[CML 041657] 司法権の独立を問うことでしょう、] 国の根幹が変わるのに、新聞が反論を載せない異常

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2016年 1月 22日 (金) 22:34:56 JST


みなさん藤原節男さん
お世話様
【立憲主義を取り戻す国民運動委員会設立】
などをマスコミは褒め、取りあげていますが。
(22日の天声人語)
立憲主義とは司法権の独立が保障されなければ、
成り立ちません。
いくら、憲法違反といっても
裁判官が違憲判決を下さなければ、意味を持たず、
アベは左団扇です。
今は憲法を守る裁判官が職務を放棄している状態ですから、
そこにメスを入れること、
そのことが立憲主義を本物にさせることでしょう。
小林節氏はそこから逃げています。
 
(さいたま市 石垣敏夫)


【国の根幹が変わるのに、新聞が反論を載せない異常】(拡散希望)
Spotlight2015.12.27 『こんな民主主義国家、見たことが無い』~日本人は判断するための
情報すら与えられていない~『NYタイムズ、マーティン・ファクラー東京支局長指摘』⇒ http://goo.gl/6R0vFM

◎『国の根幹が変わるのに、新聞が反論を載せない異常』

相変わらず安倍政権の支持率は高いが、不思議なことだ。庶民にアベノミクスの恩恵は、
まったくないし、イスラム国の人質事件は最悪の結末に終わった。政治とカネの醜聞が噴出し、
大臣がまた辞任した。そんな中で、安倍政権は、平和憲法をかなぐり捨てる法整備を進めているのに、
世論は怒るわけでもない。その理由を尋ねると、来日して12年になる
ニューヨーク・タイムズ東京支局長のマーティン・ファクラー氏からは明快な答えが返ってきた。

◎『報じない大メディアが悪いのです』

Q、この調子でいくと、今月中にも自衛隊が世界中に出ていって、
戦争協力する法案が提出されることになります。国の形が完全に変わってしまうのに、
日本人は関心も示さない。どう思いますか?
A、こうなっているのは2つの大きな要因がありますね。ひとつは自民党一強、
野党不在の政治状況。もうひとつはメディアが安倍政権を怖がって批判を控えていることです。

Q、やっぱり、怖がっているように見えますか?
A、見えますよ。日本はいま、これまでとは全く異なる国家をつくろうとしている。
憲法に基づいた平和主義を守るのではなく、米国や英国の仲間になろうとしている。
果たして、それでいいのか。大きな岐路、重要な局面に立っているのに、
そうした議論が何もないじゃないですか。
これは本当に不思議なことです。恐らく多くの国民は、
戦後以来の大きな変化が起こっていることすら知らないんじゃないですか。

◎『政治利用されるISIS(イスラム国)人質事件』

Q、イスラム国の人質事件ではニューヨーク・タイムズ紙に掲載された
風刺画が非常に印象に残っています。「イスラム国は平和主義から逸脱する
日本を後押しするか」というタイトルで、車夫(=日本人)の鼻先にイスラム国の旗をぶら下げ、
「憲法改正」の車を走らせる安倍首相が描かれていた。キャプションには
「安倍晋三“大統領”は復讐を呼びかけた」とあった。
A、ニューヨーク・タイムズの論評を扱う部署には複数の風刺画家がいます。
そのうちのひとりがアイデアを提示した。私が関わったわけじゃありません。

Q、ということは、米国人は一般的に安倍首相のことを、そういう目で見ているということですね?
A、そうだと思いますね。ひとりがアイデアを出して、みんながそうだね、と賛同したわけでしょうからね。

Q、それなのに、日本の大メディアは風刺画どころか、安倍政権が人質救出に何をしたのか、
しなかったのか。イスラム国と戦う国への2億ドル支援演説の是非もほとんど論じていませんね。
A、私は中東で調査をしたわけではありませんが、東京から見ている限り、
安倍政権はあらゆるルートを駆使したわけではないでしょう。
最初からあきらめていたように見えます。身代金の支払いにしても早い段階から拒否しているし、
この事件を政治的に利用し、テロに屈しないと宣言して米英の一員であることを
国内外にアピールするのが狙いだったように感じました。

