[CML 041609] 【拡散希望】子ども脱被ばく裁判よりのお願い【第4回口頭弁論の為、ネット署名も開始!】

山田敏正 toshi-y at kids.zaq.jp
2016年 1月 19日 (火) 00:01:59 JST


山田@放射能から豊中の市民・子どもを守る会、です。

転送
----------------------- Original Message -----------------------

Subject: 【拡散希望】子ども脱被ばく裁判よりのお願い【第4回口頭弁論の為、
ネット署名も開始!】
----

「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本ブログより
http://kodomodatu.jugem.jp/?eid=138
署名のおねがい
2016.01.16 
改めて署名のお願い
第三次集約2月17日(2月25日の第4回口頭弁論直前まで可)
子ども脱被ばく裁判支援のための署名のご協力をお願いします 
                         
子ども脱被ばく裁判の会
共同代表 片岡輝美・水戸喜世子

みなさま
 2014年8月29日に福島地方裁判所に提訴した
「子ども脱被ばく裁判」支援のお願いをさせていただきます。
本裁判は、被ばくのない安全な地域で教育を受ける権利を
原告の子どもたちが居住する7市町に認めさせる「子ども人権裁判」と、
原発事故以降無用な被ばくをさせた国と福島県の無作為の責任を追及する
「親子裁判」のふたつから成り立っています。
 これまでに3回の口頭弁論が行われ、
6人の陳述人が原発事故によって激変した生活や
子どもたちの抱える不安と無用な被ばくをさせた親の無念さを切々と訴え、
傍聴席では涙ぐむ人々もいました。

しかし由々しいことに、
今回の裁判で被告である地方自治体は、「訴訟要件がない」とし、
訴えを「却下」するよう裁判所に求めています。
裁判所もそれを認める方向にあり、
いわゆる「門前払い」という形で子ども裁判は、
審議に入ることなく原告の願いは断たれようとしています。

原告216名(2015.6.26現在延べ人数)は、
原発事故前はごく普通の子ども、普通の親として生活していた市民です。

今回、勇気を振り絞って原告になった決意を受けとめる時に、
私たちは何としてでも、裁判所が審議を開始し
「命どぅ宝」の判断を下すよう声を挙げなければなりません。

第三回の口頭弁論を終えた井戸謙一弁護団長は次のように言われました。
「確かにこの裁判は前例がありません。
前例のない裁判が起こったのは、前例のない人権侵害が起こったからです。
それを裁く司法には、前例のない判断が求められます。
弁護団は、そのことを次回期日までに強く主張して、裁判所の翻意を求めます。
市民の皆さまも、葉書や署名の形で、裁判所に対し、
是非意見をお寄せいただきたいと思います。」


 昨年7月署名を始め、
これまで署名1万7459筆を裁判所へ提出しました。
子どもが原告の裁判を「門前払い」させないために一層の署名が必要です。
なにとぞご協力いただけますようお願い申し上げます。

大変お手数をお掛けしますが、署名用紙をコピーして、
多くの心ある方々に拡げていただけましたら、
これほどありがたいことはありません。

みなさまのご支援とご協力を心からお願いいたします。

==========

【ネット署名】
https://www.change.org/p/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%9C%B0%E6%96%B9%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%E6%B0%91%E4%BA%8B%E9%83%A8-%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AB%E8%A2%AB%E3%81%B0%E3%81%8F%E3%81%AE%E5%BF%83%E9%85%8D%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%84%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%A7%E6%95%99%E8%82%B2%E3%82%92%E5%8F%97%E3%81%91%E3%82%8B%E6%A8%A9%E5%88%A9%E3%82%92%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%86?recruiter=63401820&utm_source=share_petition&utm_medium=copylink%A4%E6%89%80%E6%B0%91%E4%BA%8B%E9%83%A8-%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AB%E8%A2%AB%E3%81%B0%E3%81%8F%E3%81%AE%E5%BF%83%E9%85%8D%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%84%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%A7%E6%95%99%E8%82%B2%E3%82%92%E5%8F%97%E3%81%91%E3%82%8B%E6%A8%A9%E5%88%A9%E3%82%92%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%86?recruiter=63401820&utm_source=share_petition&utm_medium=copylink

または、

https://www.change.org/p/福島地方裁判所民事部-福島の子どもたちに被ばくの
心配のない環境で教育を受ける権利を保障しよう?recruiter=7766955


検索ページ(下記)では「被ばくの心配のない環境で教育」を入れて5番目ぐら
いに出ます。
https://www.change.org/search

ネット署名の、他ML、ブログ、HP、フェイスブック、ツイッター、ラインな
ど、あらゆるネット媒体での拡散、よろしくお願いしますとともに、街頭、集会
などでの紙署名の方も引き続きよろしくお願いします。

【紙署名】

署名用紙は下記よりダウンロードできます(古いものも無効ではありませんが、
なるだけ現状を反映しているこちらの文面でお願いします)。
https://drive.google.com/file/d/0B9_9VnmI4YARVTdEM016UlVIb28/view?pref=2&pli=1
 
毎回の後半の旅に、却下しないでwくださいという署名を提出していますので、
以前していただいた方も、よろしくお願いいたします。

--------------------- Original Message Ends --------------------
*****************************
山田敏正
toshi-y at kids.zaq.jp
http://nonuketoyonaka.blog.fc2.com/
*****************************



CML メーリングリストの案内