[CML 044250] 高嶋伸欣先生から FW: [tokyouiwouttaerukai:0752] ジャーナリスト鳥越俊太郎さんへの公約私的提案

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2016年 7月 18日 (月) 23:01:49 JST


皆さま
 こんばんは。増田です。とても重要な提案だと思いますので、転送します。すでに、受信された方にはご容赦を!

***************** 
皆さま    高嶋伸欣です
 
「究極の後出しジャンケン」で野党統一候補になった鳥越さんは、公約に
ついても「走りながら考えた」そうですが、HPの「公約」を見た限りでは
漠然とし、抽象的なのが気になります。
 
 何よりも、鳥越色が薄いように思えます。
 
 鳥越さんの最大のアピールポイントは、「ジャーナリストだ!」ですよね。
 
 ジャーナリストの経験と都政をどう結び付けて、公約に具体化するか?
 
 そこで、以下の私的提案をしたい。
 
 ジャーナリズムはマスコミ、ネットなどだけではない!「学校教育」が「第2の
ジャーナリズム!」です。これが私(高嶋)の持論です。
 
 戦前は、「学校教育」とマスコミの二つのジャーナリズムが権力に支配されたこ
とで、日本中が軍国主義一色にマインドコントロールされ、無謀な戦争に日本中が
引きずり込まれました。
 
 その反省にたって戦後の民主主義社会は築かれてきたはずですが、いまやマスコ
ミは安倍政権によって主体性を脅かされ、改憲の危険性を声高には言いにくい状況
です。
 
 一方の学校教育は、99.9%の就学率の下、主権在民社会であることを日本の隅々
の学校で戦後世代に認識させ、権力の暴走を許さない社会の基礎を築いてきました。
 
 けれどもその民主的な学校教育も「マインドコントロール効果」を知る自民党タ
カ派文教族などによる長年の政治的切り崩しによって、危険な状況になっています。
 
 特に、第一次安倍政権によって教育基本法が全面改定され「愛国心の育成」が目
標に明記されてから、学習指導要領や教科書記述を通じての「愛国心」強要が顕著
になってきています。
 
 その代表的な事例が、卒業式・入学式での「日の丸・君が代」への有無をいわせ
ぬ強要です。
 
 そしてその「日の丸・君が代」強要で全国の先頭に立っているのが東京都教育委
員会です。石原都政以来の都教委による「日の丸・君が代」強要で、東京では数百
人(具体的人数は?)の教員が処分されています。
 
 東京中の公立学校では、卒業式や入学式が近づくと、教員から笑顔が消え、精神
科に通院する教員が増えているのです。
 
 東京の教員採用試験は全国にまで働きかけないと応募者が集まりにくいほど、敬
遠されるようになって久しいのです。
 
 東京の教育、「第2のジャーナリズム」がこのままでいいのでしょうか?
 
 今こそジャーナリスト鳥越俊太郎の出番ではありませんか?
 
 しかも、絶好のアピール項目があるのです! それは、都教委がオリンピックにか
こつけて「日の丸・君が代」に関するウソの記述をした教材『オリンピック・パラリ
ンピック学習読本』数十万冊を全都の学校の児童・生徒66万4千人に送りつけ、IOC
憲章違反の教育を実施させているという問題です。
 
アピール・1)
     都教委による教材『オリンピック読本』にはウソが書かれている! 
      IOC憲章は1980年に改正され、「日の丸・君が代」はあくまでも「選
   手団の旗・曲」とされ、それまでの「国旗・国歌」としていた規定はオリンピ
   ック精神に反するという確認がされています。
    従って、大半の選手団がそれぞれの国旗や国歌とほぼ同じものを組織委員会
   に登録した上で使用していても、それらはオリンピックの場ではあくまでも
   「選手団の旗・曲」にすぎません。
    しかし、都教委作成の上記『読本』には「開会式で選手たちが自国の国旗を
   先頭に行進します。表彰式では、優勝した選手の国の国旗をかかげ、国歌を演
   奏します」と本文に明記しています(「小学校編、64p)。
    さらに表彰式の写真説明でも「国歌とともに国旗がけいようされる。~表彰
   式の国旗けいようでは、国歌が流されます」と繰り返し記述しています。
    これらは、一般の人々が気づいていないのをいいことに、明らかにIOC憲章
   違反、オリンピックの基本精神を歪め、ウソの知識を児童・生徒に植え付ける
   ことで、「国旗・国歌」を強調し、誤った「愛国心」を植え付けるのに、オリ
   ンピックを利用しようとするものです。
 
