[CML 041470] 人権問題に対する西側のダブルスタンダードの代表例サウジアラビア

檜原転石 hinokihara at mis.janis.or.jp
2016年 1月 9日 (土) 06:32:49 JST


檜原転石です。


小林和男 (ジャーナリスト)が【「平和は困る」武器商人たち】という記事を書
いてましたが、その意味ではサウジアラビアは欧米にとっての優等生という訳です。


▼2016/01/03(日曜) 20:31
人権問題に対する西側のダブルスタンダードの代表例サウジアラビア  

http://japanese.irib.ir/news/本日のトピック/item/61198

・・・   サウジアラビアはまた、豊富な石油収入により、西側諸国で製造された武
器の最大の輸入国となっています。武器産業の繁栄も、西側諸国の経済繁栄を維
持する要素の1つとされています。さらに、確かな資料によれば、サウジアラビ
アは西側諸国から輸入した武器を国内の抗議運動の弾圧、もしくは地域諸国への
侵略のために使用しているということです。こうした中、西側諸国はサウジアラ
ビアに人権侵害となる行動をやめさせるための措置を、全く講じようとしません。


CML メーリングリストの案内