Re: [CML 041753] Re: [uniting-peace:7215] Re:日米原子力協定の件: 高橋洋氏「電力自由化と原子力発電」(転載)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2016年 1月 29日 (金) 16:57:13 JST


石垣様


紅林です。

日米の原子力協定で、日本は原発を止めることはできないか
どうかは私は分かりませんが、以下のことは言えると思います。

日本の原発メーカーは、いまや世界の原発産業の中枢にいます。
米国のかつての二大原発メーカのGE(ゼネラルエレクトリック)と
ウェスティングハウス社は、ウェスティングハウス社は東芝に買収
(そのため、東芝は経営が傾き、粉飾決算にまで追い込まれた)されて、東芝傘下に入り、GEの原子力部門は日立と提携する
というように、米国の原発メーカーは、いまや日本の原発メーカー
との提携なしには、成り立たなくなっています。だから日本に原発
をやめられると米国は困るのです。米国の核戦略にも大きな打撃
を与えます。だから米国は民主党政権時代に、1930年代までに
原発を廃止るという政策を決めようとしたときに圧力をかけてつぶした
のです。(なお三菱重工はフランスの原発メーカーのアレバ社と提携
しています。)

米国を含めて先進諸国では、原発はいまや斜陽産業で、米国内では、
スリーマイル島原発事故以降、原発を新設できない状況が続いてきま
した。

しかし先進国で売れないならば、アジア・アフリカ・ラテンアメリカの新興国、
途上国に売り込もうと、その市場は莫大だと狙って、日本の、日立、東芝、
三菱重工の原発メーカー3社、そしてフランスのアレバは、(それに中国と
韓国の原発メーカーも加わって)原発輸出に躍起なのです。

日本国内では、川内原発1・2号機に続き、高浜原発3号機が再稼動され
ようとしていますが、もはや国内で新たな原発を新増設することは用意に
できることではありません。(私たちはそれを許しません。)
しかし国内で1基でも2基でも動かしておかねば、原発を海外に売り込む
にあたって、信用がえられません。そのための再稼動という側面もあると
思います。

ところで原発メーカーの三菱重工、日立、東芝はいずれも軍需産業でも
あり、原発輸出と、武器輸出を国策として行おうとしている構図も共通です。

しかも米国が日本に原発を売り込み、原発を導入させようとしたとき、事故
が起きても、原発メーカーの製造物責任を免責する原子力損害賠償法
(原賠法)の導入を日本に押し付け、それは、米国や英国が原発を売り込
もうとした国々に同様の法制が押し付けられれ、最近では国際的な条約も
できて、国際的に原発メーカを保護する法制が形作られています。

そういう中で、日本の原発メーカーは、福島第一原発事故を引き起こしたにも
かかわらず、福島第一原発を製造した、日立、東芝、GEの各社は責任を問わ
れることなくきました。(現在、その3社の責任を問う原発メーカー訴訟が始まっ
ています。)さらに日立、東芝、三菱重工の原発メーカーは、ベトナム、トルコ、
インドなど海外に原発を輸出しようとしています。

このようことは到底許されるものではありませんし、原発事故を引き起こした国
の市民の責任としてもそれをやめさせねばなりません。


                           紅林進
                           qurbys at yahoo.co.jp


----- Original Message -----
>From: "qurbys at yahoo.co.jp" <qurbys at yahoo.co.jp>
>To: "uniting-peace at freeml.com" <uniting-peace at freeml.com>; "cml at list.jca.apc.org" <cml at list.jca.apc.org> 
>Date: 2016/1/29, Fri 15:09
>Subject: [CML 041753] Re: [uniting-peace:7215] Re:日米原子力協定の件: 高橋洋氏「電力自由化と原子力発電」(転載)
>  
>石垣様
>
>紅林です。
>
>私も日本の原発のウラン原料の輸入先をすべて知っているわけではありませんが、
>たとえばオーストラリアは日本の原発にとって主要な輸入国です。
>
>オーストら理事新は原発はありませんが、ウラン鉱石の輸出を資源輸出の柱として
>おり、日本はその主要な輸出先でもあります。
>
>たとえば、事故を起こした福島第1原発の5基以上(全6基)の原子炉でオーストラリア産
>ウランが使われていた事実を、オーストラリア連邦政府の外務省の役人が認めています。
>
>ウラン鉱山による放射能汚染も深刻で、地元住民である先住民族のアボリジニーの人々
>に放射能被曝の深刻な被害が出ています。
>
>世界のウランの10%を供給する世界最大級のウラン生産企業であるエナジー・リソーシズ・
>オブ・オーストラリア(Energy Resources of Australia)社のウラン生産拠点、ノーザンテリトリー
>(北部準州)内の世界遺産にも登録されているカカドゥ国立公園内にあるレンジャー鉱山では、
>2013年12月7日に、ウラン鉱や泥水をためたタンクが破損し、100万リットルを超える放射性汚
>染水が流出しました。
>
>このレンジャー鉱山には日豪ウラン資源開発(株)という日本の企業が絡んでおり、そこには、
>関西電力 50%、九州電力25%、四国電力15%、伊藤忠商事10%の出資しており、そこで
>掘り出されたウランは関西電力などの供給されてきました。
>
>詳しくは下記サイトをご覧ください。
>http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/a28240f18cf27eb21a3b084434a65e72
>
>そのほか日本はカザフスタンやモンゴルなどのウラン鉱山にも目をつけ、安倍首相がカザフスタン
>を訪問したり、モンゴルの大統領や首相を日本に招いたりしています。
>
>モンゴルでは、日本政府、米国政府などが絡んで、モンゴルのウラン鉱山を開発し、日本などに
>輸出し、代わり日本などの核廃棄物をウラン鉱山の採掘跡地に埋めるという、核廃棄物の輸出
>まで計画されていたことが数年前の毎日新聞のスクープで明らかになり、国会でも取り上げられ、
>この計画は頓挫したかに言われていますが、水面下では着々と進められているとの話もあります。
>
>原発輸出だけでなく、核のゴミも輸出し、途上国の人々に押し付けるという許されない計画です。
>
>                                    紅林進
>                                    qurbys at yahoo.co.jp
>
>
>----- Original Message -----
>>From: "motoei at jcom.home.ne.jp" <motoei at jcom.home.ne.jp>
>>To: qurbys at yahoo.co.jp; 市民のML <cml at list.jca.apc.org> 
>>Date: 2016/1/29, Fri 08:43
>>Subject: [uniting-peace:7215] Re:日米原子力協定の件: 高橋洋氏「電力自由化と原子力発電」(転載)
>>  
>>みなさん、紅林さん
>>お世話様
>>お説ごもっともです、
>>質問です、
>>車のガソリンのように
>>原発のウラン原料
>>輸入先をお知らせ下さい、
>>原料でも日本は米国に
>>支配されている、
>>日米の原子力協定で
>>日本は原発を止めることはできない
>>という話、座間宮ガレー氏が
>>言っていましたが、
>> (さいたま市 いしがき)
>          


CML メーリングリストの案内