[CML 041369] 「ルポ 戦場出稼ぎ労働者」たちなり 安田純平...集英社本

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2016年 1月 2日 (土) 08:33:49 JST


「ルポ 戦場出稼ぎ労働者」 <http://www.fben.jp/bookcolumn/2010/07/post_2586.html> 安田純平
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/158c404662e8ee3bf64a0f09ca43276f>
集英社新書 <http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0536-a/>

おもしろかった、と書いたら不謹慎かな。鎌田慧の40年前の名著「自動車絶望工場」
<http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201204130156.html>
のときのような感銘を受けた。ルポというより労働者になりきった報告の生々しさ。

民営化された戦争についての貴重な記録だ。

著者は、いま何処にいるのだろうか。 <http://matome.naver.jp/odai/2143646567055142801>

------ 目次 緑字は千恵子メモ -----------------

第1章 イラク戦場労働への道(イラク行き急募;クウェート就労ビザが必要? ほか)

23 重さ19kgの鉄板入り中国製防弾チョッキ、韓国製のヘルメットを持って辛そうに歩く男たち たくましいとはいえない細身の体をした彼ら

41 貧しい国、ネパール人が17000人とか、イラク国内で活動している しかし斡旋料を払えるのは、まだ豊かな層 借金して出稼ぎ

第2章 戦場労働の心得(拘束の三年間;バグダッド空港・基地 ほか)

68 著者は04年に拘束された経験あり

第3章 戦場の料理人(激戦地ディワニヤ;居住区の衛生管理 ほか)

143 経済制裁のため配合飼料が輸入されないため、放牧 結果的に質の良い肉 有機農業が発達したキューバと状況が似ている

第4章 戦火の中で(奴隷労働;銃を突きつけられる ほか)

170 激化する抗争


179 ブラックウオーター事件

192 シェフに上り詰める エビフライ

201 ボスの役割 家族 部族社会 なるほど

第5章 戦場で働くということ(戦争は「安い命」で;戦争の民営化と戦場労働 ほか)

241 日本人が出稼ぎにいくとしたら



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内