[CML 044270] 【報告】第1919日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2016年 7月 21日 (木) 06:51:49 JST


青柳行信です。7月21日。【転送・転載大歓迎】

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
       <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん

お疲れさまです。
川内原発を止めることが、現実味を帯びてきました。
とってもいいことです。
みんなで支援して 川内原発を止めましょう。

あんくるトム工房
川内原発を止めましょう  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3994
九電前のテントです。   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3993

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆浜岡へ30億円の「協力金」 いずこも同じ麻薬経済
 ☆トランプやアベノミクスといふ異変ジョーカー蔓延る世とはなりける
 ☆万里長城・鉄のカーテン・パレスチナ 今度はメキシコ有形可崩壊
 ☆権力を叩くかに見えた『文春』が仮面を脱いで鳥越スキャンダル
        (左門 2016・7・21−1455)
 ※原発立地の地元住民側の詳細な記録が立教大学共生社会研究
 センターに保管されていたのが公開されました。病巣摘出のカルテ。
 ※アメリカ・日本の民主主義の不徹底が産み出した二卵性双生児。
 巨泉さんが「愛国心」でなく「愛民心」と喝破した真意を取戻そう!
 ※そのウルトラ・ジョーカーが壁を築くという。初めから負けている。
 ※選挙戦終盤のスキャンダル戦は何かと思ったら、ナント!!!

★ 福岡市の福島久子 さんから:
 ☆怖いのは原発の方。熊よりも
 ※敦賀原発に熊が出るから、
 社員に気を付けるようにと注意を促したと言うが、
 原発の方がよっぽど怖いじゃないかと思った。

★ ギャー さんから:
 「覚悟は決めた人たちは」
まんまるお月さん/そこにいる
高江の森を照らしてる/みんなの顔を照らしてる
涙に曇る三日月も/怒りに燃える新月も
ほんとはやさしいまんまる笑顔/みんなの笑顔を照らしてる
辺野古の海を照らしてる/波間にゆらぐ光の子ども
ゆらゆら揺れて歌ってる/つないだ光の手のぬくもりが
みんなの希望になっている/あの日の悲しみはもう二度と
くり返しません/いりません
海に浮かぶ鉄の魚/空をおおう鉄の鳥たち
森を埋(うず)める鉄の虫たち/クイナたちが息をひそめ
恋の歌がうたえない/アカショウビンのキョロロロ〜が
オスプレイに切り裂かれる/覚悟は決めた人たちは
もう二度とは自決はしない/愛しいものたちを手にはかけない

★ 色平哲郎 さんから:
三反園氏、川内原発一時停止申し入れへ 「8月中にも」
朝日新聞 2016年7月20日

 鹿児島県知事選で初当選した三反園訓(みたぞの・さとし)氏(58)が19日、朝
日新聞のインタビューに応じ、8月中にも九州電力に川内原発(鹿児島県薩摩川内市)
の一時停止を要請する考えを明らかにした。熊本地震を受けた県民の不安に応えるため
、地震の影響や活断層の状況などについて再点検を求める。重大事故が起きた際の住民
の避難計画も専門家による委員会を設けて改めて検証するという。

 川内原発の一時停止は三反園氏の知事選での公約。インタビューで「熊本地震で県民
は不安を抱いている。九電も再点検して県民の思いに応えれば信頼を増す」と強調し、
「8月中にも申し入れたい」と述べた。川内1、2号機は10月以降、定期検査で止ま
る予定だが、それを待たずに要請することになる。

 知事に原発停止の法的権限はないが、鹿児島県は、九電との安全協定で原発に立ち入
り調査して必要な措置を求めることができる。

 川内原発の避難計画は県が主導して策定し、国が「具体的かつ合理的」として了承し
たが、避難ルートにある橋の多くで耐震性が不足するなど課題が残る。三反園氏は「避
難道路に行ってきたが、このままで避難できるかというと難しい面がある。早急の課題
だ」と語った。原発30キロ圏の医療機関や社会福祉施設などに国が求めている避難計
画作りの対象を県は10キロ圏に絞っているが、これについても「再検討、再検証すべ
きでは」と語った。

 公約では、原発問題を検討する有識者委員会の設置も掲げた。メンバーについては「
原発賛成、反対の両方の立場の人に入ってもらうのが大切」とし、他県の同様の委員会
を参考に人選を進める考えを示した。

