[CML 041521] 今日の言葉 ――しかし、私自身は、強い違和感を覚えます。「慰安婦」問題に関する安倍政権の認識が微動だにしていないことは日韓合意直後からの安倍首相の数々の発言が如実に示すところです。

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2016年 1月 13日 (水) 11:20:08 JST


       Blog「みずき」:古くからの革新統一戦線論者の浅井基文さん(元外交官)の見方も共産党の今回の志位談話の見解と
       見方を異にする間接的な共産党批判の見解と見てよいでしょう。共産党の志位委員長は8日、国会開会式出席問題
       についてBSフジ『プライムニュース』のキャスターの「古くから共産党を支持している皆さんとかはね、どうなんだという声
       はあがってこない?」という質問に「全体は肯定的に受け止めていただいていると思う。中には理解出来ないという方も」
       などと答えていますがいつまで「井の中の蛙大海を知らず」の故事の状態を続けるつもりでしょうか? あるいはいつま
       でそうしていられると思っているのでしょうか? 同党はもはや志位談話を否定する同党党員、シンパサイザーを含む革
       新的知識人の「良識」の網に包囲されている状態といってよいのです。 


【日本のメディアと野党の肯定的評価に強い違和感を覚える】
2015年12月28日に行われた岸田外相と韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相とによる日韓両外相共同記者発表は、韓国のいわゆ
る「従軍慰安婦」問題に関する「最終的かつ不可逆的」解決を達成したものとして喧伝され、日本国内では政府・与党のみならず、
野党もおおむね肯定的に評価しました。野党が肯定的に評価したのは、ヾ濺蝶袷衄表文が「当時の軍の関与」を明記したこと、
また韓国政府が設立する、元「慰安婦」支援を目的とする財団に対して「日本政府の予算で資金を一括で拠出」するとしたこと
によるものでした。まず、,療世亡悗靴討蓮安倍政権が旧日本軍の関与を認めた1993年8月4日の河野官房長官談話を問題視
してきた姿勢を改めたと受けとめられたこと、また△療世亡悗靴討蓮1995年に設立されたアジア女性基金が民間の拠出による
ものであることに対して、日本政府の法的責任を回避することを正当化するためのものという強い批判があったことに鑑みたもの
であると受けとめられたことが、野党の肯定的評価を導いたと判断されます。

しかし、私自身は、このような受けとめ方には強い違和感を覚えます。,亡悗靴討蓮∈2鵑痢崟治決着」のための「戦術的譲歩」
であるにすぎず、安倍政権のこの問題に関する基本的認識・立場が微動だにしていないことは、日韓合意直後からの安倍首相の
数々の発言が如実に示すところです。また△亡悗靴討癲∪府が資金を拠出することは法的責任を認めるものではないという発言
がくり返されています。果たして韓国国内では、日韓合意の発表直後から、その評価に関して激しい議論が起こりました。しかも、
日韓合意内容に関して安倍首相及び岸田外相から数々の問題発言が飛び出し、これがさらに韓国国内世論を刺激してきました。
さらに、朴槿恵政権が今回の日韓合意に応じた背景には、日韓関係膠着がアメリカのAPR軍事戦略に支障をきたしていることを深
刻に懸念するオバマ政権の強い圧力があったという反発も広がっています。(浅井基文のページ 2016.01.10)

以下、省略。全文は下記をご参照ください。
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-1733.html


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/ 



CML メーリングリストの案内