[CML 043913] 日本政府の原発事故被害者への棄民政策へひどいと声があがるのと同じく理不尽な政策への声と広く伝える動き

ekmizu8791 at ezweb.ne.jp ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2016年 6月 25日 (土) 14:01:58 JST


日本政府の原発事故被害者への棄民政策へひどいと声があがるのと同じく理不尽な政策への声と広く伝える動き

転送転載歓迎


京都の菊池です。

日本政府の原発事故被害者への政策のあまりのひどさに、
黙っていることできず、
声を上げる人が続いています。
チェルノブイリ法の尾松亮さんも、大きく踏み出し積極的に発言されています。

毎日新聞社の日野行介記者は、
日本政府の原発事故被害者への政策を
「棄民政策」だとはっきり言い。
「原発棄民」と本の題名にもしました。

このように
日本政府の原発事故被害者への棄民政策へ、ひどいと声があがるのと同じく、
理不尽な日本政府の政策への声が、
様々にあがり、広く伝える動きも起きています。
※日本政府の原発事故被害者への政策のあまりのひどさに、
黙っていることできず、
声を上げる人が
さらに広がってほしいです。


6/22のあった今週、

週刊誌「週刊女性」7/5号は、6/21火曜日に発売され

「この夏の選挙がよくわかる10ページSP
主婦視点で徹底検証!
争点はアベノミクス?消費税?憲法改正?誰に入れても一緒でしょ・・・
と思ったら大変なことに!

もうダマされない 7月10日参院選」

と見出しを掲げ、

38〜47ページ計10ページ検証しています。

章題を拾ってゆくと


参院選に向けた各党の主な主張


◎アベノミクス?日本死ね?それとも憲法改正?
参院選の3大争点を徹底チェック

〇憲法改正・安保法 悲願達成のラストチャンス首相が描く国防軍の青写真

◇「お試し改憲」は緊急事態条項から

※緊急事態条項のポイント

〇アベノミクス 介護・子育て
大企業は過去最高の儲けでも
暮らしへの負担増なカラクリ
◇要介護1・2の介護保険はずしが現実に
◇待機児童の解消を実現できる政党は?

〇仕事・働き方
秋にも成立の残業代ゼロ法案
格差のしわ寄せが女性を直撃
◇非正規と正社員の格差を問い訴訟に
「東京メトロ」の子会社「メトロコマース」の非正規職員の理不尽との闘いの取材を大きく載せています。

〇
「子育てが孤独でつらいのは、国会に
当事者であるママたちが少ないから」

「基地のない平和な沖縄にすることは戦争をしない日本につながります」

野党共闘のため市民も共闘!


〇若者支援者に聞いた、18歳選挙権から考える
若者にいま、必要な「政治」とは?
◇格差の縮図を生きる高校生と政治の距離


とこのような内容で10ページの特集を載せています。



週刊誌「女性自身」は、
6/21火曜日発売の
「女性自身」より
4週連続で、

子供たちの未来は大丈夫?
自民党「改憲草案」を解く

を載せます。

6/21、6/28、7/5、7/12火曜日発売。


第一回目は、

「小さいおうち」著者が語る「知らぬ間に権力にからめとられる」改正案9条への警鐘


中島京子さんが

「戦争の放棄」削除で、愛国心を義務付けられた子供たちが戦場へ
「あの無関心と無知の空気感が再び日本を覆っている!」

を語っています。


今週は、
「サンデー毎日」7/3号が、186〜188ページに
津田敏秀さん、菅谷昭さんに取材しての、小児甲状腺がんについての記事を載せています。

※今日夕方放送のTBSの報道特集は、米軍基地からしみ出す暴力を放送予定だそうです。

そして、夜のNHK教育のETV特集は、
飯舘村について、90分放送予定だそうです。

菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)


CML メーリングリストの案内