アピール・2)
       東京オリンピックはオリンピックの原点を確認する好機! 
      こうしたウソの教育を公権力が強要したのが、戦前の神話に基づいた歴
   史教育や「軍神」を強調した忠君愛国の軍国主義教育でした。その再現が、今
   このように都教委によって、東京で進行中なのです。
    オリンピックの基本精神を汚す教育を強要しているこれまでの東京都に、こ
   のままオリンピックの開催を任せていいのでしょうか?
    もう一度、東京でオリンピックを開催する意味を問い直す必要がありません
   か? と問いかける役割は、ジャーナリズムの役割ではないでしょうか。
 
アピール・3)
      『オリンピック読本』の使用強要は憲法違反の人権侵害行為! 
      ところで、実はすでに最高裁判所大法廷の判決で、こうした教育は憲法
   違反であるという判決が出ているのです。ただし、時期はずっと以前の1976年
   5月21日です。「旭川学力テスト事件」の大法廷判決です。政府・国家が教育
   内容にどこまで介入しても良いのかが争点の裁判でした。判決は大綱的な内容
   まであれば国が最低基準を決めても良いしました。
    けれども「例えば、誤った知識や一方的な観念を子どもに植え付けるような
   内容の教育を施すことを強制するようなことは、憲法26条、13条の規定上から
   も許されない」と、同判決では公権力の暴走にくぎを刺しているのです。
    上記の『読本』の記述は明らかに「誤った知識や観念を子どもに植え付ける」
   もので、都教委は『読本』を通じて、そうした誤った「教育を施すことを」学
   校現場に「強制」していることになります。
    大法廷判決違反、憲法違反の東京都教育委員会の教育行政をこのまま放置し
   ておいていいのでしょうか?
 
アピール・4)
    東京からオリンピックでの「日の丸・君が代」の正しい意味を伝える!
     オリンピックでの「日の丸・君が代」が「国旗・国歌」ではないというこ
   とは、まだまだ一般の人々にはあまり知られていません。それはマスコミの多
   くが、オリンピック関連報道で相変わらず「国旗・国歌」と報道しているため
   でもあります。
    7月3日の日本選手団の壮行会で森善郎会長が「国歌を歌えない選手は日本
   代表ではない」と批判した件の記事でも、「国歌ではなく選手団の歌・君が代
   だ」とすかさず指摘した記事は皆無でした(『東京新聞』が数日後に詳しく指
   摘しています)。
    従って、そうしたマスコミなどによって醸成された社会状況に便乗して都教
   委はウソの教育を強要できる、と判断した可能性があります。
    そうであればなおさら、ジャーナリスト鳥越俊太郎氏の出番ではないでしょ
   うか?
    マスコミ、ジャーナリズムにも協力を求め、今こそ正しいオリンピック精神
   の確認・確立と「日の丸・君が代」の誤った認識を是正する好機にしたいもの
   です。
    東京オリンピックはウソのない、オリンピックの基本精神に基づいたものだ
   と、世界に胸を張って言えるものにできるかどうかです。
 
アピール・5)
      ビートたけし氏に東京オリンピック開会式のプロデューサーを!
    東京オリンピックの開会式の6年前に当たる2014年7月23日の『日刊スポ
    ーツ』が第1面すべてを使って、ビートたけし氏の東京オリンピックへの熱
    い思いを紹介しています。
     「日本を取り巻く国際情勢を踏まえ、国威アピールではなく、アジア一
    丸の祭典を目指す」とし、「国旗も国歌も必要ない」「五輪のテーマソン
    グでも作って、歌えばいいんだ」「五輪はあくまで選手の戦い。国境の意
    識を薄くする」「東京五輪て言うけどさ、東京には韓国人も中国人もいる
    んだぜ。開会式なんかは、彼らも巻き込んだアジア文化のオープニングを
    やるべきじゃねえかな」などと。
     そして、「昨年(2013年)春、首相官邸で行われた懇談会で安倍晋三
    首相に言った。『日本はアジアで孤立している。(アジアから)第2次世
    界大戦の時の帝国主義みたいなことを言われる』」とも紹介されています。
     安倍首相に面と向かってこのように言い切ったビートたけし氏に開会式
    のプロデュースをゆだねる! これを公約に掲げませんか?

