[CML 043786] 塩見孝也 ミクシー日記「サンさんはどう動くのだろう。サン潮流は一過性の泡沫潮流とはいえない。」

salahualdin at yahoo.co.jp salahualdin at yahoo.co.jp
2016年 6月 16日 (木) 00:16:25 JST


塩見孝也さんからミクシーの原稿をメーリングリストリストに載せてもらいたいとのことで以下引用いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<以下引用>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サンさんはどう動くのだろう。サン潮流は一過性の泡沫潮流とはいえない。  塩見孝也2016年06月15日
 サンダースさんが、カリフォール二アらでクリントン氏に負けました。ニューヨークとかカリフォール二アらの開け、かつ密集した大票田では、さすがに、金融資本、独占資本の統治・支配力が下からの変革力をまだまだ押さえ込めるのでしょう。 
  サンさんは、オバマ大統領と会談し、「民主党大会までは撤退しない。」「それまでも、対トランプ闘争には全力を尽くす」と言っています。 
 クリントン氏達とは、綱領討論をやり、極力綱領的一致に到れるよう努力する、とも言っていますが、これはこれで良いのですが、サン潮流は、アメリカ社会の革命的第3極潮流なのですから、埋められない大きな隔たりがあり、民主党に留まることは、ーーー内部での左翼反対派になってしまう?のだから--苦しいところでしょう。 
 人種差別、ヒスパニック差別、女性差別、宗教差別、経済的な、ある種のモンロー主義、ブロック化志向は、危険極まりないもので、トランプは、アメリカでの反革命潮流と言えますし、彼の大統領当選は許してはなりません。 
 やはり、アメリカ大陸規模、世界規模の、キューバなどと盟友関係に立ちつつの変革戦略が必要とされてきています。 
 こういった世界変革戦略の下、日本でも、革命的第三極、自主管理型・陣地戦の社会革命が、客観的モメントだけでなく、主観的、主体的に成熟してゆく兆しが見えてきています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー<以上引用>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
塩見さんご自身「アメリカにサンダースさんに会いに行くんや~」とやる気満々です。ご興味のある方がいらっしゃったら塩見さんへメールをお願いします。
塩見さんのメールアドレス: rsr80930 at nifty.com


CML メーリングリストの案内