[CML 043695] Fw:6・7公文書管理法院内学習会(講師:瀬畑源さん)のご案内

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2016年 6月 7日 (火) 01:31:15 JST


東京の杉原浩司です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

当日のご案内となってしまい恐縮です。私は参加がかないませんが、
貴重かつ重要な学習会だと思います。可能な方はぜひご参加ください。

--------------- 以下、転送 ------------------

みなさま

角田です。
6月7日の秘密保護法廃止!国会前行動は、国会の会期延長が
ありませんでしたので、中止しました。
この日は6・7公文書管理法院内学習会のみになります。

5月26日、民進党が衆議院に公文書管理法と情報公開法の改
正案を提出し、会期は終了しましたが、廃案とはならず、継続審
議となりました。
6月7日、瀬畑源さんが「公文書管理法とはどういう法律なのか」と
題してお話します。ぜひ、ご参加ください。

<転送・転載歓迎>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

        ★6・7院内学習会★
    「公文書管理法の改正はなぜ必要か!
   -内閣法制局の「公文書」不作成から考える-」
■とき  6月7日(火)13時30分~16時
■ところ 参議院議員会館B107室   
●報告 「内閣法制局の“公文書管理法違反”を市民の視点で検証する」
     前田能成さん(「秘密保護法」廃止へ!実行委員会事務局、出版労連)
●お話し 「公文書管理法とはどういう法律なのか」
     瀬畑源さん(長野県短期大学助教)
●質疑
●資料代 500円
●主催  「秘密保護法」廃止へ!実行委員会
●連絡先
新聞労連 jnpwu at mxk.mesh.ne.jp /平和フォーラム 03-5289-8222/
5・3憲法集会実行委員会(憲法会議 03-3261-9007・許すな!憲法改
悪・市民連絡会 03-3221- 4668)/秘密法に反対する学者・研究者連絡
会 article21ys at tbp.t-com.ne.jp /秘密法反対ネット(盗聴法に反対する
市民連絡会090-2669-4219・日本国民救援会03-5842-5842)

   公文書管理法は、国、省庁などの「活動や歴史的事実の記録である
公文書」を「現在及び将来の国民に説明」する責任を全うするための
制度であり、主権者である市民の知る権利を保障するものです。
 この間、政府の公文書管理法違反の事実が次々に明らかになってい
ます。
 TPP交渉は日本の産業、農業、市民生活に大きな影響を与えるもの
です。ところが、政府は民進党がTPP交渉をめぐる関係国との協議内
容を公開するよう求めていることに対し、一部の幹部職員のみで情報
を共有し、公文書は作成していないと公開を拒否しています。
 内閣法制局の公文書を不作成に続くTPP交渉文書の公文書不作成は
公文書管理法の存在意義を根本から問うものであり、容認できるもの
ではありません。
 今年は、公文書管理法の施行後5年にあたり、同法の条文の見直し
の時期にあたります。政府の公文書不作成を許さないために、公文書
管理法とはどういう法律なのか、どういう点が問題なのか、公文章管
理法に詳しい瀬畑源さんをお招きし、院内学習会を開きます。ぜひ、
ご参加ください。 



CML メーリングリストの案内