[CML 044001] < 被ばく71年 韓国-朝鮮人と日本 > 高麗博物館企画

Fusae l.ermitebethanie at ae.auone-net.jp
2016年 7月 2日 (土) 10:58:10 JST


みなさま、

展示企画のご案内です。

<< 被ばく71年  韓国-朝鮮人と日本 >>

会場:高麗博物館
         東京都新宿区大久保1-12-1  第二韓国広場ビル7階
         ☎03-5272-3510
展示期間:6月29日( 水 )~10月30日( 日 )
                  12:00~17:00
主催  :高麗博物館
入館料:大人400円、中高生200円
休館日:月曜日、火曜日
  
    1945年、広島-長崎で被爆した人たちの中に、韓国-朝鮮人がいたことはあまり知られていません。全爆死者の6人に1人は朝鮮人でした。
    今年はフクシマ5年、チェルノブイリ30年、そして広島-長崎原爆71年。
    ヒロシマ-ナガサキで被爆した朝鮮人のことを忘れてきた私たちは、今フクシマの被害実態をどこまで直視できるか問われています。韓国-朝鮮人被爆者と出会い、寄り添い、被爆後の人生を知り、向き合う勇気が求められています。
    被爆した朝鮮人を放置してきた戦後日本を振り返り、核のない平和な世界を願い、この展示と講演会を企画しました。
    学びの途上にあり、未熟な発表にちがいありませんが、多くの皆さまに観ていただき、ご意見、ご指導をいただければ幸いです。

   高麗博物館  
<<被ばく71年 韓国-朝鮮人と日本>>研究会



CML メーリングリストの案内