[CML 044100] 日本を取り戻す 自民党から

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2016年 7月 9日 (土) 10:27:29 JST


TUP速報999号に触発されました。日本では現状変化欲が希薄なのが問題。

自民「今こそ安定した政治が必要です。 前進か、後退か。 」→「自公政治の安定は停滞・絶望です。崖の下に落ちる前進か、経済成長率が高かった非自公政権への後退か。」

自民「日本を取り戻す 自民党」→「日本を取り戻す 自民党から」

これだけ改憲の危機が叫ばれていながら、今朝の松戸駅頭も静かなものでした。今日は雨ですが、街頭でも訴えられるところはあります。最後まで力を尽くしましょう。市民運動史上で一回くらいは同時に主要駅頭を埋めませんか。

市民個人と市民団体は、選挙運動でない政治運動と落選運動を投票日も行うことができます。


太田光征

*

TUP速報999号 英国のEU離脱キャンペーンに見る市民の政治誘導と参院選 | Translators United for Peace
http://www.tup-bulletin.org/?p=3073#sec:fig_first


<広範囲に有権者を調べた統計は、さらに理解に苦しむものになっている。 EUからの出資(財政援助)が多い地方、EUへの輸出高が多い地方ほど、むしろEU離脱派が多かったことが分かっているものだ。>

離脱派のスローガン:

     「コントロール」を取り戻せ
     英国をふたたび偉大な国にしよう
     国を取り戻したい


<現状に不満がある市民には、何であれ現状からの「変化」を求める欲求が勝ることがあるということだ。たとえその「変化」が現状よりはるかに地獄であっても、政治家への妄信もあれば、嘘も交えた大規模プロパガンダの影響も大きく、その事実が理解されないことがあるのが問題だ。>


CML メーリングリストの案内