[CML 044196] 7/17京都で公開学習会 国際人権法における「居住の権利」と、京田辺市で飛田晋秀さん写真展

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2016年 7月 16日 (土) 21:50:40 JST


7/17京都で公開学習会 国際人権法における「居住の権利」と、京田辺市で飛田晋秀さん写真展


転送転載歓迎
重複の場合すみません。


京都の菊池です。

明日7/17日曜日、下記が行われます。ぜひご参加ください。


うつくしま☆ふくしまin京都のブログ
http://utukushima.exblog.jp/
(※今後もぜひブログを継続してお読みいただき活用してください。
このブログの記事
【避難世帯へ重要なお知らせ】ひなん生活と住まいの相談会の開催&週一電話・来所相談を始めます!
2016年06月17日 13:49
もぜひお読みいただき活用ください)

より


【ご案内】公開学習会 国際人権法における「居住の権利」(7月17日・キャンパスプラザ京都第4講義室・13時30分)
2016年05月28日 12:02

(この学習会は東日本大震災避難者支援のための生涯学習活動です)

公開学習会
国際人権法における「居住の権利」
強制立ち退きは国際法でどう位置づけられるのか
市民社会の課題と可能性をさぐる


関西には,東日本大震災の避難者が多数生活されています。
災害救助法による各地の「みなし仮設住宅」(公的住宅などの無償提供)が来年 3 月で終了される予定です。

これにより多数の避難者が
住む家を失うという不安に追い込まれています。

2014 年 9 月,千葉県銚子市で,県営住宅の強制立ち退きを執行された母親が当時 13 歳の娘を絞殺した事件をご記憶でしょうか?
住宅を失うという不安は,命をうばわれる不安に直結するものです。
精神的苦痛はすでに始まっています。
国際人権法による「居住の権利」とは何か。
「人間としてふさわしい生活の場所を得る権利」とはどのようなものか,どのように実現していくのか。
今回は日本居住福祉学会の研究誌「居住福祉研究」寄稿者の報告を手がかりに,避難当事者をふくむ自由な討論によって,市民社会の課題と可能性を考えましょう。

日時 2016 年 7 月 17 日 (日) 午後 1 時 30 分から 4 時 (午後 1 時 10 分開場)

会場 キャンパスプラザ京都 第四講義室 (定員 90 人)

http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access[外部リンク]
京都市営地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR 各線「京都」下車。西へ徒歩 5 分。

資料代 一般 800 円,避難者 500 円

第 1 部 報告,映像メッセージ,解説
「区域外避難者へのみなし仮設住宅提供打ち切りの問題点」
  奥森 祥陽 (うつくしま☆ふくしま in 京都)

避難当事者からの発言 (2, 3 名を予定)

「強制立ち退き問題 次に何を伝えるか」
  斎藤 正樹 (日本居住福祉学会理事)

映像メッセージ 「被災者の居住の権利」 (25 分)
  熊野 勝之 (弁護士)

「災害避難者の保護と国際人権法」
  徳永 恵美香 (一般財団法人 アジア・太平洋人権情報センター 研究員)

 (休憩)

第 2 部 討論 ― 避難当事者の声を聴き,市民社会の課題と可能性をさぐる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
主催 災害避難者の人権ネットワーク
    http://starsdialog.blog.jp/[外部リンク]
協力 うつくしま☆ふくしま in 京都 ―避難者と支援者のネットワーク
    http://utukushima.exblog.jp/
協力 日本居住福祉学会関西支部
    http://housingwellbeing.org/ja/


追記
[fukushimakyoto:0677] 【避難家族にお願い】7月17日(日)公開学習会 国際人権法における「居住の権利


避難者のみなさま 支援者のみなさま
奥森@うつくしまほしふくしまin京都 です。

公開学習会「国際人権法における『居住の権利』」が迫ってきました。
当会も協力団体として、当日に
避難用住宅の打ちきり、福島県の独自支援策の問題点について
報告させていただきます。

福島県から避難している福島さんと高木さんも当事者発言をします。
また、後半には討論の時間も設けらています。
ぜひ、ご参加ください。お近くの避難者にお知らせください。


京都府の災害支援対策本部が実施している避難者への情報提供のための定期便(郵便)への公開学習会のチラシの封入を要請しましたが
「打ち切りとか強制立ち退きなどの表現が避難者に不安をあたえる」と拒否されました。

色々とやりとりをしましたが、封入はできませんでした。



この公開学習会へ
大阪からJR学研都市線で来られる方や
奈良から来られる方で、
京田辺市を通られる方へ、

ただ今下記が開催中で
明日が最終日です。
朝10時から行なっているので、
もし、時間の都合がつきましたら、途中下車してお立ち寄りください。


福島の5年・福島のすがた 飛田 晋秀さん写真展
(No.671 07/11 22:39)
表記の写真展を、下の予定で開催します。
場所 京田辺中央図書館1階、ギャラリー『かんなび』
最寄駅
JR 京田辺駅 歩3分
近鉄 新田辺駅 歩7分
開催日
7/12 13:00〜18:00
7/13〜15 10:00〜18:00
7/16 10:00〜17:00
7/17 10:00〜15:00
となっています。
是非、お立ち寄り下さい。


飛田晋秀さん撮影の写真と語りによる「福島の真実」を聴き「福島の真実」を見る の動画
(記事URL
http://list.jca.apc.org/public/cml/2016-April/043296.html )
を参照ください。



菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)


CML メーリングリストの案内