[CML 044279] <テント日誌7月20日(水) 経産省前テントひろば1774日目>

木村雅英 kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2016年 7月 22日 (金) 07:38:05 JST


鐚荵∫障茲ML篆<荐宴蕁障鐚

潟ヨ鐚鐚鐚ワ羂器
腟g潟蚊逸鐚鐚鐚

梅雨明け前の土砂ぶりにあった19日行動
テントからも何人が参加した19日の総がかり行動は開始まえから激しい雨に見舞われた。僕は偶然、テントに駆け込んだのだが、ものすごい雨に立ち往生した。そう長くはない通り雨だという予想もあったから、何人かとテントの中で様子見をしていた。西の方は梅雨明けだと言われているから、関東地方も梅雨明けは近いのだろう。雷さんに臍をとられぬように蚊帳に入れと子供ころはいわれたものだが、ピカッと光って豪雨が来ないと梅雨明けになる気分はしない。だから激しい雨は致し方ないのだが、よりによって何故、今、なんだと恨めしい気持ちになった。参議院選挙の後の最初の総がかり行動だったのでいつもより気持ちが入っていたのかもしれない。

参議院選挙は改憲反対勢力が三分の二以上の議席を確保できなかったのは残念だが、その評価については前の日誌で書いたので繰り返さないが、議会で改憲を発議するのは大変でその過程で政党再編が起こると予想している。自民党や公明党は言うに及ばず野党にもそれは起こると思っている。例えば、日本共産党などは党名変更も含めての再編劇が起こるように予想している。恐らく、資本主義か社会主義かの枠組みで体制派と反体制派を分ける政治的枠組みが通用せず、憲法をどう理解し、政治理念の根幹にするかを基軸にした再編が起こると思われるからだ。戦後の政治的な枠組みがその無意識の基盤も含めておおきな再編劇に見舞われるわけで、これは当然にも改憲反対の運動にも波及する。それぞれが憲法と国家、憲法とæ”!
¿æ²»ã‚’どう認識しているかが試されるわけで、自分にとってそれはどうか、つまり主体的にことは問われる。そこのところで自分の考えを練り、練磨して明瞭にしていくしかないが、それがあれば大丈夫である。大丈夫というよりはそれより他に手はないのだ。おのれの認識に磨きをかける、そこしか闘いの武器は生まれない。人波の雨上がりの国会周辺を歩きながら、そんなことを呟いていた。

選挙の争点から隠された原発問題だが、そうした背後で再稼働の動きは進められている。現地からの報告でもあるようにこの週末には現地行動がある。現地に参加できぬ人は東京での連帯行動に参加を願いたい。人々の目から隠し、人々の行動が時間の中で疲弊するのを狙ってことを進める日本の政治権力の常套的方法は原発問題でも見られる。僕らにとってそれは計算済みで、だから持久戦としてやっている。持久戦の難しさは意識の持続が難しく、日常の繰り返しになっていくようにあることだ。同じことの果てない繰り返しのようになっていくことだ。ほとんど意識しない日常のように僕らの脱原発の運動や行動がなっていくこと、それが持久戦であり、持久戦は例えばテントが存在すること、あるいは官邸前行動などが続いã!
¦ã„ること自体である。その意味は後から見えてくるわけでこういう時期は持久していること、持久させる意志が大事なのだ。僕らの敵
官僚たちも持久戦には結構こたえているはずだ。持久戦の力は意外なところで確認される、また見えてくる。そんな時のあるのだ。僕らの風土では民衆の権力に対する闘いや抵抗が持久戦としてやられた例は少ない。だから、僕はあまり経験がないわけで心的には辛いところがある。こういう時期は持久戦だという文句を呟やき呟きやって行こう(三上治)

鐚鐚鐚ワ鐚緇鐚腟g茘域潟蚊遺源
18時30分~官邸前抗議行動(反原連)

篌劫咲紙≪憜違篌劫駈鐚
ャ祉1罨≦桁贋梓潟羂贋篋篋ゆ
8篁ラ吾腮弱綮倶肴;
あれだけ規制委が審査を繰り返した上での事故であり、使用前検査もしている中での事故である。長期間停止していた原発はどんな不具合が生じるかわかったものではない。こうして伊方3号機の不安と危険性は倍加されている。
再稼働延期を再稼働断念へと追撃しよう!中央構造線や南海トラフの地震が迫る中、こんな不安を抱えた原発を動かすことは絶対にやめるべきだ。きっぱりと再稼働を断念すべきである。
鐚誌鐚初篌篏臀荀c障у腮弱紙≪腮弱綽泣吾菴純莨若с紊с順筝
25ャ篌合阪茵蚊若綺с莨若帥сc8腮弱紙≪吾鏆冴8腮弱紙∵羣
篌合憜域罅
 『みんなでとめよう伊方原発7.24全国集会』
ワ鐚24()1330紮
 集会場所:伊方ビジターハウス前(道の駅きらら館付近)
茘域鐚篌劫冴蚊若(15)
筝糸鐚篌劫阪腮弱紙√茵紮>
潟鐚篌劫阪絲上茱翠g機茘遺鐚綛≧糸冴絖箴絎絅潟篌

