[CML 044091] 報告  昨日、三宅洋平君の品川駅前選挙演説会に行きました。  塩見孝也

rsr80930 at nifty.com rsr80930 at nifty.com
2016年 7月 8日 (金) 22:31:44 JST


編集する2016年07月08日07:11   

昨日、三宅洋平君の品川駅前選挙演説会に行きました。そこで、初めて、三宅洋平氏に
会い、同時に山本太郎氏と彼の政治的コンビの何たるかも、参観しました。 
 僕が、予測した通りのコンビとして僕の眼前に登場してくれたのです。 
僕は、この二人の政治的コンビの演説、壇上でのアクション、掛け合いらから「元気を
もらい」ました。 
 昔の学生運動風に言えば、「空気を入れられ」たのでした。 
 これは、まったく、珍しい体験でした。ありがたいことです。三宅氏に感謝します。
 
 僕は、<元気>というものについては、これまで、大体において、自分の内側から作
り出し、湧いてくるものとばかり思って来、「元気をもらった」と人から言われたこと
は数限りなくありますが、「人から元気をもらった」ということは殆どないからです。
勿論、人と人の織り成す集団的行動、運動の中で、強烈にして強大な精神的高揚、刺激
、インスピレーションを受けたことはあります。例えば、(三派)全学連再建やそれを
支えた第二次ブント再建大会などです。あの時は、超感動しました。とは言え。この感
動は、自分が、何年も目的にし追求したもの、自分が描いた構想と切って切り離せない
なせない事柄でした。 
 しかし、今度は、僕の目的、行動、構想と圏外とまでは言わないが、僕の主体的係わ
り合いからは相当離れた彼(ら)の運動から、僕は「元気をもらった」のですから、嬉
しいことで、圧倒的にお二人に感謝しなければならないことでした。 
 勿論、チェ・ゲバラやフィデル・カストロ先輩達については別格ですし、お二人は外
国の人たちです。これは、正直、珍しい体験でした。 
 山本氏とは経産省前テント村村で会ったりし既知の人でした。何よりも、映画「光の
雨」で森恒夫役を演じた映画俳優として、何かこの関係で、出会ったような気がします
。しかし、太郎さんが議員サンになられ、苦労した3年間は、全くといって知りません
。この3年間の間に、氏が成長されたことは良く分かりましたが。まして、洋平さんと
もなれば、まったくの白紙の関係です。雨宮カリンさんの紹介、推薦があって新聞に載
っている選挙所信やブロッグなど大急ぎで目を通し、昼間の恵比寿は暑いので避け、17
時からの20時頃までの山の手線品川駅に出向いたのでした。昨日は、2箇所か3箇所で
演説会をやったようです。 
 17:30頃着いたでしょか、既にフェスタは始まっており、歌手仲間や文化人の人々が
挨拶したり、歌っていたりしていました。お二人のコンビは、19時頃から始まりました
。僕のついた頃は500人くらいの方が、集会場におられ、周りの品川駅の回廊や周辺
空き地に、200人くらいの人たちが、集会場を遠巻きで視聴しているような模様でし
た。、19時頃から千名は優に超えて人が集まってき、熱気も高まっていったとおもい
ます。 
 運動員の方々が百名近く、整理にあたられ、販売店も出され、音楽や演説の電力は、
全部ソーラーシステムで発電されていました。 
最初は、山本氏が推薦者として挨拶され、三宅氏を推薦しながら、議員生活の体験、与
党包囲下での苦労話、与党の批判などを語り、その後三宅氏が酉として、演説しました
。 
 お二人とも、全く型破りのスタイルで、自分の言葉で語られます。幾つものエピソー
ドを語り継ぎつつ、その中に政治主張を、巧みに数字を持ち出しりし、語っていました
。エピソードのようですが、そこに論理性があり、そのつながりを振り返れば、全体的
主張が、巧くいつの間にか説得的に浮かび上がって行く表現方法です。 
巧いものです。 
 「自分らしくあれる社会を」メインスローガンにする「ストップ!改憲2/3」「脱
被爆」「測りまくる日本」「消費税やめて富裕税を」の4大主張と14政策が、いつの
間にか丸々ヒットし、皆の頭の中に入って行くやり方で語られているのです。 
 選挙運動も今日と明日(金、土)の二日限り、この追い込みの二日間が圧倒的に重要
です。渋谷前は、街頭宣伝が唯一の武器であり、これを機軸に、バイバイゲームで宣伝
力を鍛え、ネットを振る活用し、支援者を増やしています。土曜日の渋谷などは万を十
分に越える人々が集まったとのこと。土曜の渋谷は、数万を超える人々が集まって来る
という予測が立つようです。こう考えれば、三宅氏にとって追い込みの追い込みの正念
場の時期です。僕は、フェスタ終了後、お二人に、挨拶しようかな、と思ったのですが
止めにし、写真をバチバチ取らして頂きました。 
 今日は、昨日の体験を元手にメールや転送、ブログ紹介に力を入れたいです。電話も
掛けまくるつもりです。土曜については、渋谷ハチ公前に行きたいところですが、今日
の追い込みを続けていった方が良いか,迷うとこ露です。 
 3大新聞やテレビらマスコミは三宅氏を無視し続けて、自民党・与党圧勝の予測記事
をドンドン撒き散らしているているが、意外と各スポーツ新聞コラム欄や「日刊ゲンダ
イ」や「東京新聞」は真面目に取り上げてくれているとのこと。 
 三宅氏は、前回18万票弱の票を集めたが、今回は50万くらいが当選ラインと言う
。氏の武器は、街頭フェスタで数万の人々を集め、爆発させてゆくことが基本選挙闘争
のスタイルであれば、今日明日(金、土)の街宣とネット宣伝が鍵となっている。昨日
の「毎日」では東京圏6人ラインに迫っている15人の立候補者を挙げていました。そ
のなかに、三宅氏の名前も取り上げられていました。 
  
 後、一息の所に来ているのでしょう。皆さん、頑張ろう。三宅氏、頑張れ! 



CML メーリングリストの案内