 三反園氏は28日に知事に就任する。

     ◇

 三反園訓氏との一問一答は次の通り。

 ――脱原発知事という印象を持たれているが。

 原発に頼らない社会を作ると宣言している。それが脱原発。10年では難しいかもし
れないが、自然再生エネルギー県に変身させていきたい。川内原発があるからこそ、世
界に向けて変身した姿をアピールできる。

 ――川内原発の停止を申し入れるのか。

 熊本地震を受けて県民が不安を抱いている以上、いったん停止して再検証、再点検す
べきではないかと申し入れようと思っている。

 ――申し入れの時期は

 8月中にも申し入れたい。あまり遅くするわけにはいかない。

 ――川内原発の避難計画を見直す可能性はあるか。

 医療施設や介護施設の避難をどうするのか、重要な問題だと思っている。避難道路を
見たが、あのままで避難できるかというと難しい面もあると率直に感じた。再検討、再
検証すべきだという思いはある。

 ――検討委員会の設置については?

 新潟県などの事例を参考にしながら、どうすれば一番効果的な委員会になるか考えて
いきたい。賛成と反対の両方の立場の人を入れないといけないと思う。自分の意見を押
しつけるつもりはない。

 ――再生可能エネルギーへの転換について。

 自然再生エネルギーに変身すると雇用が生まれる。ドイツでもそうだった。若者の雇
用も生まれる。雇用が生まれれば生活もよくなる。そういう観点で考えていくべきだ。

★ 川柳のへらずぐち亭誤字脱字 さんから:
 【 ケーブルを覆うとケーブルの許容電流は低下する】
高浜原発のケーブルは難燃性ではないため交換するのではなく防火シートでくるむというのを知りました
これは危険です
電線に電流が流れると発熱します
電流に比例し、太さに反比例します
電線の許容電流とは発熱に対するものです
銅線の太さが倍になっても許容電流は倍にはなりません    
この熱は表面から周りの空気を暖めることである温度で平衡します
一般のケーブルは中心の銅線に絶縁のためのヒフクと、その上に傷防止のヒフクで二重になっています 
   (ビニールケーブルでは耐熱は60℃とされています)    
絶縁ビニールの上に傷防止のビニールがあると放熱が悪くなるため許容電流は下がります    
絶縁ビニールだけにくらべると70%に下がります    
ケーブルを選ぶ時はまず発熱温度でそのあと電圧降下とか耐薬品性等です     
この特性は超伝導以外は共通です
つまり何かを被せれば放熱が悪くなるため許容電流が下がるということです    
従って防火シートでくるむということは放熱が悪くなり許容電流がさがります
そこに今までと同じ電流が流れればケーブルは許容温度を超えて披服材が溶けだしショートする可能性が高まります
それほど必要以上に余裕あるケーブルを使っているとは思えません    フ
クイチとは違った、機器の電源喪失の可能性が大です?    

★ 宮崎・黒木 さんから:  
*再計算の判断保留=大飯原発の地震動―「説明不十分」事務方に苦言・規制委
時事通信 7月20日(水)12時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160720-00000062-jij-soci

*浜岡4号機 安全対策工期延長も 中電、20日地元に伝達
静岡新聞 2016/7/20 07:45
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/hamaoka/262120.html

*東電「完全凍結は困難」 第一原発凍土遮水壁 規制委会合で見解
福島民報 2016/07/20 09:15
http://www.minpo.jp/news/detail/2016072032937

*泊再稼働 札幌市民の意識調査 秋元市長指示、是非判断の参考に
北海道新聞 07/20 07:00
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0294860.html

*職員1割弱が不眠や依存症 原発事故の被災自治体
東京新聞 2016年7月20日 21時07分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016072001001780.html

*栃木のゴルフ場、風評被害認定 原発事故で東京地裁
 東京新聞 2016年7月20日21時08分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016072001001790.html

*もんじゅ「動かすことが前提」 馳文科相、廃炉を否定
朝日新聞デジタル 7月20日(水)23時56分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00000001-asahi-pol

*高江 6月の夜間騒音24倍、383回に 1日当たりも8倍
琉球新報 2016年7月20日 05:03 
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-319557.html

