[CML 041373] インド、東芝傘下ウエスチングハウスに原子炉6基を今年2016年発注へ(ロイター記事)

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2016年 1月 2日 (土) 15:15:18 JST


紅林進です。


新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年は7月に参院選(衆参同時選挙の可能性も)がありますが、ぜひ
野党統一候補を実現して、自公両党を大敗させ、安倍政権の暴走を
ストップさせ、安倍政権を退陣に追い込む年としたいものです。

ところで、新年早々、嫌なニュースですが、ロイターのニュースによると、
インドは、今年2016年(記事で「来年」とあるのは、12月30日付の記事
のため、今年2016年のこと)、東芝傘下のウェスティングハウスに原子炉
6基を発注する方針とのことです。

東芝は、米国の原子力メーカーのウェスティングハウス社を巨額で買収
したために、経営が傾き、粉飾決算までして、現在の危機を招いたのに、
まだ懲りないのでしょうか!

インドへの原発輸出を可能にする日印原子力協定の調印・批准をさせて
はなりません。

原発保有国であるにもかかわらず、NPT条約(核兵器不拡散条約)に
入ろうともしないインドに原発輸出や原子力協力をすることは、核兵器
拡散の危険にもつながります。

(以下ロイター記事)

「インド、東芝傘下ウエスチングハウスに原子炉6基を来年発注へ」 ロイター 2015年12月30日(水) 20:56
http://jp.reuters.com/article/india-nuclear-westinghouse-idJPKBN0UD10L20151230
 
[ニューデリー 30日 ロイター]- インドは30日、東芝(6502.T)傘下の原子力事業子会社である米ウエスチングハウス・エレクトリックに来年、原子炉6基を発注する方針を認めた。
インドはこのほかにも、少なくとも12基の原子炉をロシアと共同で建設する契約を結んだことを明らかにした。燃料供給に関してはオーストラリアと民生利用協力で合意したという。
インドは約60基の原子炉設置を予定しており、実現すれば世界の原子力発電市場で中国に次いで第2位となる。 


CML メーリングリストの案内