[CML 043704] 参院選「一人でも出来るビラ配布」〖第2弾〗に協力を‼

佐藤 三郎 minami2satou at kxa.biglobe.ne.jp
2016年 6月 7日 (火) 15:28:59 JST


 ご支援くださった皆様へ 選挙公示前の最後のお願いです。
 
 参院選公示日まで2週間を残すのみとなりました。公示日6/22以降は選挙戦に突入し、けたたましい騒音の渦巻く毎日となり、市民団体としての選挙に関する取組が介在できる余地はほとんどありません。
 
 この2週間が勝負です。参院選に向け [一人でも出来るビラ配布」〖第2弾〗に協力を‼
 
 街頭チラシ配布での(100人に1人と聞く)受け取り割合の悪さに比べ、郵便受け(ポスト)という不動の窓口が存在する「ポスティング」では、その気さえあればいくらでも撒く事ができます。 入れても「読んでくれないのでは…」と考える前に、私たちの思い”希望はここに”をより多くの有権者に届けましょう! 
 ポスティングを一緒に取り組んでください。

■みなせんポスティング行動〖第2弾〗の計画概要■
 ▼兵庫県内の有権者所帯の約2%に当たる 「5万枚配布」 が最低目標です。実際の部数は配布して下さる協力者の申出数によって準備します。この成否のカギは、皆さんからの引き受け申し出にかかっております。
 
 ◉6/6印刷業者に発注し、6/8に1万枚が納品され、ポスト挿入がやりやすいように1/2半折にしています。
 ◉すでに、引き受けの内意を示された枚数も1万をこえていますので、更に2万枚を6/9頃納品の予定です。
 ◉これらのびらは、6/22の参院選告示後は一切配布は出来ません。
 
 ▼私たちに残された時間は、この14日間しかありません。
 ◉従って、今週中(6・11頃まで)にびら配布計画を固め、びらの印刷と発送の準備をやり終え ようとしています。
 ◉各地にお住いの一人ひとりの皆様が、週末ころまでに、ラ配布を引き受けていただける枚数を聞かせて下さい。
 ◉注文枚数は,約350枚(レターパック:郵便局の特定封筒に挿入可能限度)をベースとして、その他は
         約500枚以上(郵便局のゆうパック便を利用しますので)の適当枚数を。
 
 ▼ビラの印刷費は十数万、発送費を加えると20万を要します。連帯兵庫みなせんとしては、今回は是非皆さん方の資金カンパをお願いしたと思っています。併せてご支援ください。
          郵便振替口座 口座番号「00970‐8‐174479」 口座名「連帯兵庫みなせん

 ▼2010年国政選挙まで民主・共産・社民・生活等の野党に投票していたが、2012年衆院選(安倍登場)以降「棄権や維新等」に流れたと思われる「非自公・非革新」と見なされる「1200万人」の人たちへの呼び掛けは、どうしても必要だと考えます。第2弾の配布ビラも、この視点から作成しています。(添付のビラを見てください)。

 ▼4/29垂水勤労市民センターでの「みなせん@須磨垂水」発足集会で、参加40名の一言発言の中で3人からの「びら配りなら出来るよ」との発言を切っ掛けに大らわで準備を進め、5/15~5/31までの17日間で計5万枚の第1弾の配布が完了しました。
 ◉こんなFaxも寄せられました。「配布びら300枚をお願いします。チラシ料金/郵送料を教えて下さい。 心臓がどきどきしています。 ご面倒をおかけしますが、宜しくお願い致します。」 ポスティングの経験のないと思われる60代の女性が一歩を踏み出そうとするときの不安や思いが文面から伝わり、とてもうれしく胸にジーンとくるものがありました。
 ◉この5万のビラの総重量280㎏、発送したユーパックの最大のものは16㎏あり、持参した郵便局の階段を持ち上げることが出来ませんでした。思いを有権者に届けることって「こんなにも重いものなのか」を実感しました。1000枚のビラは5㎏を超えます。それをリュックサックに入れて、黙々と3000枚を配って下さった何人もの方の姿にも出会いました。
 
 ▼いろんな「本気」の人たちに出合えた5月末2週間余の体験を糧に、日本の将来を左右する決定的な分岐点となる7/10参院選で、「アベ政治ストップ」のため共に歩みましょう。
 
 2016/6/7   連帯兵庫みなせん(みんなで選挙)代表世話人  佐藤 三郎
     654-0036 神戸市須磨区南町2-4-16 fax 078-733-3560 minami2satou at kxa.biglobe.ne.jp




CML メーリングリストの案内