[CML 043810] 「放送法は介入から守る盾」 是枝監督、報道の「思考停止」危惧(東京新聞夕刊)

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2016年 6月 17日 (金) 08:43:45 JST


M.nakata です。

日本のマスメデイア問題について、ご紹介です。

重複すみません。

<下記拡散歓迎>

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201606/CK2016061602000262.html

東京新聞

「放送法は介入から守る盾」 是枝監督、報道の「思考停止」危惧

2016年6月16日 夕刊






     



  メディアの現状などについて話す是枝裕和さん=東京都千代田区で

 

政府や与党による放送に対する圧力や介入への懸念が高まる中、放送倫理・番組向上機構(BPO)委員長代行で映画監督の是枝裕和さん(54)が、放送の果たすべき役割などを語るシンポジウムが十五日夜、東京都千代田区であった。

是枝さんは「放送法は、表現の自由につながる制作現場を公権力の介入から守るための盾。政治家も放送人も理解していない」と指摘。メディア側が政府の姿勢に過敏に反応し、批判的な意見が目立たないようにする「思考停止」の報道があることへの危惧を示した。

 高市早苗総務相が二月、政治的に公平性を欠く放送を繰り返した放送局の電波を止める可能性に言及するなど、政治家の圧力とも取れる言動が目立つ。これに対し、是枝さんは、「憲法と同様、法にある不偏不党や真実、自律は、公権力が放送局に保障するよう求められているもの。テレビ局側に義務付けられているのではない」と批判した。

 さらに最近の報道について「放送番組の(満たさなければいけない)公平性とは質的なもの。(コメントの)秒数を同じにしたからいい、というのは作っている側が批判を避けようとする思考停止だ」とした。

 「そして父になる」などの話題作を発信する是枝さんの原点は、テレビドキュメンタリーの制作だ。その中で放送の役割は「多様性に価値を置いた時間や場をどう豊かにするか。それが、民主主義を豊かにしていく畑になる」と感じた。

 危機感を持つ放送人の連携や、地方局で頑張る若手の存在に期待する。「彼らを孤立させず、どうサポートをするか考えなければ状況はひどくなる」と話した。シンポは安保法制への反対意思を参院選で示そうと活動する「一票で変える女たちの会」が開いた。

“””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””














CML メーリングリストの案内