[CML 041580] 都教育委員への不正ハイヤー代支給問題、都監査委員会への第二次請求人を募集!

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2016年 1月 16日 (土) 18:33:20 JST


皆様
 こんばんは。増田です。これは「実教出版教科書問題に関し、違法不当な東京都教育委員会を訴える会」(略称:都教委を訴える会)事務局としての報告です。転送、転載、大歓迎です! BCCでお送りしますので、重複もあるかと思います。また長文ですが、どうぞ、ご寛恕を!

 14日に件名監査請求を行い、記者会見をしたことをお知らせしました。東京新聞の都内版…多摩地区は載らなかったようです、同じ都民なんですのに…15日付に以下のように掲載されました。

 それで、請求人に加わるというご意思がありながら間に合わなかった方もいらっしゃるので、第二次請求を出そうということになりました!

 都教委のデタラメさに怒りを覚えていらっしゃる都民の皆様!
  代表者(氏名の公表者)としては弁護士さん2名を予定していますので、ぜひ、末尾「(別紙)その他の請求人」部分を印刷し、署名押印の上、1月29日までに、むさん法律事務所まで郵送願えませんでしょうか。

 また、都民ではない方には、お知り合いの都民の方に、ぜひ、お声をかけていただけないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京新聞 2013年1月15日付(山手 地域の情報)

ハイヤーの利用代金
  秘密会議で支出不当

      名誉教授ら監査請求

 都教育委員四人が二〇一三年、非公開の会議に出席するために使ったハイヤーの代金約十五万円の支出は不当として、佐藤昭夫早稲田大学名誉教授や高嶋伸欣琉球大学名誉教授ら八十八人が連名で十四日、都監査委員に対し、委員四人に都に返還させるよう監査請求した。

 措置請求書では、都教委が一三年五月九日の教育委員会定例会を「開催いたしません」と告示しながら。この日に秘密会議を都庁で開き、当時の委員四人を送迎するハイヤー代として、計十五万二千四百二十円を支出したとされる。

 請求書によると、都教委はハイヤー利用に関して、定例会日程が事前に公表されており「抗議や批判を目的として接触し、周囲を取り囲むような事態が生じることが想定される」などと説明。これに対し、公表されていない会議への出席ならば、そうした事態になる恐れは皆無だったとして「不当な支出行為であることは明白」と主張している。

 都庁で記者会見した高嶋名誉教綬は「都教委は自ら決めた解釈、運用を恣意的に変えるべきでない」と語り、請求が認められない場合は提訴する意向を明らかにした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(別紙) その他の請求人

名前                          印    
住所
〒         東京都                               


名前                          印    
住所
〒         東京都                    


名前                          印    
住所
〒         東京都                    


名前                          印    
住所
〒         東京都                   


名前                          印    
住所
〒         東京都                   


(署名押印して住所を記入し、以下に郵送お願いします)
〒105-0003 東京都港区西新橋1-9-8
南佐久間町ビル 2階むさん法律事務所 		 	   		  


CML メーリングリストの案内