アピール・6)
     このままでは、東京都は天文学的賠償金を支払うことになる! 
      ところで、上記3)にあるように、誤った記述のある『読本』による教
   育は、憲法26条(教育を受ける権利、教育の義務)と13条(個人の尊重・幸
   福追求権・公共の福祉)に違反するとされています。
    『読本』による教育はすでに、東京都内の国公立及び私立の小(4年生上)
   ・中・高校の児童・生徒に対して実行されています。
    ということは、すでに憲法26条・13条違反の人権侵害行為が全都の学校
   (2168校)の小学校4年以上の663996人児童・生徒(都教委発表による)
   に対して実行されていることになります。
    これに対しては当然人権救済措置が至急にされるべきです。児童・生徒本人
   と保護者は法務省や弁護士会などに人権救済の申し立てをすることが必要でし
   ょう。東京都の弁護士会も行動を起こすべきです。
    そうした行動の提起を、鳥越さんが知事選挙の場を通じて広く呼び掛けては
   いかがでしょうか?
    マスコミにも協力を呼びかけるのはいかがですか?
 
    ちなみに、裁判所などがこの件での人権侵害を認めて、都教委に慰謝料の
   支払いを命じた場合、対象の児童・生徒数が66万4千人ですから、一人当たり
   10万円としても東京都の負担総額は664億円です。都教委は責任を負えるの
   でしょうか。舛添・都知事による高額な海外出張旅費問題の比ではありません。
    この問題をいち早く都民に広く知らせ、善後策についての取り組みを公約に
   掲げるなどした候補が都知事に当選すれば、裁判所による補償額の算定で考慮
   される可能性があります。
    まずは、メンツにこだわる必要のない人物が都知事に就任することで、少し
   でも早く児童・生徒に正しい内容の資料が届くようにしましょう。
 
アピール・7)
     『読本』の回収と再発行の費用も高額の支出のはずです。
    人権侵害に対する賠償金ほどではないでしょうが、『読本』や付随した教員
   用の資料などは、当然のことながら回収して、資源ごみ扱いにされるはずです。
   その上で、『読本』の再発行となります。
    これらの不必要であったはずの公費の出費についても、都教委への責任追及
   が必要です。
 
アピール・8)
     都教委の公金問題は、まだあります。教育委員が会議のたびにハイヤーを
   使用しているという無駄な支出「冗費」問題です。
    都教委は、教育委員が集まる教育委員会議(定例と臨時が平均して月に1か
   いずつ、計2回)の開催を、数日前に議題などとともにHPで公表しています。
   これは、全国で実行されていることです。
    ところで、石原都政以来、都教委は「日の丸・君が代」の強制を強引に進め
   てきました。将棋の米長邦雄氏が教育委員だった2004年秋の園遊会で、天皇に
   「日本中の学校において国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でござ
   います」と自慢げに語り、天皇から逆に「やはり強制になるということでない
   ことが望ましいですね」とくぎを刺されるという「事件」も起こしています。
    こうした当然の強い批判が起きていたなか、教育委員は会議出席の際には都
   庁の公用車での送り迎えを受けていました。
    それが庁費節減による公用車使用制限によて不可能となると、教育委員会の
   お手盛りで、雇いあげ車(ハイヤー)使用による送迎実施の規定が策定されて
   いたのです(2007年4月11日、策定、即日実施)。
    理由は、1 委員会の開催日時が公表されている。 2 そのため鉄道やバス
   を使用すると、往復の途中で都教委に批判的な人物に襲われるなど不測の事態
   の発生が予測される というものです。
    こうして今日まで教育委員の送迎にハイヤーの使用が繰り返されています。
   その結果、現委員長のK氏の場合、東京都西部の自宅からタクシーでも15610円
   (往復でも31220円)ですむところ(電車とタクシーの組み合わせであればも
   っと安く済む)を、ハイヤー81860円(送迎の往復分)を出費させていることが、
   最近に情報開示請求で判明しました。
    教育委員は、タクシー利用の場合も都庁地下の出入り口を使用するので、一般
   の人に、その出入りを見られることはありません。途中で襲われるかもしれない
   などとはこじつけの理由以外の何物でもありません。
    足かけ10年間のこうした冗費の総額はいったい幾らになるのでしょうか?
    都庁の内部監査は、規則違反の支出がないかをチェックするだけなので、上記
   2007年のお手盛り規則に反していない限りは、この件を問題にできません。
    これはやはり、しかるべ人が都知事になって都教委に対する監督権限を行使し
   なければ、実態の解明も困難ではないでしょうか。
      *この件での住民裁判の第1回法廷が、8月2日10:00~、東京地裁、606
       法廷で開かれます。
 