★ たんぽぽ舎 さんから:
紹介内容全体はこちらに⇒http://tinyurl.com/gux8ed2
【TMM:No2836】
2016年7月20日(水)地震と原発事故情報−4つの情報をお知らせします

1.記者:「不適切な式を適用した」
   田中原子力規制委員長:「それ以上答える必要はない」
   7月13日の原子力規制委員会記者会見から
      2016.7.15「国会正門前平和通信」より抜粋
2.鹿児島県に脱原発知事誕生
   政府や電力会社の原発再稼働路線に新たな「くさび」を打つ
   川内原発を止める!東洋経済誌による分析
      山崎久隆(たんぽぽ舎)
3.鳥越俊太郎東京都知事候補への要望
   副知事候補に宇都宮健児さん、古賀茂明さん、石田順一さんの
   三氏をお願いしてほしい
    槌田 敦 (たんばぼ勝手連、元理化学研究所研究員、
             前名城大学教授)
4.新聞より
  ◆帰っても再建遠く 福島・南相馬 避難指示解除
            (7月13日東京新聞朝刊28面より抜粋)

★ 安間 武(化学物質問題市民研究会)  さんから:
当研究会トピックス2016年7月20日 第523号で紹介した記事の一部です。
全ての記事は下記ページでご覧になれます。
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/topics/topics_master.html

---------------------
■ 集会・アクション
---------------------
◆ デモ抗議開催情報まとめ(戦争・安倍政治等)(@wiki)
http://www57.atwiki.jp/demoinfo/

◆ 日本全国デモ情報 (マガジン9)
http://www.magazine9.jp/demoinfo/

----------
■ 原発
----------
◆基準地震動評価、議論やり直し 大飯原発で規制委、計算精度に問題
(福井新聞 2016年7月20日)
http://www.kingtime.jp/contents/kotlp.html?gclid=COaswaa3gc4CFQuAvQod4McOhw

◆三反園氏、川内原発一時停止申し入れへ 「8月中にも」
(朝日新聞 2016年7月20日)
http://digital.asahi.com/articles/ASJ7M5D4LJ7MTIPE024.html?rm=388

◆福島原発汚染水 早急に処理、量減らし検討を東電に指示
(毎日新聞 2016年7月19日)
http://mainichi.jp/articles/20160720/k00/00m/040/083000c

◆泊原発 規制委基準満たしても「再稼働すべきでない」39%
(北海道新聞 2016年07月17日)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0294092.html

◆伊方原発 再稼働、来月に延期…3号機、ポンプで水漏れ
(毎日新聞 2016年07月17日)
http://mainichi.jp/articles/20160718/k00/00m/040/047000c

◆地震など原発の複合災害 避難時間最大3.6倍 道路影響試算
(佐賀新聞 2016年07月17日)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/334745

◆原発新基準から3年/「骨抜き」と「後退」が際立つ
(河北新報 2016年07月17日)
http://www.kahoku.co.jp/editorial/20160717_01.html

◆「大飯地震動 計算に不備」島崎氏会見
(東京新聞 2016年7月16日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201607/CK2016071602000135.html

◆第一原発廃炉プラン 「石棺」表現削除へ
(福島民報 2016年07月16日)
http://www.minpo.jp/news/detail/2016071632844

◆鹿児島県に脱原発知事が誕生したのは衝撃だ 三反園新知事は川内原発を止められるか
(東洋経済オンライン 2016年07月14日)
http://toyokeizai.net/articles/-/127199

----------
■ 沖縄
----------
◆主張:沖縄新基地建設 政府の強行姿勢に大義はない
(しんぶん赤旗 2016年7月20日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-20/2016072001_05_1.html

◆【沖縄・高江発】 機動隊500人投入 明日にも反対派を強制排除か
(田中龍作ジャーナル 2016年7月19日)
http://tanakaryusaku.jp/2016/07/00014051

◆高江の機動隊投入 「暴力団壊滅と同規模」 自民議席失い、政府強行
(琉球新報 2016年7月18日)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-318645.html

◆沖縄基地 安倍政権 もはや独裁 民意も司法も無視 高江ヘリパッド22日にも建設着工
(しんぶん赤旗 2016年7月18日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-18/2016071801_03_1.html