取儀ャ障т絎сс26ャ茵ラャ
榊憜違梧鋍篋ら莢肢
  24日、26日予定の行動参加者(四国を除く全国の皆さん)に
  「原発現地へ行く基金」から1万円の交通費補助を供出します。
ファックス又はメールにて申し込み願います。
活昭鐚FAX鐚03-3238-0797<若鐚info at sendaiikou.com
  (当会から確認連絡をもって受付完了。詳細は連絡時にお伝えします)
 鐚dс潟莨若帥蕁障鐚
≪祉
肢腥坂梢JAL障ANA箴随07:25臂順亥削08:50上臼鐚
   又は、(09:30羽田発~10:55松山着 特急との接続は困難)
糸綛≧鐚篌眼障30鐚上臼腥堺遣紙上臼絽鐚膣鐚鐚
鴻荵鐚絎茵紮鐚茵篋絎
JR篋莅糸絖膩鐚号ュ羌50鐚上臼11:25鐔綛≧12:12
                 又は松山発12:25~八幡浜着13:14 
絎炊鐚綛≧絽篋膣ウ鐚
鐚24ワ26ャ鐚羈鐚ャ弱≪若(莨)鐚筝緇
祉罅宴純処若若御イ莠
鐚榊憜違梧鋍TEL070-5019-5907
 080-1012-4661鐚篋絮羃弱鐚
「原発現地へ行く会」基金へのカンパをお願いします。
灸梢随001900361095篁罘≪筝箙綺綵綺0361095
  城南信用金庫九段支店 (普通)334455

7/26()初糸延根腓丈茘域篌合憜違e遣茵
 伊方原発3号機再稼働反対!中央構造線に火がついた!
 南海トラフ地震も心配 基準地震動も低くデタラメだ!
 第11回四国電力東京支社抗議行動にご参加を!
ユ鐚鐚26()18:3019:45
贋鐚初糸延根腓
          東京銀行協会ビル前(丸の内1丁目/大手町駅D4出口すぐ)
筝糸鐚腮弱紙√純若TEL 070-6650-5549

7月26日(火)「鎮魂 死者が裁く」JKS47月例祈祷
15:00 「鎮魂 ―死者が裁く― 呪殺祈祷僧団四十七士」
    〇開式の言葉と鎮魂歌「海つばめ」
罩宴腱絮演激羌激ゃ違羲絅鐚違激c劫篋鐚帥種
с茫鐚筝鐚
茯腟絋羈腟絋ュ翠膃
    〇表白文(福島)「鎮魂 - 死者が裁く - 
茯腟臂絨弱鐚膵違菴
宴蕁
腑蕁
綣茯蕁蕁筝
  筝糸駈筝鐚

羃膰篆¥鐚鐚鐚ワ荵∵MS
沖縄タイムスが「<高江ヘリパッド>最前線で過酷警備、防衛局職員『いつまで・・・』」という記事にしていますが、早くも警備の機動隊員や防汚英局職員からはあまりの過酷さに悲鳴が上がっているようです。沖縄は島であるため、34度以上は気温が上がらないと言われています。しかし、照り付ける紫外線は本土の1.5倍ですから、長時間炎天下化にいるとそれだけでやけどしてしまいます。ましてや立っているわけです。そのため、装甲バスをキンキンに冷やし、30分交代でやっていますが、果たしてどこまで体がもつか、です。

高江現地からの報告は「辺野古浜通信」が行っています。送信されたものはその都度転送しますので、それで現地の様子を把握してください。現地は緊迫していて、現場に向かわせないために「検問」と称する弾圧が行われています。座り込みの人たちは車を隙間なく縦列駐車して封鎖しています。きょうは県議団が現地の激励に訪れ、明日は抗議集会が開かれます。機動隊による座り込みの暴力的排除と、封鎖車両の実力での撤去が考えられますが、いずれにしても持久戦は不可避です。

今回の攻撃は、政府としては「三正面作戦」として考えていることですが、早くも辺野古の陸上工事が無理となりました。政府が考えたことは、解釈改憲よろしく、「和解」で中止したのは海上の埋め立て工事だけで、陸上は含まれていないと強弁することでした。しかし、琉球新報が報じているように海上と陸上は一体のものだという「工程表」があるため、そのようなこじつけ的な解釈の変更は通用しないことが分かりました。つまり、自分たちが行った政府説明と矛盾してしまうのです。平気で白を黒という政府ですが、王手、王手とやられたら、投了するしかありません。

全国動員の500名の機動隊の配備は、菅官房長官による直接指示であることは間違いありません。問題はなぜ「工藤会の壊滅作戦と同規模だ」と言われるような異常な弾圧体制を敷いたのかです。私としては、最大の狙いこそ「オール沖縄」の分断にあると考えています。その根拠は、行政=沖縄県の高江のオスプレイパッドに対する態度の立ちおくれです。それを弱点として住民のたたかいと行政の立ち遅れにクサビを打ち込むことで、両者の間に不調和オンや対立を作り出すことを狙ったものということです。テレビの全国ネットや本土紙が高江の事態をまったく報道していないことも、沖縄県と政府との対立として明確になっていないためです。

若羃膰c筝ゃ荅膩眼с

原発の再稼働をめぐって、島崎元規制委員長代理が一人で反乱を起こしました。毎日新聞の<特集ワイド>が詳しく書いています。これからはこういう人が次々と出てきます。一人の勇気が社会を変えていくような時代として始まっているのが、改憲過程というものです。



CML メーリングリストの案内