[CML 044332] <<これが現状>> 小池と鳥越激しく競り合う。増田は苦戦。ブログ<永田町徒然草 (白川勝彦)>

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2016年 7月 26日 (火) 17:04:36 JST



法律事務所サイトURL QRコード



検索
  
分類
  a.. 1.徒然 
  b.. 2.国内政治 
  c.. 3.国際政治・外交 
  d.. 4.地方自治 
  e.. 5.憲法問題 
  f.. 6.経済 
  g.. 7.通信・IT政策 
  h.. 8.マスコミ論 
  i.. 雑事論 
  j.. 分類外これまでの記事
  a.. <<これが現状>> 小池と鳥越が激しく競り合う。増田は苦戦。 
  b.. 安倍右翼内閣が本性を剥き出し。…『週刊文春』攻撃等は白色テロである。 
  c.. 政府とマスコミの合作で、政敵を抹殺する行為である。…『週刊文春』の鳥越報道 
  d.. 争点は、まず憲法改正の是非 
  e.. また、“選挙隠し”をやっている。RSS

携帯用
 M.nakata です

<下記拡散歓迎>

=================================================
30年ぶりに自民党中央政界から、弁護現場の業務に復帰し、弁護士業界のいい加減で、

デタラメな法律事務所に対し警鐘を鳴らされていた。▼白川勝彦先生らしさが感じられる・下記ブログです。

法律相談に、地域の弁護士事務所に相談に行く前に、
一度読まれる事をお進めします。(田中角栄の時代政界。新潟選挙区・ 東大卒・自治大臣・国家公安委員長)

▼公明党と自民党の日本の政界の本質問題を、ずっと追及し、何十年も前から、ネットで膨大なものが、書かれていました。
私たち国民に論文・資料が開放されていて、20数年前から、白川さんの資料を。私たちも市民も、読むことが出来ました。
その他資料は、一般人が参考に現在も、読めるようになっています。ご利用ください。 

<下記貼り付け開始>
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1794

ブログ<永田町徒然草 (白川勝彦)>

<< これが現状 >> 小池と鳥越激しく競り合う。 増田は苦戦。   16年07月26日

No.1854   

 昨日から早速テレビや新聞が、世論調査と称しながらせっせと世論誘導情報を流し始めた。世論調査を報じている新聞を、全て取り寄せて読んでみた。これまでは、世論調査を発表する場合、実数値こそ示さないものの、どのような調査をしたかということを紙面上明らかにするのが常だった。







その調査方法をみれば、専門家ならば、その世論調査の信用性を判断できるのである。▼ところが、今回どの新聞の世論調査なるモノも、専門的にいえば、世論調査と呼べるようなシロモノではなかった。それは、当然のことなのであろう。誰が当選するかを本当に予測するための世論調査ならば、作業そのものは土日に行っても、その集計・分析、さらには独自取材を行えば、月曜日に発表することなどできる筈がないのだ。嘗ては、投票日数日前の水曜日か木曜日の新聞紙上で発表したものである。

「投票する人を決めていない人が4割」 というのでは、投票行動を予測することなど、できる筈がないではないか。それにもかかわらず、マスコミが一斉に世論調査と称して報道を始めたのは、当選者を予測するためではなく、ある者を当選させたいからなのである。だから、「小池候補一歩リード」あるいは「小池候補と増田候補が“競り合う”」などと報じたのだ。

「小池候補一歩リード」は、十分にあり得ることである。しかし、「小池候補と増田候補が“競り合う”」などということは、およそ選挙というものを知っている者ならば、あり得ないことだと分かる。恥ずかしげもなく、良くもまぁ、そのようなことを大々的に言うものだ。要するに、「鳥越候補はもう当選圏内にはいないよ」と印象付けたいだけなのである。それが、政府与党の思惑なのだ。

こんな出鱈目な世論誘導報道が横行しているのだから、昨晩から未明にかけて、私のこれまでの選挙の経験に基づいて、現時点における予想を真剣にしてみた。私がもっとも重視したのは、先に行われた参議院選挙東京選挙区の得票である。これに、都知事選告示日前後から今日までの諸情勢を総合的に加味して、数値を弾(はじ)き出した。

その結果は、「小池候補と鳥越候補が、横一線で激しく競り合う。増田候補は苦戦」であった。やはり、『週刊文春』報道は、鳥越候補にとってマイナス材料であり、そのことは、加味せざるを得なかった。選挙妨害なんてもんじゃない。まさに“白色テロ”なのだ。だから、「政府とマスコミの合作によって行われる、政敵を抹殺する行為」と、私は激しく非難したのだ。しかし、まだ鳥越候補は踏ん張って残ってる。

私が今いちばん懸念しているのは、『週刊文春』が今週また、鳥越候補を貶(おとし)める悪質な記事を書くのではないかということである。安倍右翼反動内閣が後ろ盾に付いてるのだから、それはあり得ることだ。鳥越候補には優秀な弁護団が付いているのだから、“発売禁止の仮処分”を準備しておいた方が良いと、私は考える。

昨夕と昨晩、私は、鳥越候補の街頭演説会と個人演説会に行った。参会者は多く、熱気に満ちていた。参会者の多くは、“白色テロ”などという物騒な言葉は知らないだろうが、事態が深刻であることは、十分に分かっているようだった。そう、事態は本当に深刻なのだ。民衆はスクラムを組んで、卑劣にして凶暴な権力者と戦うしかないのだ。私は、その先頭に立つ。

今日は、このくらいにしておこう。それでは、また。

_____________________________________________


CML メーリングリストの案内