[CML 044236] Fw: 7・24全国集会で伊方3号機再稼働延期を追撃しよう

木村雅英 kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2016年 7月 18日 (月) 01:10:27 JST


木村(雅)です、転送します

(重複お許し願います、転送・転載を歓迎します)
伊方の家・八木です。
本日、四電は1次冷却水ポンプの水漏れ事故のため、部品交換のため
8月以降へのの再稼働延期を発表した。
あれだけ規制委が審査を繰り返した上での事故であり、使用前検査もしている中での事故である。長期間停止していた原発はどんな不具合が生じるかわかったものではない。こうして伊方3号機の不安と危険性は倍加されている。
再稼働延期を再稼働断念へと追撃しよう!中央構造線や南海トラフの地震が迫る中、こんな不安を抱えた原発を動かすことは絶対にやめるべきだ。きっぱりと再稼働を断念すべきである。
7・24全国集会の位置はいよいよ重要なものとなった。あくまで再稼働を阻止し、再稼働断念へと追い込んでいくそういう大きな烽火を上げよう。
そして25日は伊方町内行動とゲート前座り込みでもって、8月再稼働阻止への意志を固めよう。そしてそこから8月再稼働阻止行動の準備を
全開にしよう。


○伊方現地行動案内
 『みんなでとめよう伊方原発7.24全国集会』
 期日:7月24日(日)13時30分開始
 集会場所:伊方ビジターハウス前(道の駅きらら館付近)
 抗議行動:伊方原発ゲート前(15時頃から)
 主催:伊方原発再稼働阻止実行委員会
 よびかけ:伊方原発反対八西連絡協議会/八幡浜・原発から子供を守る女の会

 ▼起動日はあくまで予定ですので、26日の行動は別途お知らせ。
○【「原発現地へ行く会」からの交通費補助】
  24日、26日予定の行動参加者(四国を除く全国の皆さん)に
  「原発現地へ行く基金」から1万円の交通費補助を供出します。
○ファックス又はメールにて申し込み願います。
 申込先:FAX:03-3238-0797 メール:info at sendaiikou.com
  (当会から確認連絡をもって受付完了。詳細は連絡時にお伝えします)
  (団体での申し込みはご遠慮願います)
○アクセス
 ・航空便―JALまたはANA便(07:25羽田発〜08:50松山着)
                         又は、(09:30羽田発〜10:55松山着 特急との接続は困難)
 ・八幡浜(集会場まで30分)と松山空港・松山市内(約2時間)からは
  バス、車(実行委)を運行予定
 ・JR予讃・内子線(特急宇和海50分)松山発11:25〜八幡浜着12:12
                 又は松山発12:25〜八幡浜着13:14 
○宿泊(八幡浜市内のホテル予約は厳しい)は各自手配。
  参考−24日〜26日の2泊3日の格安ツアーパック料金(ホテル込)3万円前後
◎そのほかの案内情報は「たんぽぽ舎」ホームページ掲載。
 問合せ:「原発現地へ行く会」TEL070-5019-5907
                       又は080-1012-4661(事務局沼倉)
◎「原発現地へ行く会」基金へのカンパをお願いします。
  郵便振替:00190‐0‐361095 他の金融機関から〇一九店当座0361095
  城南信用金庫九段支店 (普通)334455
以上


CML メーリングリストの案内