)に手を貸しているの
か、原発廃止を求める人は、胸に手を当てて考えるべきである。舛添当選の
ニュースを見たいのか? ぞっとする。

づ豕都知事選得票結果

投票率 今回(2014.02.09) 46.14%

前回(2012.1.21)     62.60%

当 2112979 舛添要一 無新  43.4%

982594 宇都宮健児 無新=共産、社民推薦 20.2%

956063 細川護熙 無新 19.6%

610865 田母神俊雄 無新 12.5%

88936 家入一真 無新

64774 ドクター・中松 無新

15070 マック赤坂 諸新

12684 鈴木達夫 無新

2014年1月20日 全国のみなさま 都知事選に向けた記者会見

全国のみなさま 広瀬隆です

昨日の名護市長選挙での、辺野古移設反対市長の勝利を、まず祝いたいと思いま
す。沖縄県民の意思の強さに、私たちも大きな力と 励みを受けました。日本政
府の一角がガラガラと崩れました。

続いて本日、1月20日午後1時から、東京都知事選に向けて、市民運動が参議院
議員会館にて共同記者会見をおこないました。私も参加したので、簡単にご報
告します。

結論は、細川護熙氏を支持することで、参加者全員が一致しました。添付ファイ
ル(下記添付)に、要点が書かれています。敬愛する前東海村村 長の村上達也
さんからのメッセージも添付(下記添付)します。

実は、1月22日の夕刻に、細川護熙氏からの政策発表があるので、その前に支持
を表明することには問題があるという意見もあり ましたが、翌23日からは事実
上の選挙戦に突入するので、私たちの意思を表明する機会を失わないように記者
会見をしました。した がって、「条件付き」の支持表明であることは、言うま
でもありません。その条件とは、文書にある通り、「原発再稼働に反対し、そ
のまま原発ゼロを最優先政策として掲げる細川氏を支持します」としてありま
す。原発ゼロが最優先政策で なければ、私たちは支持しません。しかし、それ
は、信頼できる多くの賛同者が細川氏自身から確認していますので、まったく杞
憂の ようです。本日の記者会見で語ってくれた湯川れい子さんも、太鼓判を捺
しています。

本日の週刊ポストによれば、私たちが最も信頼している古賀茂明さんと、城南信
用金庫理事長の吉原毅さんも、細川氏のブレーンに 入っているので、まことに
心強いと思います。したがって、知事就任後も、ぶれない政策を実行してくれる
と考えられます。選挙後の 私たちもまた、数々の意見を細川氏宛てに、温かい
心をもって伝えてゆきたいと思います。

今回の都知事選は、細川護熙 対 安倍晋三 なのです。敵方の舛添要一は、ミ
ニ安倍晋三なのです。日本の核兵器保有のために、 高速増殖炉もんじゅの広告
塔として活動し、原爆材料プルトニウム確保に夢中になってきた舛添要一は、超
危険人物です。私自身も、 テレビとラジオで、ことあるごとに、彼と討論して
きたので、その危険性は誰よりも承知しています。舛添要一は、福島第一原発事
故 を招いた責任者の筆頭です。このような人間に権力を持たせれば、日本は大
変なことになります。こうした事実を社会に伝えれば、彼 は泡沫候補です。
 
選挙は、勝つか、負けるか、この二つしかありません。得票数が多くても、まっ
たく意味のない闘いです。したがって、圧勝できる 候補者を擁立し、みながま
とまって、急いで支持するべきです。

以上、私見を述べましたが、私の周囲は百パーセント、同じ考えです。みなさ
ん、同じ考えの方は、動いてください。広く呼びかけ てください。

投票日まで、充分な日数があります。毎日、加速度的に、支持者を増やしましょ
う。最後は、雪崩現象を起こして・・・

多難であることを承知で、申し上げます。明るい春を迎えましょう。
きっと迎えます。2月9日に・・・

(終わり)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************







CML メーリングリストの案内