[CML 042408] 「慰安婦」問題と現代韓国 ――日韓「合意」の何が問題か 3.19御茶ノ水

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2016年 3月 11日 (金) 01:54:51 JST


前田 朗です。
3月10日

転送です。


*************拡散・転送を歓迎します************
******

「慰安婦」問題と現代韓国 ――日韓「合意」の何が問題か 

韓国を代表する韓国現代史研究者・アクテビィストの韓洪九さん(聖公会大学教
授、Fight for Justiceブックレット3の共著者)を招いて、韓国の歴史的社会
的文脈のなかで「慰安婦」問題がどう扱われてきたのか、今回の日韓「合意」を
どうみるのか、朴槿恵政権はなぜ「合意」を推進したのかに関して講演を聴き、
さらにコメンテーターとの応答を通じて、今後の課題を浮き彫りにします。

■講演:韓洪九(ハン・ホング)

コメント:梁澄子(ヤン・チンジャ、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動共同代
表)
     吉見義明(日本史/中央大学教授)

主催者あいさつ:小野沢あかね(日本近現代史、女性史/立教大学教授)
コーディネーター:金富子(植民地朝鮮ジェンダー史/東京外国語大学教授)

●日時:2016年3月19日(土) 12:00開場、12:30〜15:45
●会場:中央大学駿河台記念館281教室
(JR中央・総武線「御茶ノ水駅」3分、丸の内線「御茶ノ水駅」6分、
千代田線「新御茶ノ水駅」5分)
●参加費:一般1000円(非正規・学生500円)


●主催:日本軍「慰安婦」問題web サイト制作委員会
(日本の戦争責任資料センター
「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC))
●協力:御茶の水書房
●問合せ→ http://fightforjustice.info/?page_id=601#contact

* 韓洪九:歴史学者。韓国聖公会大学教養学部教授。NGO平和博物館の創設メン
バー。日本語で読める著書に『韓洪九の韓国現代史――韓国とはどういう国か』 
『韓洪九の韓国現代史供宗宿蕕領鮖砲ら何を学ぶのか』(平凡社)、『倒れゆく
韓国』(朝日新聞出版)、最近刊『韓国・独裁のための時代―― 朴正煕「維新」
が今よみがえる』(彩流社)など。Fight for Justiceブックレット3『朝鮮人
「慰安婦」と植民地支配責任 Q&Aあなたの疑問に答えます』にインタビュー
「自国の加害の歴史とむきあう〜事実認定と謝罪なき「和解」はない」収録。





CML メーリングリストの案内