[CML 044239] 【報告】第1916日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2016年 7月 18日 (月) 07:37:54 JST


青柳行信です。7月18日。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第1916目報告☆
        呼びかけ人賛同者7月17日合計4189名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
       
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
       <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん

中東や ヨーロッパは 大揺れですね。
武力に訴える方法は もう 止めにしてほしいものです。
それには 武器を売らないのが 一番です。
外交努力で 問題の解決にあたるようにしてほしいですね。
17日は 市民劇場の演劇を見に行きました。
舞台になったのは日本の中小企業です。町工場。
私が以前、携わっていた仕事が まさにこれでした。
品質とコスト、納期に追っかけられていました。
日本の中小企業を大事にする政治に変えたいものです。
あんくるトム工房
フランス、トルコ、スーダン http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3990
市民劇場 観劇     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/3989

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆量的には辛うじて「勝った」改憲派 福島・沖縄等で質的敗北
         (左門 2016・7・18−1452)
 ※「そのような圧力にもかかわらず、東北での野党共闘の圧勝
 と福島、沖縄という重要な選挙区で現職大臣が落選したという
 事実は重いと思います」(内田樹氏、神戸女学院大学名誉教授、
 赤旗17日)。「この枠組みを都知事選でも効果的に発動できれ
 ば、安倍政権の暴走を食い止めることができます」(同)!!!

★ 福岡市の福島久子 さんから:
 ☆三反園さん原発停止はまだかいな
  ※鹿児島県知事に当選してから、もう一週間か、まだ一週間か。
 良いブレーンを持って良い政治をして下さいな。

★ 神奈川菅原 さんから:
昨日の昼、関東で、地震がありました。
私の利用している地下鉄は、自動的に揺れを検知して、
全線、一旦、止まったそうです。震度4位なら止まるようです。
人命優先の対応だと、思いました。
地震があっても、止められないという、原発は、いったい何を優先しているのでしょう?

いったん起きてしまったら、ちょっとやそっとじゃ、止められないもの。
原発事故の放射能汚染 戦争の報復の連鎖
原発を持たない
軍隊を持たない
英知  

★ 伊方の家・八木 さんから:
昨日、四電は1次冷却水ポンプの水漏れ事故のため、部品交換のため8月以降へのの再稼働延期を発表した。

伊方原発トラブルで再稼動遅れ
 07月17日 18時47分  ↓ 映像見れます
 http://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20160717/4090411.html

あれだけ規制委が審査を繰り返した上での事故であり、使用前検査もしている中での事故である。長期間停止していた原発はどんな不具合が生じるかわかったものではない。こうし
て伊方3号機の不安と危険性は倍加されている。
再稼働延期を再稼働断念へと追撃しよう!中央構造線や南海トラフの地震が迫る中、こんな不安を抱えた原発を動かすことは絶対にやめるべきだ。きっぱりと再稼働を断念すべきで
ある。
7・24全国集会の位置はいよいよ重要なものとなった。あくまで再稼働を阻止し、再稼働断念へと追い込んでいくそういう大きな烽火を上げよう。
そして25日は伊方町内行動とゲート前座り込みでもって、8月再稼働阻止への意志を固めよう。そしてそこから8月再稼働阻止行動の準備を全開にしよう。

○伊方現地行動案内
 『みんなでとめよう伊方原発7.24全国集会』
 期日:7月24日(日)13時30分開始
 集会場所:伊方ビジターハウス前(道の駅きらら館付近)
 抗議行動:伊方原発ゲート前(15時頃から)
 主催:伊方原発再稼働阻止実行委員会
 よびかけ:伊方原発反対八西連絡協議会/八幡浜・原発から子供を守る女の会

★ 黒木 さんから:  
*<伊方原発>再稼働、来月に延期…3号機、ポンプで水漏れ
毎日新聞 7月17日(日)20時39分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160717-00000055-mai-soci

*原子力規制委に地震動の専門家がいない! 
東洋経済オンライン 7月17日(日)6時0分配信 
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160717-00127729-toyo-bus_all

*「日本に原発適地ない」 中央構造線の危険強調 伊方原発 
大分合同新聞 2016年7月17日
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/07/17/005425524

*泊原発規制委基準満たしても「再稼働すべきでない」39% 全道世論調査
北海道新聞 07/17 08:00
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0294092.html

*道路機能低下時の車移動 全国15原発で複合災害想定
東京新聞 2016年7月17日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201607/CK2016071702000108.html

