[CML 044149] 【朝日】安保関連法めぐり、現職の自衛官が国を提訴 東京地裁+【毎日】提訴 「防衛出動は違憲」 自衛官が国を訴え 東京地裁

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2016年 7月 13日 (水) 10:09:38 JST


安保関連法めぐり、現職の自衛官が国を提訴 東京地裁
http://www.asahi.com/articles/ASJ7D5SYSJ7DUTIL02Z.html

2016年7月12日23時28分

 安全保障関連法による集団的自衛権の行使は憲法違反だとして、現職の陸上自衛官が国を相手取り、「防衛出動」の命令に従う義務がないことの確認を求め、東京地裁に提訴した。11日に第1回口頭弁論があり、国は訴えの却下を求めた。

 訴状で原告は、集団的自衛権の行使は憲法9条で認められていないと主張。集団的自衛権を行使するための防衛出動が命じられた場合、原告の生命が重大な損害を受けるおそれがあるとして、自衛隊の入隊時に同意していない命令に従う義務はないと訴えている。一方の国は、原告の訴えは不適法だと反論している。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

提訴
「防衛出動は違憲」 自衛官が国を訴え 東京地裁

毎日新聞2016年7月12日 大阪朝刊
http://mainichi.jp/articles/20160712/ddn/041/040/010000c

 安全保障関連法に基づく防衛出動は集団的自衛権の行使となり憲法違反だとして、関東地方の陸上自衛官が国を相手取り出動命令に従う義務がないことの確認を求めて東京地裁に提訴したことが分かった。安保関連法が施行されて以降、各地で訴訟が起きているが現役自衛官の提訴が明らかになるのは初めて。

 提訴は3月30日付。11日に開かれた第1回口頭弁論で、国側は「(防衛出動の条件となる)存立危機事態は発生しておらず、将来発生するかも不明で、訴えの利益はない」として却下を求めた。訴えによると、原告の自衛官は1993年に入隊した。憲法9条は日本への攻撃がない場合の武力行使を認めていないとした上で「入隊時は集団的自衛権行使となる命令に従うことに同意しておらず、従う義務はない」と主張している。【伊藤直孝】 		 	   		  


CML メーリングリストの案内