[CML 043871] 「戦争責任研究」86号発行のお知らせ

資料センター 事務局 cxm00507 at nifty.com
2016年 6月 23日 (木) 01:06:35 JST



<転載歓迎>                      2016−6 
                   日本の戦争責任資料センター 事務局

 当資料センターでは、6月20日に『季刊・戦争責任研究』86号および付録
「レッツ」86号を発行しましたので、その目次をお知らせします。
(2013年から年2回発行になっていますが季刊と標榜することをお許しください)

 どうか会員になって、お手にとってお読み下さいますようお願いします。
 2013年、季刊から年2回発行体制となりましたので年会費は下記のように改定して
 います。

 ーーーーーー 季刊戦争責任研究86号目次 ーーーーーーーー

特集 歴史認識と人権をめぐる裁判の現状

 「吉見裁判」と日本社会の歴史認識 ……………………………… 大森典子

 吉見裁判とその支援運動 …………………………………………… 加藤圭木

 植村裁判で見えた「慰安婦」否定派の論理破綻…………………… 殷 勇基

 ニコンサロン「慰安婦」写真展中止訴訟から見えるもの………… 李 春熙

 朝鮮高校無償化裁判の意義と現状 ………………………………… 佐野通夫

    =========================

 国連人権機関による日韓政府「合意」の評価 …………………… 渡辺美奈

 韓国における過去の「慰安婦」言説を探る(下)………………… 吉方べき

 「慰安婦」問題と右派の動き…………………………………………  山口智美

 <文献紹介>
 フランス軍専用売春宿BMC ……………………………………… 木村喜代子

 <資料紹介>
 林部隊法務部「対住民ニ付テ(口演要旨)」……………………… 松野誠也


【連 載】 歴史観×メディア=ウオッチング (No.61) 
  「日本会議の研究」が暴いた明治憲法体制復元の動き
  −安倍政権の「改憲」を通過点と位置付けているカルト勢力の存在に立ち向かう
                   …………………………… 高嶋伸欣
 編集後記
 次号・86号(2016年12月刊行)の予告
       高校歴史教科書検定をめぐって
       「慰安婦」問題にどう向き合うのか
       その他

 ========== 付録 レッツ86号目次 =========

 
  時評  私の北海道衆院五区補選の教訓  …………………… 小林久公  

  重慶大爆撃の被害者に今こそ謝罪と補償を! ………………… 三角  忠    

  B29の墜落による犠牲者の追悼とグラマン機の慰霊に
        日米の当事者遺族が参加  ……………………… 伊吹由歌子  

  「再生の大地」合唱団北京公演の「報告演奏会」 ………………小俣光子    

  戦争犯罪論ノート(54)  
    裁かれた戦時性暴力――ベンバ事件・国際刑事裁判所一審判決 
                   …………………………… 前田 朗 

 主戦場は植村さんの名誉回復
 民主主義を委縮させる歴史修正主義勢力の企てに反撃しよう!  山田寿彦    
  
 日韓併合100年以降に残された課題(14)
 「朝鮮半島由来の文化財を考える関西国際ワークショップ」に参加して 
                    ……………………………大澤文護    

 クリップボード   編集後記               
      
     =========== 吉見裁判 高裁第2回口頭弁論のお知らせ    ===========

   9月6日(火曜日) 午後3時開廷    東京高裁101号法廷
   ※傍聴券が発行され抽選が行われる予定です(14時15分ころまでに地裁前集合)
   また、直前の急な変更もありますので、お出かけ前にご確認ください。
   一人でも多くの方に傍聴参加をお願いいたします!!

  吉見裁判・報告集会については下記HPをご覧願います。     
  吉見裁判についての国際署名の要請と要請文があります。
 裁判所に公正な判決を求める署名にご協力ください。
    YOSHIMI裁判いっしょにアクション    http://www.yoisshon.net/

        
 ------------- <戦争責任資料センターのご案内> -----------

 日本の戦争責任センターは、戦争責任の「資料センター」と「祈念館」
  の創設を願い1992年に設立されました。
 研究者、弁護士、専門家の立場から歴史と大戦を検証し報告する紀要と
  して『季刊・戦争責任研究』を発行しています。
 また戦争責任に無関心ではいられない市民ボランティアが編集する、
  付録誌「Let's 」を同時発行しています。

       Let's find out
        Let's think about
        Let's talk about
       Let's do something about
            Japan's War Responsibilities !

戦争の真実を伝え続けるために、会員になって当資料センターを支えて
ください。一緒に戦争責任の灯を、戦後補償の灯を、さらに高く掲げましょう。

当戦争責任資料センターの会員要綱の詳細は下記HPをご覧ください。 
会員には一般会員 シルバー会員 学生会員 および維持会員があります。
会費は以下のようになります。ぜひ会員になってセンターを支えてください。

     維持会員     ¥10000 
     一般会員      ¥3000
     シルバー会員    ¥2000 (65才以上)
     学生・院生     ¥2000

会員のお申し込みや季刊誌のご注文は   
          jwrc at mua.biglobe.ne.jp  までどうぞ。

会員のお申し込みがあれば、季刊誌をお送りいたしますので、
「何月から」と明記し、お申し込みください。
『季刊・戦争責任研究』は1部からご注文をお待ちします。
                (この場合、送料をご負担下さい)

一般書店では「地方出版取次」とお申し出くだされば、1冊¥1020 
でご入手できます。この場合ボランティア誌 「 Let's 」の付録はあ
りません。

多くの図書館や大学図書館、あるいは女性センターなどの公的機関
での定期購読を希望します。お近くの、あるいは勤務先の図書館など
に購入をおすすめください。

     ************************************************************

                  日本の戦争責任資料センター
   東京事務局 〒195-8799 東京都町田市大蔵町446 鶴川郵便局局留   
             jwrc at mua.biglobe.ne.jp    
                 http://space.geocities.jp/japanwarres/
  
  Center for Research and Documentation on Japan's War Responsibility

              ****************************************
                         
                            Fight for Justice!
        日本軍「慰安婦」忘却への抵抗・未来の責任 
     ウェブサイトアドレス   http://fightforjustice.info/

          *********************************************

  吉見裁判に関することは。

  YOSHIMI裁判いっしょにアクション    http://www.yoisshon.net/

      *********************************************


CML メーリングリストの案内