[CML 042298] 原発で故郷を追われた人々

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2016年 3月 6日 (日) 00:34:12 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
二つとも、福島第一原発事故で故郷を追われた人々を描いた番組です。

NHK教育
ETV特集
「下神白(しもかじろ)団地の人々」
http://www.nhk.or.jp/etv21c/archive/160312.html

放送日:3月12日
放送時間:23時〜
再放送:月19日 午前0時放送(金曜深夜)

2015年2月、福島県いわき市に県営「下神白(しもかじろ)団地」が建設さ
れました。入居したのは福島第一原発事故によって故郷に帰ることができなくな
った被災者です。富岡、大熊、双葉、浪江出身の住民、200世帯・337人で
す。
 異なる地域出身の原発事故の被災者が共同生活するという世界でも例がない住
宅です。
 住民のほとんどが高齢者です。一人暮らしや老老介護をしている人も少なくは
ありません。
 故郷に帰ることができない人々を追った番組です。

ETV特集
「ホームタウン〜福島県南相馬市小高区で会った人々〜」
 http://www.nhk.or.jp/etv21c/archive/160305.html

放送日:3月12日
放送時間:午前0時放送(金曜深夜)

 東京電力福島第一原発から16キロの場所に位置する南相馬市小高区には、お
よそ1万3000人が暮らしていました。しかし、原発事故によって避難指示が
出され、警戒区域に指定されたため、立ち入ることが許されなくなりました。2
012年4月、警戒区域が解かれ、家の片づけなどで立ち入りができることにん
なりました。ところが、そこで住民たちが見たのは、変わり果てたわが家、そし
てふるさとの姿でした・・・。その後、住民は地区の再建に取り組んできました。
その記録です。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内