◆翁長知事、馬毛島視察し会見 「可能性あるものは見る」
(琉球新報 2016年7月18日)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-318802.html

◆【見せしめ】島尻担当相落選で政府が沖縄を経済制裁? 28年度振興予算「案件によっては予算執行を見送る可能性がある」(政府高官)
(健康になるためのブログ 2016年7月17日)
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/19492

★ 田中徹二(グローバル連帯税フォーラム(g-tax)事務局) さんから:
7月18日(月)BSフジ「プライムニュース」で『資本主義“最終局面” 脱成長依存と社会の形 格差社会是正の解とは』とのテーマで、水野和夫・法政大学法学部教授と井手英
策・慶應義塾大学経済学部教授が出演し、主に政府の(経済)成長戦略をどう捉えるか、成長「依存」社会からの脱出の現実性について、などが議論されました(資本主義“最終局
面”と格差社会是正はあまり話されず)。たいへん興味深く、目からウロコものでした。
  *動画: http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d160718_0.html 

水野教授の「より遅く、より近く」という脱・成長論はベストセラーの書『資本主義の終焉と歴史の危機』(集英社新書)以来おなじみですが、井手教授の「脱・成長依存社会」論
は水野理論を現実の日本の税財政の在り様から解き明かしているように思えました。何点か紹介します。

・日本人に「老後に不安を感ずるか」と問うと9割が「不安」と答え、「貯蓄を何故行うのか」と問うと「老後の備え」と「病気への備え」が圧倒的に多い。明確なのは人々の望みは
「将来不安をどう払いのけてくれるのか」ということに尽きる。

・なぜかくも日本(&私たち)は成長・成長と言うのかというと、(戦後以来)日本人はまず成長をし、所得を増やし、それを貯蓄に回し、将来不安に「自分で」備えるという社会
を作ってしまったから。つまり、「成長しないと(自分と家族が)人間らしく生きていけない社会」となってしまったから。

・実際、成長が止まったとたん貯蓄ができなくなり、現在家計では貯蓄率がゼロ近辺にまで落ち込んでいる。するとたちまち老後や介護、子育て、病気への備えがなくなる。これは
成長の危機がダイレクトに生活危機に結び付く社会でもある。

・私たちは「成長しないと生きていけない社会の変革」が求められている。それは自分で(自分と家族のために)貯蓄をするのではなく、社会全体に貯蓄するというイメージを持ち
合わせることが必要。つまり、税を通じて社会全般にお金を蓄えるという考え方だ。そうすると大学はタダになり、介護・育児・医療費等の負担がきわめて軽くなる。例え(成長減
で)所得が減ってもとりあえず人間らしく生きていける。

・とくに、幼稚園・保育園の教育水準を高めることが重要で、そうなれば子どもたちは優秀な労働者になるし、(皆幼稚園・保育園制度になれば)能力のある女性たちが働きに出る
ことができ、同時に彼女らは納税者となって税収を増やす。これらのことはOECDやIMFのレポートでとみに語られるようになってきた。子どもの教育への投資は、結果的に成長を高め
ていく。

・(政策としては)人々が欲しがっているものをきちんと打ち出さないと、税金を払ってもよいという気持ちに納税者はいつまでたってもならない。出すものは出し、取るものは取
るというようになってもらうことが必要だ。

●昨日(19日)の日経新聞夕刊の「十字路」というコラムの中で、三菱商事の武居さんもほぼ井手教授と同じような内容のものを書いています。以下、要約します。

・ある調査で、20代の59%が将来の生活に不安がある、と回答。日本社会にまん延する、この不安感は何か。問題は社会保障、特に年金でその信頼感が大きく損なわれており、消費
が伸びない理由でもある。

・北欧諸国の人々にとって、税金は高いが税は貯蓄であり、将来に安心感をもたらし、健全な消費に繋がっている。

・(日本では)「成長を追い求め、成果を積み上げてきたつもりだったが、気づけば、頼れるものがごくわずかしか残っていない――これほど不安な社会はない」。信頼できるシス
テムを早急に設計し見直すべき。

