[CML 041697] <テント日誌1月24日(日) 経産省前テントひろば1596日目>

kimura-m at ba2.so-net.ne.jp kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2016年 1月 25日 (月) 12:53:18 JST


(転送します)

テント日誌1月24日(日)
経産省前テントひろば1596日

宜野湾市長選など話題はつきない
今朝もサイクリングのお二人が寄って下さった。
皇居を廻って来たそうだ。
自転車のタイヤの修理のことや走り方などを色々話して記念写真を写して去っていった。
久しぶりにお忙しい合間をぬってA子さんが来てくれて良かった。

宜野湾市や八王子市長選挙のことなど話題は尽きない。
高浜にバスで行った人たちのことも二人で心配していた。
今日は新宿で辺野古の基地反対の集会とデモがあったので泊まり開けの人たちもそちらに向かった。

乱さんはテント前で一生懸命筵旗を作って抱えて行ったがどんな川柳が書かれていたのかうっかり見損なってしまった。
午後Mさんが来て寒い中座ってくださった。
彼女は福岡から上京するたびに寄って第1テントと第2テントにそれぞれカンパして下さる。本当に感謝です。丁度彼女が来たとき革マルのデモがテント前を通ったが警備の物々しさに驚いていた。
税金の無駄では?との声も沸く。
デモで主張していることは同じなんだけれど、やっぱり違和感を感ぜざるを得ない。Wさん、埼玉のKさんも居たので私は4時少し前に安心して帰途に着いた。(I・K)

高浜ゲート近くにテント(高浜全国集会参加報告)
高浜原発再稼働を許さない1.24全国集会」に参加したので簡単に報告する。
雪を心配しながら前日深夜発のバスで高浜に駆けつけたが、道路にはどこにも雪はなし。無事に高浜原子力発電所に近づくと、雪でなく警察がうじょうじょ。

検問で5分も待たされ山道を登っていくと、ゲート付近は狭い道路に装甲車や警察者や警備警察や腕章付けた私服やで包囲されている。バスはさらに進んで展望所に到着。何と、小さな公園の片隅にカラーフルなテントがある。この日に設置したそうだ。懐かしの面々と挨拶、写真撮影をしていると、バスが次々に到着。福井、滋賀、京都、大阪、…から。横断幕やのぼり旗で一杯になったせまい公園からは、入り江の向こうに高浜原発の4基が見える。木原壯林さんから原発再稼働許さじのアピールで集会が盛り上がる。
好天ながら冷たい空気にさらされて、東京組を先頭に2車線の狭い山道を下ってデモ。メディアと仲間と関電職員と警察しかいない山道を、やたら厳重に警備警官がデモを制御する。ゲート前に到着して、関電八木社長と大塚高浜発電所長宛の「高浜原発3,4号機再稼働に対する抗議申し入れ書」を読み上げて提出する。ひとしきりのコールのあと、順次バスが上から降りて来てバスに乗ってゲートを後にする。参加人数は460名とか。町へのバスからは麓の沿道を走り抜ける猿が見えた。

やけに豪勢な高浜町文化会館のロビーは日が差して暖か。800人収容の大ホールに集まり、全国・各団体からアピールを聞く。最後に長い集会決議文を若者がてきぱきと読み上げて採択し、会場内で「高浜原発NO!再稼働」のプラカードを掲げて全員でコール。参加は600名。
 
続けて、外に出て高浜町内をデモ。時々車の大通りを横断するが、町内の細い道を練り歩き、高浜町役場を経て、若狭高浜駅に到着。天気はいいのに空気が冷たく、手がかじかんできた。何よりもうれしいのは、デモを見つめる町民の暖かい視線。手を振って同意を示す方々も多かったこと。NHKほかいくつかのメディアが撮影していたが、しっかり報道してくれただろうか。
 
デモ終了後、駅の2階にある会議室で再稼働阻止全国ネットワークのミニ相談会。地元の中嶌哲演さんや若狭の方や木原さんの他、伊方、大間、川内、大阪、京都、東京他から、再稼働阻止の為の活発な発言・討論を行い、再稼働阻止を再確認した。

東京からのバスは夜の7時半頃に高浜駅前を出て、25日朝に新宿に無事到着したそうだ。留守を預かってくれた方々のお蔭で、経産省前テントひろばも無事。
(K・M)

市民連合の講演会などから(転載です)
杉原です。1月23日午後、東京北区の北とぴあで行われた「市民連合」(安保法制の廃止と立憲主義の回復復を求める市民連合)のシンポジウム「2016年をどう戦い抜くか」に参加しました。会場は約1300人の参加で満杯でした。

以下はメモなどをもとに、発言要旨をまとめたものです。なお、より詳細な記録は産経新聞の書き起こし記事(柄谷行人さんのお話は私の方が詳しいです)、および、UPLANさんの動画をご参照ください。

ちなみに、柄谷行人さんの講演は、デモや議会と人民主権の話はストンと腑に落ちましたが、憲法9条が無意識の「超自我」になったとの話は正直よく分かりませんでした。また、国民投票で負けるから自民党政権は改憲しない、との見通しは、緊急事態条項が突破口にされつつある現在、楽観的過ぎると感じました。結論の9条の実行にはもちろん賛成ですが。

「イヤな時代をどう押し返すか」市民連合がシンポ(1月24日、朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASJ1R53J8J1RUTIL00Y.html

市民連合シンポ詳報(1月24日、産経)
http://www.sankei.com/politics/news/160123/plt1601230030-n1.html

20160123 UPLAN【手話付】
金子兜太/柄谷行人/山口二郎/青井美帆/三浦まり/森達也/諏訪原健
市民連合シンポ「2016年をどう戦い抜くか」
https://www.youtube.com/watch?v=fZqQ4f3ikjY

26日(火)の新外交イニィァチブの【外交のしくみを紐解く−安保・原発・沖縄基地と日米関係の実像−】
日時:2016年1月26日(火) 19:00〜21:00(18:30開場)
会場:文京シビックセンター 小ホール
 住所:東京都文京区春日1‐16‐21  地図:http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
 最寄り駅:丸ノ内線・南北線「後楽園駅」、三田線・大江戸線「春日駅」、総武線「水道橋駅」

講演:猿田佐世(ND事務局長・弁護士)
自らワシントンにてロビーイングを行う他、日本の国会議員等の訪米行動を企画・実施。二度の稲嶺進名護市長の訪米行動、そして2015年6月には翁長雄志沖縄県知事に随行する沖縄訪米団の企画同行を担当。米議員・米政府面談設定の他、米シンクタンクでのシンポジウム、米国連邦議会における院内集会等を開催。

参加費:1000円(ND会員・学生は無料、当日入会可) 定員:370名
12:・27(水)高浜原発再稼働を許さない!関電包囲全国行動
日時:1月27日(水)16:00〜20:00
 (吃堯■隠供В娃亜腺隠検В娃亜↓局堯■隠検В械亜腺横亜В娃亜
場所:関西電力本店前(大阪市北区中之島3丁目6番16号)
主催:「高浜原発再稼働許さない!関電包囲全国行動」実行委員会
呼びかけ:原子力発電に反対する福井県民会議
連絡先:宮下正一(原子力発電に反対する福井県民会議)
     TEL 0776-21-5321(代) 
    木原壯林(若狭の原発を考える会)
    TEL 090-1965-7102?  
○交通(1万円補助)
近畿以外からの参加者に交通費を補助(東京からの場合:1万円)します。
新幹線、在来線、高速バスなどの経路は各自で確認願います。




CML メーリングリストの案内