[CML 043824] 「日韓会談文書・全面公開を求める会」公開シンポジウム,日韓条約と「日韓合意」をつなぐもの~真の解決とは何か~

nakata mitsunobu mitsunobu100 at gmail.com
2016年 6月 18日 (土) 09:52:06 JST


日本製鉄元徴用工裁判を支援する会の中田です。

標記シンポジウムの案内を転送します。複数受信される方申し訳ありません。

-------------------------------------------------------------------
日韓会談文書全面公開を求める会の山本です。
6月26日(日)に下記の公開シンポジウムを開催いたします。
ぜひご参加ください。

また、当会ホームページでは、新たに外務省と財務省から日韓会談関連文書の
開示を実現し、ホームページにアップしました。

http://www.f8.wx301.smilestart.ne.jp/



「日韓会談文書・全面公開を求める会」公開シンポジウム
日韓条約と「日韓合意」をつなぐもの〜真の解決とは何か〜

急転直下の「12・28合意」。被害者の意思を無視した「最終的かつ
不可逆的」との合意内容は、植民地清算を無視し、戒厳令下で締結され
た「完全かつ最終的」という日韓条約を彷彿とさせるものでした。しか
し、その一方で、日韓条約では真の意味では解決していなかったからこ
そ、日韓両政府が「12・28合意」を演出する必要が生じたともいえ
るのではないでしょうか。50年の時を隔てた二つの「合意」をつなぐ
ことによって、そこにある矛盾をえぐりだし、「真の解決」とは何かを
考えます。

【日時】2016年6月26日(日)午後1時半〜4時半(1時開場)
【会場】港勤労福祉会館第1洋室(港区芝5丁目18番2号)
    最寄駅:JR山手線、京浜東北線田町駅西口(三田口)徒歩5
        分、 地下鉄浅草線、三田線三田駅A7出口徒歩1分
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/shokokaikan/kinrofukushi/01.html

【参加費・資料代】500円

公開シンポジウム
◆問題提起
「日韓条約と『日韓合意』をつなぐもの」
吉澤文寿共同代表

◆シンポジウム
「慰安婦問題 日韓合意の舞台裏」
報告者−箱田哲也さん(朝日新聞論説委員)

「韓国総選挙与党大敗で戦後補償問題はどうなるか」
報告者−キル・ユンヒョン(吉倫亨)さん(ハンギョレ新聞記者)

 「『12・28合意』−被害当事者は何を求めているのか」
報告者−渡辺美奈さん(アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和
    資料館(wam)事務局長)

 司会:太田修共同代表

日韓会談文書・全面公開を求める会090‐9204‐7607(山本)


CML メーリングリストの案内