Q、人質救出に全力を挙げると言っていましたけどね。
A、政治っていうのは、みんなそんなもんですよ。
オバマ政権も一緒です。ただ違うのはメディアが政府の言い分をうのみに
するかどうかです。私は列強の仲間入りをしたいという安倍首相が悪いとは言いません。
彼は素直に自分のやりたいことをやっている。それは就任前の言動から容易に推測できたことです。
問題はそれに疑問も挟まず、従って何の質問もせず、説明も求めないメディアの方です。
だから、安倍首相が積極的平和主義を唱えれば、多くの国民が何の疑問も持たずに
“そんなもんか”と思ってしまう。ここが危険なところです。

◎『ごく一部の人が管理し動かしている日米同盟』

積極的平和主義で、米国と一緒になって戦う。それが日本を守ることになる。
こういう主張の政治家、官僚、学者、評論家たちは、米国がやっていることが
正義であるという大前提に立っていますね。ただし、そういう人々の多くは、
アーミテージ元国務副長官に代表されるジャパンハンドラーと呼ばれる人
としか付き合っていない。このほど、ファクラーさんが出された孫崎享さん
(元外務省国際情報局長)との対談本、「崖っぷち国家 日本の決断」(日本文芸社)
の中には、こういうことが書いてあって、本当に驚きました。
ハンドラーという言葉は「犬を扱う」ようなイメージだというし、そのジャパンハンドラーの
人々が米国を動かしているわけでもない。これは非常におかしなことだと思います。
ジャパンハンドラーの人々は非常に保守的で、オバマ政権にも入っていないし、
決して米国の意見を代表しているわけではありません。それなのに、
自民党の政治家や外務省の官僚はジャパンハンドラ―に頼ってしまう。

◎『ジャパンハンドラー(知日派)とは軍産複合体などの既得権益集団のことだった』

Q、対談本でファクラーさんは、「ジャパンハンドラーは『既得権益集団』で、
コンサルティンググループなどをつくり、強欲な商売をしている」とおっしゃっていた。
A、鳩山政権の時に脱官僚を唱えた瞬間、日米関係がぶっ壊れたでしょ? 
あんなにすぐ壊れるものかと驚きました。このことは日米のパイプがいかに細いかの裏返しです。
一部の自民党の政治家や官僚とジャパンハンドラーとの付き合いしかないのです。
日米関係に関わっている人は非常に少数で、そういう人が同盟関係を管理している。
だから、普天間基地の移転問題にしても辺野古しかないという結論になってしまう。
もっと幅広い人脈と付き合っていれば、さまざまな意見、選択肢が出てくるはずです。

Q、集団的自衛権についても、それが日米同盟では当たり前ということになってしまう。
A、確かに戦後70年間、米国と一緒にやってきて、ある意味、安全だった過去の
実績はあります。でも、今後もそれでいいのか。平和憲法を捨てず、
平和主義を貫く選択肢もあるし、鳩山政権や小沢一郎氏が唱えたような
アジア重視の道もある。どちらがいいかは国民が考えた上で決めるべきです。

◎『こんな民主主義国家 見たことが無い』

Q、ところが、日本人には、それを判断する情報すら与えられていないんですよ。
新聞が選択肢すら報じないものだから。
A、日本のエリートの上の方で、物事が決まっている。大きな新聞は
そちらの方を見て記事を書いている。そんな印象ですね。新聞社は読者の側に立って、
権力を見ていない。権力者の側に立って、国民を見下ろしている。そんなふうに感じます。
こんな新聞を国民は信じますか? 

-----------------------------------------------------------------
photoessay21 コメント:
昔、世界中を歩き回った目を通して、今、日本中を歩き回り撮るレンズを通して、情報発信します。 @photoessay21 https://www.facebook.com/show21up8/ https://www.facebook.com/photo21show/

今日の日本人に、いわゆる<専門馬鹿>という職人気質の仕事人などいない! それは自分の仕事に誇りを持ち、その仕事に人生と命を懸ける馬鹿が消えた・・・!

