[CML 043851] 安保法制違憲訴訟お疲れ様でした・ 報道 東京新聞 6月20日(夕)

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2016年 6月 20日 (月) 22:38:47 JST


                             2016.6.20
安保法制違憲訴訟報告

みなさん

お疲れ様でした。

6.20は雨も上がり素晴らしい提訴日となりました。

参加者は予想を超え120名強となりました。

さいたま地裁前でのデモ行進とシュプレヒコール

訴状受付窓口まで全員で行ったこと、

これは力強い絵になりました。

報告集会での

弁護団代表北沢弁護士の挨拶、

伊須弁護士の経過報告と訴状について

倉橋原告代表の挨拶、

白田さんの記者会見の司会と進行、

古川弁護士他原告団各自のお話、

みなさんの心に浸みました。

違憲訴訟によって全国の仲間と

連帯することができました。

参院選挙前に提訴できたことは

世論づくりにも貢献しています。

私たちの違憲訴訟による大きな世論が

司法権の独立を保障し、違憲判決に

繋がります。

参加された多くの弁護士、

原告、賛同人と共にこの熱い連帯

を継続発展させていきましょう。



私たちは若者を戦場に送らない、

若者よ、戦争に行かず、選挙に行こう。

私たちは法治国家、立憲主義を守ります。

 (安保法制違憲訴訟埼玉の会世話人 石垣敏夫)




報道 東京新聞 6月20日(夕) 

皆さまお疲れさまでした。

本日の夕刊とWEBに掲載されていました。
WEB掲載写真を貼り付けます。
新聞記事も同様に添付します。斎藤

東京新聞WEB
2016年6月20日 12時19分
「安保法違憲」と集団提訴 318人、さいたま地裁に

憲法違反の安全保障関連法により集団的自衛権行使が可能になり、平和的生存権を侵害され
精神的苦痛を被ったとして、埼玉県などに住む318人が20日、国に1人当たり10万円の損害賠
償を求める訴訟をさいたま地裁に起こした。
東京や大阪などで起こしている集団訴訟の一環で、「安保法制違憲訴訟埼玉の会」が呼び掛けた。
原告は主に埼玉県に住む30~90代の男女。
訴状によると、安保関連法のうち集団的自衛権による武力行使などを許容する規定が憲法9条
に違反しており、戦争やテロ攻撃に巻き込まれる不安や恐怖などの精神的被害があったとしている。
(共同)

写真は添付
さいたま地裁に向かう原告団=20日午前



MLホームページ: http://www.freeml.com/ikenso-saitama

----------------------------------------------------------------------


CML メーリングリストの案内