[CML 044129] 連続講座:池田浩士「ドイツの戦後70年―その現実と歴史認識」第2回:ニュルンベルク裁判と「戦後補償」のご案内・再送

ピープルズ・プラン研究所 muto at jca.apc.org
2016年 7月 11日 (月) 17:54:34 JST


みなさま

こんばんは、PP研事務局より横山でございます。
5月13日よりスタートした「ドイツの戦後70年―その現実と歴史認識」
の第2回:「ニュルンベルク裁判と『戦後補償』」が、いよいよ今週末
にと迫ってまいりました。
ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください!


  オルタキャンパス「OPEN」
【連続講座】ドイツの戦後70年―その現実を歴史認識
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第2回:ニュルンベルク裁判と「戦後補償」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 極東国際軍事法廷の東京裁判・横浜裁判に先行して戦勝国側が行なった「ニュルンベルク裁判」は、歴史上初めて「人道に対する罪」を制定して、ナチス犯罪を裁いた。かつてヨーロッパ大戦(第一次世界大戦)で敗北し、ヴェルサイユ条約によって過酷な戦後補償を余儀なくされたドイツは、このニュルンベルク裁判で何を裁かれ、どのような償いを科せられたのか? そして、この裁判とその結果は、ドイツの戦後にとってどのような進路を準備することになったのか? 極東軍事法廷との対比も交えながら、整理しなおしておきたい。

■日時:2016年7月15日(金)18時30分開場、19時~
■場所:ピープルズ・プラン研究所会議室
■参加費 全7回通し券 7000円
     一回券     1500円(PP研会員1200円)

※申込みは下記へお問い合わせください。
■連絡・申込先    
一般社団法人ピープルズ・プラン研究所
【住所】 〒112-0014 東京都文京区関口1-44-3信生堂ビル2F
【電話&Fax】 Tel:03-6424-5748 Fax:03-6424-5749
【E-mail】 ppsg at jca.apc.org

-- 
==============================================
ピープルズ・プラン研究所(PP研)
事務局 横山道史
住所: 〒112-0014
東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
電話: 03-6424-5748  FAX: 03-6424-5749
URL: http://www.peoples-plan.org/jp
E-mail: ppsg at jca.apc.org
facebookページ: http://on.fb.me/NIAlYV
twitter: @ppsgj
==============================================



CML メーリングリストの案内