*原発新基準から3年/「骨抜き」と「後退」が際立つ
河北新報 社説 2016年07月17日日曜日
http://www.kahoku.co.jp/editorial/20160717_01.html

*木村草太の憲法の新手(36)「安倍首相ラジオ事件」 出演拒否、情報の多様性失う
沖縄タイムス 2016年7月17日 10:01
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=178775

*<米軍土壌汚染調査>日本負担9.7億円 地位協定の不合理ここにも
沖縄タイムス 2016年7月17日 07:55
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=178779

*<参院選東北>野党共闘 相乗効果あり
 河北新報 2016年07月17日日曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160717_71018.html

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<福島第一原発の過酷事故発生直前の原子力安全基盤機構の過酷事故対策報告>

福島第一原発の過酷事故の発生後の各種事故調査委員会の報告書では、「原発の過酷事故発生による住民被曝防止や陸海の放射性物質の大量汚染防止に一番大きな責任を持っていた
原子力安全・保安院が、原発の過酷事故の発生防止対策やそれが起きた時の緩和対策の規制を不十分にしか行っていなく、又2011年3月11日に福島第一原発に過酷事故が発生
しても、ほとんど防災体制が機能しなかった。」とたくさん報告されています。一方、原発の過酷事故の発生防止対策やそれが起きた時の緩和対策は原子力安全基盤機構(JNES)の
ほうがはるかに、深く検討してきたようです。そして、原子力安全基盤機構が、福島事故の直前の2010年10月に、過酷事故対策の検討についてまとめた報告書類を提出してい
ます。
「平成21年度 原子炉施設のアクシデントマネージメントに係わる知識ベースの整備に関する報告書=環境への影響緩和=」
https://www.nsr.go.jp/archive/jnes/content/000017301.pdf

この報告書類が原子力安全基盤機構(JNES)の福島事故直前の原発の過酷事故についての、環境への影響緩和の知見です。
 日本の原子力発電所への過酷事故対策は、平成11年9月の株式会社ジェーシーオーにおける国内初の臨界事故の発生の衝撃から、熱心に検討されるようになりました。
 原子力安全基盤機構は「環境への影響緩和問題の内、現時点で知見が不足している格納容器床上のデブリ冷却に関しては国際的なOECD−MCCIのフェイズ?計画に参画し、解
析コードの改良を行っています。そして、OECD−MASCA計画の試験結果を反映し実炉評価方法を検討しています。」と報告しています。

 原子力安全基盤機構はMCCI(溶融炉心・コンクリート反応)の解析コードはCOCOコードを使用しています。
 OECD−MASCA計画はMCCI防止対策として、沸騰水型原子炉のペデスタルに落下してコンクリート壁内に溜まった溶融炉心に上部より冷却水を散布して、冷却する方法
を基本としています。この方法は、溶けた溶融炉心の周りに軽石のようなクレストができて、熱伝導率の小さいクレストにより、伝熱性能が悪く成って溶融炉心の冷却が国難にな
り、MCCI防止ができない事が実験で分かってきました。しかし、クレストが破壊されて、冷却が進むことがあり、COCOコードにクレスト破壊のモデルを追加すると、実験結
果とCOCOコードによる計算結果が良く一致するそうです。しかし、このモデルでもかなりMCCIが進むので、ペデスタルのコンクリート壁内部に水冷ノズルを設置し、この水
でコンクリートの冷却を行うと、MCCIの防止がかなりできそうな事が分かったようです。

 しかし、CCIの試験装置のコンクリートの外側はMgO(マグネシア)煉瓦が使用されていますが、MgO煉瓦と溶融炉心とでは、殆どMCCIは起こらないようです。
 MgO(マグネシア)の融点は、2,852°Cで、MgO煉瓦は黒鉛に次いで、溶融炉心との反応が起こりにくいので、試験装置に使用されたと推定されます。
 ただ、MgO煉瓦は水蒸気と反応しやすく、何年間も空気中で保持されると、空気中の水蒸気と反応し、スレーキング(消化)を起こし、煉瓦がボロボロになる場合があります。
ZrO2(ジルコニア)煉瓦やZrO2(ジルコニア)コンクリートはMgO煉瓦に比べると、少し融点も低く、溶融炉心との反応にも少し弱い点はありますが、MCCI防止対策は
十分に行えそうです。しかし、ZrO2(ジルコニア)煉瓦やZrO2(ジルコニア)コンクリートはMgO煉瓦に比べると10倍位高価です。生コンクリートに比べると比重差も大
きく400倍位は高価と思われます。
 そして、コアーキャッチヤに良く使用されています。
OECD−MCCIのフェイズ?計画や原子力安全基盤機構(JNES)のMCCI防止対策はこのような方法で検討が進められていました。
 加圧水型原発グループの4電力会社や沸騰水型原発グループの4電力会社が突然持ち出した、キャビティやペデスタルに大量の水を貯水して、溶融炉心を冷却し、MCCI対策を
行うような、危険な方法はOECD−MCCIのフェイズ?計画や原子力安全基盤機構(JNES)のMCCI防止対策には全くありません。原子力安全・保安院が解散され、原子力規制
庁に衣替えした当初に検討していた方法なので、こんな杜撰(ずさん)な方法でも認められたように思われます。

