[CML 044229] 野党統一候補・鳥越俊太郎氏と市民がつくる都政の実現へ

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2016年 7月 17日 (日) 22:12:08 JST


前田 朗です。
7月17日

転送です。

**********************************:

野党統一候補・鳥越俊太郎氏と市民がつくる都政の実現へ

 来る東京都知事選において参議院選挙と同様、野党4党の統一候補を擁立する
にい
たりました。衆参両院において改憲勢力が3分の2以上の議席を獲得している現
在、
立憲主義と平和主義と民主主義を回復し、個人の尊厳を擁護する政治を首都・東
京に
おいて実現することは、日本の将来において決定的に重要です。
 私たち市民連合は、野党統一候補の鳥越俊太郎氏を支持し、政策協議を経たの
ちに
できるだけ早く推薦協定を結ぶ方針であることを表明します。
 都政は多くの課題において政治的解決を求めています。都知事が連続して金銭
問題
で辞職する事態は常軌を逸しています。ムダ遣いを洗い出す財政の刷新で、子育
てや
貧困児童の就学支援や高齢者介護の社会保障を充実させ、将来につながるムダの
ない
オリンピックの開催準備、そして何よりも憲法を暮らしに生かし安心し安全に過
ごせ
る生活の実現と、都民が主権者として参加し協力し合える都政の実現を推進しま
しょ
う。
 なお、前都知事の突然の辞職を受けて、参議院選挙のさなかから野党統一候補
の擁
立を模索する関係者の努力がなされましたが、そのプロセスは決して平坦とは言
えま
せんでした。今後、市民と野党の信頼関係にもとづく共闘をいっそう深化させ、
候補
者一本化に際して充分な透明性や政策論議を担保するため、市民連合としては、
原則
として公開の政策討論会や候補者と野党間の公開協議などを実施することを野党
に要
請していきたいと考えます。

2016年7月16日

安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合





CML メーリングリストの案内