[CML 041653] 大阪市議会のヘイト・スピーチ条例に続こう

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2016年 1月 22日 (金) 10:48:28 JST


前田 朗です。

1月22日

15日に大阪市議会がヘイト・スピーチ条例を採択しました。条例全文は以下。

http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000339043.html

今朝の東京新聞「こちら特報部」は「大阪市に続いて」という記事で、東京都や 
川崎市には条例制定の動きがない が、市民が求めているという記事。

掲載された私のコメントは次の通り。

「国連人種差別撤廃委員会は、ヘイトスピーチ規制などの対処を日本に勧告して 
いるが、対象にはlocal government(自治体)も含まれる。国による立法措置は 
もちろんだが、大阪市 をモデルに各自治体も条例化を検討すべきだ」

地方自治体も条約を守れ、という主張の直接の明文根拠は、人種差別撤廃条約第 
2条第1項(a)及び(c)の差 別撤廃義務が地方政府にも向けられているこ 
と、同条約第4条(c)のヘイト・スピーチ禁止が地方の公の当局にも向けられ 
ていること、で す。

なお、大阪市条例についての評価をある雑誌に書きましたが、月刊誌のため、出 
るのは1か月後。



CML メーリングリストの案内