★ 細井・ティヴィーシャワリン さんから:
大変慶ばしく、徹底的に見直し検査追及させ、各裁判決定や川内原発停止入まで再稼働阻止し続けたいものですね。
  昨日の【第9回大間原発反対現地集会】です。
あいにくの雨でしたが、450人が集まり、
パレード直前から
ケータイも濡れて、撮影が完全にオチてしまいましたが、
子どもやお年寄りなど、多くの町民が沿道や、窓や玄関から出てきて、手を振って応えてくれ、
天気も好転(但し夕方から再び降ってきました)。
ゴール地点では、晴れた大空へ向け、バルーンリリースが行われました。
これは言うまでもなく、
万が一にも、大間原発を建設、稼働し、事故った時、同じ風だったら
放射能は少なくとも何処までどう飛ぶか、可視化しようというもので、
放射能よりずっと無害で、自然に分解するエコ風船が使われました。

先ずは「あさこハウスへ」から。
http://twitcasting.tv/showering00/movie/288650060
http://twitcasting.tv/showering00/movie/288654551
http://twitcasting.tv/showering00/movie/288686514

★ 田中一郎 さんから:
「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(30):原発の出鱈目を許して
はならない=当たり前のことです  いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/30-78f0.html

★ M.Shimakawa さんから:
   Standing Together, Creating the Future
    OurPlanet-TV メールマガジン  2016.7.8

 小泉元首相が基金設立〜トモダチ作戦で被ばく兵士支援

 東日本大震災に対して、米軍が展開した災害救助・救援作戦「トモ
ダチ作戦」。東北沖でこの救援活動に従事していた原子力空母ロナル
ド・レーガンなど米軍艦艇の乗組員ら約300人が、放射能被曝によ
り健康被害を受けているとして、東京電力を相手に米連邦地裁に提訴
しています。

 小泉純一郎元首相は5日、「トモダチ作戦」に参加し、健康被害を
受けたと訴えている元米軍兵らを支援する基金「トモダチ作戦被害者
支援基金」を創設し、寄付を呼びかけました。
 
 小泉氏は今年5月に米サンディエゴを訪問し、がんや白血病など様
々な疾病で苦しむ元兵士に話を聞き、設立を決めたとのこと。「将来
のある20〜30代の若者が病に苦しむ姿を見てかわいそうでは済ま
せられないと思った」と述べています。

News「小泉元首相が基金設立〜トモダチ作戦で被ばく兵士支援」
http://ourplanet-tv.org/?q=node/2054

★ 元岡山大学の野田隆三郎 さんから:
 日本学術会議は前の戦争で科学者が戦争に全面的に協力したことに
対する痛切な反省のもと、1950年と1967年の二度にわたって軍事
研究からの断絶を誓う声明を発表しました。言うならば、これら2つの
声明は科学者の憲法9条とも言うべきものです。
 ところが、昨年驚くべきことが起こりました。防衛省の軍事研究の初の
公募に、日本学術会議会長の大西隆氏が学長を務める豊橋技術科学
大学がこれに応募し採用されたのです。
 さらに今年5月、大西会長の提案により「安全保障と学術に関する検討
委員会」という名の委員会が学術会議内に設置されました。大西会長は
常々「自衛のための軍事研究は許されるべきだ」と言っていますから、この
委員会が「安全保障」の名のもとに軍事研究解禁を目指すものであること
は明らかです。以下のサイトの東京新聞記事をご覧ください。
http://gunjikenkyu-no.jimdo.com/

検討委員会は来年初めにも結論をまとめるとしています。その結論は日本
の科学研究の将来に決定的な影響を及ぼすでしょう。軍事研究解禁は大学
の軍事研究推進にお墨付きを与えることになります。