今日の日本人は所属する会社や役場というブランドに誇りを持ち、職場仲間と波長を合わせることに組織の中で浮き上がらないことに人生を懸け、身体を張っている・・・のが現実の姿

だからジャーナリストなどいない。金融マンも研究者もいない・・・すべては総合職で組織内の偏差値しか見てない。

そんなジャーナリスト気取りの日本人に真実を追求する覚悟など皆無だからペンで戦うなんて絵空事、自分の原稿に誇りも気迫も持たない。上司の指示通りになんでも書ける体たらく・・・に言う言葉もないよ!

海外で時として社会を動かすスクープを報道に乗っける奴がいる。奴らは紛れもなく命かけで真実を追っかけ身体を張って記事を書いている。その一途な情熱+熱意が社会を動かしている。

日本にも昔はいた、そういう奴がいた! その頃は社員を身体を張って守る写真もいた、上司もいた。社会に気骨と一途さがあった。今日の日本は給与しか興味ないサラリーマンと公務員が溢れかえってる。だからこそ独裁政治+恐怖社会に向かってもストップをかける人々がいない

-----------------------------------------------------------------
===藤原 節男(脱原発公益通報者、原子力ドンキホーテ)キャンペーン===
福島原発3号機は核爆発:背景音楽がショスタコーヴィッチ交響曲第5番第3楽章のyoutube動画⇒  http://goo.gl/MlHXL1
核爆弾大量製造は、プルサーマルだけで可能、もんじゅ不要⇒ https://goo.gl/7n0alD
脱原発ドンキホーテ⇒ http://goo.gl/5FhVVN
福島3号核爆発について ⇒ http://goo.gl/U8n84X 
福島3号核爆発動画⇒ http://goo.gl/RbZRWJ
福島3号核爆発の証拠,セシウムホットボール⇒ http://goo.gl/SHIrpw
原子力公益通報および「原子力ドンキホーテ」単行本⇒ http://goo.gl/ovNnlY
「原発と民主主義」講演会資料⇒ https://goo.gl/Qr5pmU
福島3号核爆発が、福島原発事故放射能の最大原因⇒ https://goo.gl/JXMWie

(関連URLs)
核燃サイクル曲がり角?揺れる下北半島⇒ http://goo.gl/6XOsZf
原子炉級プルトニウムで核兵器⇒ https://goo.gl/0u8nvr
日本が核を持つのは朝飯前⇒ http://goo.gl/vC0wgq
爆縮レンズ:プルトニウム原爆の課題⇒ https://goo.gl/40Edgz
爆縮レンズ開発⇒ http://goo.gl/fmxjau
水素爆弾ウィキペディア⇒ https://goo.gl/A6qmQE

お読みください。よろしくお願い致します。
関連URLs:
◎経産省前テントひろば 反原発美術館(Occupy Kasumigaseki Anti-nuclear Tent Museum)
⇒ https://www.facebook.com/antinuketent2015/?pnref=story
◎原発いらない女たちのテントひろば
⇒ http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/
◎ 経産省前脱原発テントホームページ
⇒  http://tentohiroba.tumblr.com/



=-=-=-=-=-=-=
藤原 節男(Fujiwara Setsuo、脱原発公益通報者、原子力ドンキホーテ)
元原子力安全基盤機構検査員
元三菱重工業(株)原発設計技術者
〒279-0021千葉県浦安市富岡1-19-7
TEL&FAX: 047-351-7497 
携帯電話: 090-1793-4404
E-mail: fujiwara_setsuo2004 at yahoo.co.jp
「原発と民主主義」講演会資料⇒ https://goo.gl/Qr5pmU
脱原発ドンキホーテ⇒ http://goo.gl/5FhVVN
Facebook: http://www.facebook.com/setsuo.fujiwara
Twitter: http://twitter.com/#!/setsuo2004
原子力公益通報 in JNES: http://bit.ly/1ckclY2 
原子力ドンキホーテの叫び: http://bit.ly/1bXWUi9 


MLホームページ: http://www.freeml.com/info_mosaku

----------------------------------------------------------------------
Powered by freeml     --  http://www.freeml.com/ --
------------------------------------------------------[freeml byGMO]--


CML メーリングリストの案内