★ 深水 登志子(Stop! 沖縄新基地建設・福岡) さんから:  
沖縄・高江に機動隊を派遣した福岡県警本部への抗議行動が決まりました。

7月22日(金) 16時〜17時
@福岡県警本部(県庁東隣)南側(東公園・吉塚駅側)
※福岡合同労組の宣伝カーを目印にお集まり下さい。

高江でのヘリパッド建設を強行するため、本土から機動隊員500人が投入されると報じられ、第一陣として高江に入った福岡県警機動隊員は、県道で法的根拠のない交通検問をおこな
い、座り込みに向かう車を片っ端から停車させて名前や住所を聞き出そうとするなど、座り込み行動に対する威圧・妨害行為をおこなっています。
今日明日にも強制排除がおこなわれるのではないかと懸念されています。

「福岡県警は機動隊を撤収させよ」
「私たちの税金で沖縄の人たちに暴力をふるうな」

一人でも多くの方の御参加をお願いします。

最後に、沖縄在住の芥川賞作家、目取真俊さんのブログを紹介します。

「沖縄の歴史や軍事基地に苦しめられている現実をどれだけ知っているのか。福岡の空に米軍ヘリやオスプレイは飛んでいるのか。福岡の道路を我が物顔で米軍車両が走っているの
か。自分の目で見た沖縄の現実を、自分の頭で考えてほしい。沖縄に米軍基地を押しつけて恥ずかしくないのか。」

「福岡からやってきて、これ以上沖縄県民を苦しめることはやめてもらいたい。自分たちは沖縄から福岡に戻れば何の被害もなく生活できるだろう。しかし、沖縄県民はずっと基地
被害に苦しめられる。仕事だから…、と言い訳や自己弁明してはすまされないのだ。」

ご一読ください。

沖縄県民弾圧のためにやってきた福岡県警の面々よ、すぐに沖縄から出ていけ!
http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/8fde81bbfa68c0da9b596f80285e9289

     −−−−集会等のお知らせ−−−−−−

● 市民連合ふくおか 「市民憲法講座」●  
           「憲法について語りあおう」
第1回目: 6/29報告 http://tinyurl.com/jdnn5bl
第2回目: 7月28日(木)18:30〜
・発題者: 出水 薫(九州大学大学院法学研究院教員)
・テーマー 「今、憲法の基本を考えなおす」
   現役の大学生2人と、鼎談(ていだん)方式で語り合います。
 案内チラシ http://tinyurl.com/h783wks

場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
  福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
   地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
       連絡先: 080-6420-6211(青柳)

● 市民連合ふくおか ミーテイング(7月例会)● 
7月25日(月)18:30〜
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jowu56v

●「さよなら原発!福岡」例会●
7月27日(水)18:30〜 
ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
チラシ http://tinyurl.com/jkubydv

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  
新しくするひろばテントのぼり旗のデザインB案
http://tinyurl.com/z99cyke

ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
☆活動・報告メルマガへのカンパを受け付けていますので、
よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡  口座番号 01770−5−71599 
 
● 川内原発を止めよう! 
  生命と故郷を死滅する 再稼働を許さない!!
「川内原発設置変更許可処分取消訴訟」●
     (川内原発異議申立て行政訴訟)
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/archives/16-06-10/
第一回口頭弁論 8月10日(水)午後3時30分 福岡地裁301号大法廷
  福岡地方裁判所 福岡市中央区城内1−1(地下鉄・赤坂から徒歩5分)
  地図: http://tinyurl.com/n9mzhky
下記、脱原発弁護団全国連絡会のサイトの訴訟一覧 43番目に掲載されています。 
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/list/
         連絡先: 080-6420-6211(青柳)
案内チラシ http://tinyurl.com/hj76zks

●梅田裁判の控訴審第一回期日 福岡高裁●
11月7日(月曜)午後2時〜501号大法廷予定。
梅田裁判支える会ニュースレター第16号
「判決特集号 控訴審に向けて」http://tinyurl.com/j3menqo
         原子力資料情報室寄稿 http://tinyurl.com/gwa62ej
連絡先: 080-6420-6211(青柳)

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●九州玄海訴訟●原告総数 10169 (4/14日現在)
第18回期日 9月 9日(金)
第19回期日11月18日(金)
http://no-genpatsu.main.jp/

●原発メーカー訴訟●
http://www.nonukes-maker.com/

●「原発なくそう!九州川内訴訟」●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆     
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
     場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
       ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内