 そこで以下のサイトにある「50年声明及び67年声明を遵守し、軍事研究
解禁を行わないよう求める要望書」への賛同署名をインターネットで集め、
検討委員会委員はじめ学術会議全会員に届けることにしました。
 検討委員会委員に多くの署名を届け、軍事研究解禁にストップをかけたい
と思います。ぜひご協力をお願いいたします。

     署名運動サイト  https://goo.gl/sEYZYB

★ 前田 朗 さんから:  
ヘイト・スピーチ研究文献(60)被害者無視の言説への批判
瀧大知「ヘイト・スピーチをめぐる言説の落とし穴――被害者不在の言説の構造と
背景」『和光大学現代人間学部紀要』第9号(2016年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2016/07/blog-post_17.html

★ 色平哲郎 さんから:  
・戦争になれば、自衛隊は米軍の指揮下に入る 矢部宏治
Web論座 http://webronza.asahi.com/politics/articles/2016053100007.html

・日本会議はもう古い? 我が国エリートが集う「梅下村塾」の影響力=高島康司
http://i.mag2.jp/r?aid=a578b256cb5a28

・堤未果さん
「本質」に戻る「想像力」と「他者への優しさ」、
そして「直感」 真の情報を見抜くヒントとは
毎日新聞 2016年7月15日
http://mainichi.jp/articles/20160715/mog/00m/040/015000c

        −−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●「アベ政治を許さないin 福岡集会」 実行委員会●
7月20日(水)18:30〜21:00
場 所: 福岡市人権啓発センター
        福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

● 市民連合ふくおか 「市民憲法講座」●  
           「憲法について語りあおう」
第1回目: 6/29報告 http://tinyurl.com/jdnn5bl
第2回目: 7月28日(木)18:30〜
・発題者: 出水 薫(九州大学大学院法学研究院教員)
・テーマー 「今、憲法の基本を考えなおす」
   現役の大学生2人と、鼎談(ていだん)方式で語り合います。
 案内チラシ http://tinyurl.com/hpjdoyg
第3回目: 8月25日(木)18:30〜 
・テーマー 「9条をキチンと読みましょう」
・ 発題者横田耕一(憲法研究者)
第4回目: 9月23日(金)18:30〜
・テーマー 「今後の憲法問題の動き」
・ 発題者:石川捷治(政治史研究者)
第4回:10月26日(水)18:30〜 
・テーマー 「 未定 」
・ 発題者: 石村善治(憲法研究者)
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
  福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
   地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
       連絡先: 080-6420-6211(青柳)

● 市民連合ふくおか ミーテイング(7月例会)● 
7月25日(月)18:30〜
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jowu56v

●「さよなら原発!福岡」例会●
7月27日(水)18:30〜 
ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
チラシ http://tinyurl.com/jkubydv

●「さよなら原発!福岡&ひろば」●  
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
☆活動・報告メルマガへのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡  口座番号 01770−5−71599 
 
● 川内原発を止めよう! 
  生命と故郷を死滅する 再稼働を許さない!!
「川内原発設置変更許可処分取消訴訟」●
     (川内原発異議申立て行政訴訟)
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/archives/16-06-10/
第一回口頭弁論 8月10日(水)午後3時30分 福岡地裁301号大法廷
  福岡地方裁判所 福岡市中央区城内1−1(地下鉄・赤坂から徒歩5分)
  地図: http://tinyurl.com/n9mzhky
下記、脱原発弁護団全国連絡会のサイトの訴訟一覧 43番目に掲載されています。 
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/list/
         連絡先: 080-6420-6211(青柳)
案内チラシ http://tinyurl.com/hj76zks

●梅田裁判の控訴審第一回期日 福岡高裁●
11月7日(月曜)午後2時〜501号大法廷予定。
梅田裁判支える会ニュースレター第16号
「判決特集号 控訴審に向けて」http://tinyurl.com/j3menqo
         原子力資料情報室寄稿 http://tinyurl.com/gwa62ej
連絡先: 080-6420-6211(青柳)

●<私の>●
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/

●九州玄海訴訟●原告総数 10169 (4/14日現在)
第18回期日 9月 9日(金)
第19回期日11月18日(金)
http://no-genpatsu.main.jp/

●原発メーカー訴訟●
http://www.nonukes-maker.com/

●「原発なくそう!九州川内訴訟」●
http://no-sendaigenpatsu.a.la9.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
       ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆     
     午前10時から午後3時。(土・日曜・休日は閉設) 
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
     場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
       ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内