[CML 041682] フランケンシュタインの誘惑科学史闇の事件簿「放射能 マリーが愛した光線」と映画「ラジウム・シティ」

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2016年 1月 24日 (日) 11:52:24 JST


フランケンシュタインの誘惑科学史闇の事件簿「放射能 マリーが愛した光線」と映画「ラジウム・シティ」

転送転載歓迎

京都の菊池です。

再放送要望が高く、
再放送が実現したのではないでしょうか。

フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿「放射能 マリーが愛した光線」
が今日まもなく再放送されます。
可能でしたらぜひご覧ください。
オンデマンドでも見れるかもしれません。


※ちょうどこの番組が作られ放送された昨年は、

映画「ラジウム・シティ」が上映されていました。
(ラジウム・シティ 文字盤と放射線・知らされなかった少女たち - アップリンク
http://www.uplink.co.jp/movie/2015/36128
映画「ラジウム・シティ」オフィシャルサイト
http://www.radiumcity2015.com/
1601年後もガイガーカウンターは鳴り続ける―小林エリカさんが語る映画『ラジウム・シティ』(2015-04-22)
http://www.webdice.jp/dice/detail/4671/
を参照ください)


NHK番組表
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/read/c.cgi?a=001&c=10&f=top
より

1/24日曜日
午後0時00分から午後1時00分(放送時間60分間)NHKBSプレミアム

フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿(http://www4.nhk.or.jp/P3442/ )
「放射能 マリーが愛した光線」
[再放送]
科学史に埋もれた“闇の事件”にスポットを当て、科学の新の姿に迫る知的エンターテインメント第3弾。
誰もが知る偉人マリー・キュリーの、放射能への愛が招いた悲劇。

物理学者マリー・キュリーは夫ピエールと二人三脚で放射能を発見し、女性初のノーベル賞を受賞。
何物にもよらずエネルギーを発する放射能の発見は、「原子は分割不可能で不変の、物質の最小単位」という、それまでの常識を覆し、「核の時代」の扉を開くものだった。
夫の急死以後、子どもたちさえ顧みず研究に没頭。マリーの純粋な科学への愛は次第にゆがんでゆく…。知られざるマリーの一面に迫る。

【ナビゲーター】吉川晃司
【出演】池内了,肥山詠美子,
【キャスター】武内陶子
とのこと。


この番組の内容の詳細と感想を書かれた方がおられます。

2015-11-27
■[科学]感想:NHK番組「フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿」『放射能 マリーが愛した光線』
放送 NHK BSプレミアム。
【※以下ネタバレ】
・・・
http://d.hatena.ne.jp/Perry-R/20151127/p2


この番組のことと関連することについて書かれている方もあります。

KIKKAWAの日記
2015-11-09 
下町ロケット第2話と「科学の光と影」
http://kikkawa.hatenadiary.com/entry/2015/11/09/222701

KIKKAWAの日記
2015-11-28 
フランケンシュタインの誘惑 マリー・キュリー
http://kikkawa.hatenadiary.com/entry/2015/11/28/142614


アーカイブ
http://kikkawa.hatenadiary.com/archive
も参照ください。


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)


CML メーリングリストの案内