[CML 041483] <テント日誌1月8日(金) 経産省前テントひろば1581日目>

kimura-m at ba2.so-net.ne.jp kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2016年 1月 10日 (日) 05:52:22 JST


(転送します)

テント日誌1月8日(金)
経産省前テントひろば1581日

河合弁護士もスピーチに参加
今日は、陽はさしていたが風が冷たかった。
2時ごろまでテント前は閑散としていたが、
その後虎ノ門病院の帰りだと言う人がテントの写真を何枚も撮って行った。
時々寄ってくださるそうだ。チラシをお渡ししてテントのことなど少し話す。
その後「原発のポストに群がる天下り」「手を出すな神の領域原子力」他、原発
の川柳を書いた特別なボードもってきた男性がいる。
国会前平和通信にも川柳を載せている“へらずぐち亭誤字脱字さん”だ。
丁度やってきた川柳に造詣の深いWさんと意気投合して楽しそうに話していた。

5時からは金曜日定例になった経産省前抗議行動。
出だしは数人で寂しかったがだんだん人が増え、
原発いらない!高浜原発再稼働反対!川内原発とめろ!と声を上げた。
偶然、経産省から現れた河合弁護士もスピーチをして下さった。
記者クラブに映画のDVDを持って行きこれを見てから記事を書いて欲しいと言って来たそうだ。
後半には関電前の行動を終えたたんぽぽ舎の人たちも参加、
柳田さんも抗議の声を上げた。

テントに戻るとパンをたくさん差し入れてくれた人が居た。
テントを心配して下さる人がたくさんいることに感謝(I・K)

経産省前のスピーチ次々と
今夕の経産省前抗議行動はちょっと少なく50人ぐらいだったと思います。
私が司会・進行、コールを山田純一さんにお願いしました。
偶然ですが河合弘之弁護士(テント弁護団団長)が経産省から出て来られた(記者クラブに映画DVDを配布)ので、急遽スピーチをお願いできました。
また、薩摩川内から淵上さんに電話メッセージをもらいました。
他に次の方々にアピールしていただきました。
山田純一さん、久保さん、水上さん、斉藤美智子さん、田中一郎さん、柳田さん。うっかり、年末年始のテント行事の報告をし忘れました。
以上、取り急ぎ報告しました。(K・M)

小出裕章さんの発言から 原発と戦争の推進に反対するため
今、この時にそれぞれの人が戦争を防ぐために何ができるかということを考えながら、やはり声をあげる、黙っていてはいけないということが大切なんだろうと、私は思います。

? 暴力以外出来ることは何でもやりましょう、
野党統一候補の推薦、「戦争法」賛成議員の落選運動、マスコミの過ちを批判し、真実を知らせる、放映は良いものは褒め、問題あれば抗議する、カンパをする、集会・デモに参加する、「安保法制」違憲訴訟等の原告となる、闘争現地へ支援参加、裁判を傍聴する、ゼッケン・「アベ政治を許さない」等をつけて行動する、ミニコミ、クチコミを行う、街頭宣伝に参加する、仲間を批判するときは直接述べ陰で言わない、
「戦争法」反対等のポスターを広める、戦争体験者のお話を聞く、貧困非正規雇用等の実態を知る、戦地や避難民・被害者のお話を聞く、戦争の本質を知る、メール・フェースブック・ツイッターを活用する等々でしょう。(I・T)                        
−テントの年始企画から
?★1月10日(日)午後2時〜4時
新春のテントにて<落語・講談・歌・朗読など多彩な演芸寄席がひらかれます>
主な出演者と題目 ☆下記以外の特番出演も予定
ジョニーH 歌と踊りによる<時事風刺ソングパレード>
十条亭趣楽 落語<宮戸川>
劇団もっきりや(杉浦久幸・門岡瞳)朗読≪特選 原発・反戦詩スぺシアル>
森久織 南京すだれ/名調子 恋の山手線、国定忠治、弁天小僧、外郎売り他
福田織福 講談<山内一豊の妻>
本間織福 講談<三村の薪割り>

毎週(金)は17時〜18時に経産省前抗議行動
立憲フォーラムからのお知らせ 1月19日(火)集会17時〜
 繰り返しのご案内になりますが、1月19日(火)17時〜憲政記念館の講堂で立憲フォーラムと戦争をさせない1000人委員会が主催して「さぁ、安倍政治を終らそう 1・19集会」を開催します。
立憲フォーラムから通常国会の見通しなどについて報告、小林節慶応大名誉教授、SEALDsが発言します。18時30分からは国会前行動に合流します。チラシは添付です。広い会場です。拡散をよろしくお願いします。
経産省前テントひろば・反原発美術館
Occupy Kasumigaseki Anti-nuclear Tent Museum
「経産省前テントひろば・反原発美術館」がオープンしました!
反原発美術館は好評で毎日多くの人が訪れています。テントに顔を出したり、足を運んだ人だけでなく、通り掛りの人も寄っていただいております。

経産省前テントひろば 反原発美術館
年中無休・入場無料
開館時間:12:00〜20:00
※イベント開催時は、開館時間が異なる場合があります。
※原則無休ですがメンテナンス等の事情により休館している場合もあります。
美術館所在地:東京都千代田区霞が関1-3-1
最寄駅:東京メトロ「霞が関」駅A12a出口、銀座線「虎ノ門」駅7番出口
主催:原発いらない女たちのテントひろば〜福島とともに
コーディネーター:早川由美子(映画監督)




CML メーリングリストの案内