[CML 043816] 本日6/17大阪。新崎盛暉さん日本にとって沖縄とは何か/関西・沖縄戦を考える会 第5回総会 & 講演会

ekmizu8791 at ezweb.ne.jp ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2016年 6月 17日 (金) 16:48:11 JST


本日6/17大阪。新崎盛暉さん日本にとって沖縄とは何か/関西・沖縄戦を考える会 第5回総会 & 講演会


転送転載歓迎


京都の菊池です。
転載が当日になりすみません。
ご都合つきましたらぜひご参加ください。
※また、「関西・沖縄戦を考える会」に入会いただくと今回の講演録を会報に載せ送ります。
案内を転載します。



関西・沖縄戦を考える会
(「大江・岩波沖縄戦裁判支援連絡会」の後継組織です。)
のホームページ
http://okinawasen.main.jp/
より

関西・沖縄戦を考える会 第5回総会 & 講演会
日本にとって沖縄とは何か  講師:新崎 盛暉さん
 
 いま、日本政府は沖縄・辺野古に新たな巨大基地の建設を強行している。それは単なる基地建設の問題ではなく、戦後70年の日本、米国、そして沖縄の関係史の“到達点”として存在している。「構造的沖縄差別」を克服するために、どうすればよいのか――
 沖縄現代史の第一人者が戦後の歩みを振り返り、本質を厳しく問う。
1936年、東京都に生まれる。
1961年、東京大学文学部社会学科卒業。
 都庁勤務のかたわら「沖縄資料センター」の活動に従事。
1974年、沖縄大学に赴任、学長・理事長を経て、現在、沖縄大学名誉教授。専門は沖縄近現代史。
著書に『沖縄現代史 新版』(岩波新書)『沖縄同時代史』(全10巻・別巻1凱風社)『新版沖縄・反戦地主』(高文研)『現代日本と沖縄』(山川出版社)
ほか多数。

日時:2016年6月17日(金)18:30

会場:エルおおさか(地下鉄・京阪「天満橋」下車 歩5分)

参加費:1000円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(◆関西・沖縄戦を考える会会員入会のお願い
  年会費  個人1口 1000円、 団体1口 3000円
  口座番号 00960−4−262721)


問合せ  関西・沖縄戦を考える会 TEL 06-6375-5561(新聞うずみ火)


※
別件ですが
書評
2016年02月19日発行 1416号
【どくしょ室 日本にとって沖縄とは何か/新崎盛暉著 岩波新書 本体780円+税/「構造的差別」を克服する辺野古闘争】
http://www.mdsweb.jp/doc/1416/1416_08t.html
も参照ください。


また、
同じくエル・おおさかで、
6/17金〜20月

50余名の体験で知る
沖縄戦展
が開かれます。

50余名の体験で知る 沖縄戦展 | 関西沖縄文庫
http://okinawabunko.com/others/860.htm
を参照ください。 

また、
これも最寄り駅が天満橋である
ドーンセンターにて

「GAMA-月桃の花」上映会&平和のつどい 

6/18日曜日。10:30〜16:30
が行われます。

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)(ホームページ
http://www.sdcc.jp/
ブログ
http://blog.goo.ne.jp/sdcc)
を参照ください。


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)


CML メーリングリストの案内