[CML 041375] 強面のカナリヤ鳴きし映画なり 「ヤクザと憲法」東海テレビ

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2016年 1月 2日 (土) 17:09:32 JST


「ヤクザと憲法」 <http://www.893-kenpou.com/>

土方宏史監督の労作、いままで誰も撮らなかったドキュメント。カメラを持ちながらの質問が「間抜け」でよい(褒めてる)。

法律監修は、映画「死刑弁護人」
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/c0e4c18ce831fd9aabe0b81567394cb0>
の安田好弘弁護士。

短歌の上の句、「強面のカナリヤ」は阿武野勝彦プロデューサーの初日舞台挨拶の言葉から。

取材の取り決めは、3つだけ。1、取材謝礼金は支払わない 2、取材テープ等を事前に見せない
3、モザイクは原則かけない。この原則を守ったら、素晴らしい映像となった。他のテレビ製作者に爪の垢を煎じて飲ませたい。東海テレビ偉いぞ。

暴対法、暴排条例によってヤクザは絶滅危惧種となっている。例えば
*銀行口座が作れない。作ってばれると詐欺で訴えられる。銀行口座が作れないから子どもの給食費を現金で払おうとすると、ヤクザとばれて子どもが学校で虐められる。*

*事故で自動車が傷ついたので保険会社に修理代を頼む。保険会社は不合理に渋る。ちょっとこじれると、恐喝やら詐欺で逮捕される。弁護を頼もうにも引き受けてくれる弁護士がいない。*

山之内幸夫
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B9%8B%E5%86%85%E5%B9%B8%E5%A4%AB>
弁護士は何度も起訴され、11月に最高裁で有罪が確定し弁護士資格が剥奪されている。これは映画パンフ500円で知って驚愕した。

*安全安心社会の裏で、憲法番外地ができている。*

撮影中に「撮るな」と恫喝するのは、ヤクザではなく警察。家宅捜索の場面だ、国営暴力団が偉そうに。



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内