アポール・9)
    「日の丸・君が代」裁判で11連敗の都教委の裁判費用は「冗費」!
     知事の権限行使を!
    都教委は「日の丸・君が代」裁判で連敗に継ぐ連敗です。この間の裁判費用も
  すべて税金から支出しているはずですが、その額は相当なものになっていると予想
  できます。
   また、つい最近には、処分を不当とする判決が最高裁で確定して、賠償金の支払
  いもされています。それらの財源はすべて都民の税金です。東京都の財政に損害を
  与えた責任を追及することも必要です。
   教育委員会制度の改編で、知事など首長が教育委員会の教育行政の責任を問われ
  ることになったのと同時に、教育委員会に介入できることになっています。不公正
  ・不正な行為に対しては知事の権限行使が可能ですし、期待されています。
 
アピール・10)
    教員に笑顔が戻れば子供も笑顔になり、いじめは減る!
   東京の学校を暗くし、教員からいじめ問題に取り組む意欲を奪っているのは、教
   員自身をいじめている「日の丸・君が代」の強制です。教員に笑顔が戻り、心に
   余裕が生まれれば、児童・生徒のストレスを見ぬいて素早い対応がされ、いじめ
   の多くが事前に解消できるはずです。
    子どもたちが、毎朝、明るい声で元気に学校へ出かけていくのを見て、大人も
   元気付けられる街、それが東京の誇れる姿だといえる社会の実現をめざす。
    そのような都知事の出現を心から願っています。
 
      ・都教委関連の問題、特にオリンピックには利権がらみの大きな問題が
       あって、それは都議会の保守勢力と深く関わっているはずですから、
       その点からの改善をアピールすることも効果的と思われますが、長く
       なるので、とりあえず私の提案はここまでとします。
 
       どこか活用できるところがありましたらご自由に使って下さい。
 
       *18日夜の日本教育会館での集会に参加したかったのですが、沖縄での
       用事でうごけませんので、メールに託すことにしました。
 
       *選対のどこに働きかければよいのかも分かりませんので、お分かりの方
       に宜しくお願いいたします。
 
       *『オリンピック読本』については、近日中に監査請求と住民訴訟の準
       備を始めます。
                      転載・拡散は自由です
    

Subject: [net21 24022] 「鳥越俊太郎さんを応援する市民センター」発足集会
Date: Sun, 17 Jul 2016 13:18:58 +0900




。
転送です。
重複された方はご容赦ください。
 
 
-----------------------------------------------
「鳥越俊太郎さんを応援する市民センター」発足集会
  (鳥越俊太郎個人演説会)
-----------------------------------------------
7月18日(月休)18:30開場 19:00~
会場:日本教育会館 http://www.jec.or.jp/koutuu/​

   

日本教育会館地図
www.jec.or.jp





日本教育会館 - HOME
www.jec.or.jp
一般財団法人への移行に伴う名称変更のご案内 この度の公益法人制度改革に伴い、財団法人日本教育会館は、2013年4月1日 ...


【お願い】 当ホームページの地図をご利用される場合は (一財)日本教育会館オフィシャルホームページの交通案内地図     ​


 
主なプログラム
1 「鳥越俊太郎さんを応援する市民センター」発足の経過報告
2 推薦4野党代表のあいさつ
3 鳥越俊太郎さんの決意表明 
4 ゲストによる応援演説
  保坂展人・世田谷区長ら鳥越さんを支援する自治体首長
  山口二郎さん、佐高信さん、鎌田慧さん、澤地久枝さんら
5 参加団体からの活動報告
6 市民センターからの具体的な活動提起
 
◆サイト  http://www.torigoe-support.tokyo/
◆Facebook https://www.facebook.com/torigoesupport/
◆twitter  https://twitter.com/torigoe_support
 
会場へのアクセス:(最寄駅のご案内)
電車 ● 地下鉄都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分
● 地下鉄都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分
● 東京メトロ東西線竹橋駅(北の丸公園側出口)下車徒歩5分
● 東京メトロ東西線九段下駅(6番出口)下車徒歩7分
● JR総武線水道橋駅(西口出口)下車徒歩15分
(乗換案内)
電車 ● 東京駅からお越しの場合 東京メトロ丸ノ内線東京駅乗車、大手町で半蔵門線に乗換 神保町下車
● 羽田空港からお越しの場合 京急羽田空港乗車、都営浅草線三田駅で都営三田線乗車 神保町下車              



CML メーリングリストの案内