[CML 044303] アンドレア家族5人で砂糖断ち チェコの映画だ「シュガー・ブルース」

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2016年 7月 24日 (日) 07:21:04 JST


映画「シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ」 <http://www.sugar-blues.com/>

妊娠糖尿病に罹ったアンドレア。お婆ちゃんは糖尿病で死んだし、お爺ちゃんは後追い自殺。

三人の子どもと夫の暮らしを生き延びるために、砂糖の大研究だ。

*チェコ共和国* <https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B3>
って、東側諸国だったんだ。角砂糖を作った国なんだって。いかにも工業製品だよなあ。砂糖の呪縛というとキューバを連想するねえ。

カメラを持って世界三大陸にでかけていく。科学者や医師、糖尿病の患者にも取材し。砂糖業界の対応、家族での反対アクションも描いたセルフ・ドキュメンタリー。ポップな展開が、微笑ましい。

最後に流れる「シュガー・ブルース」は、エラ・フィッツジェラルド
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%89>
の声。たぶん。



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内