[CML 042044] 【グローバル・ジャスティス研究会・2月の企画】 チャベス後のベネズエラと南米はどこへ?

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2016年 2月 19日 (金) 06:21:04 JST


グローバル・ジャスティス研究会・2月の企画
チャベス後のベネズエラと南米はどこへ?

2月28日(日) 午後6時30分
ひとまち交流館 京都 第5会議室(京阪・清水五条から5分 ・市ハ゛ス 正面河原町)

報告:一井不二夫さん(ブログ「ラテンアメリカの政治経済」)
参加費:資料代として500円(割引希望の方は受付でお申し出ください)

昨年11月、アルゼンチン大統領選挙で右派のマウリシオ・マクリが勝利し、
12月にはベネズエラの議会選挙で右派が勝利しました。
ブラジルでは景気後退とペトロブラス汚職のなかで大統領罷免の動きがあります。

ラテンアメリカはどうなるのか・・・
左派政権の何が問題だったのか・・・
21世紀の新しい胎動を象徴してきた南米の社会運動は、いま、何に直面しているのか・・・

日本のメディアではあまり伝えられないホットな情報をぜひ
+++
グローバル・ジャスティス研究会は、公正な世界の実現に関わるさまざまなテーマに
ついて話し合うスペースとして今年1月からスタートしました。当面は月1回の予定です。どなたでも参加できます。

https://www.facebook.com/events/1704437776464522/ 		 	   		  


CML メーリングリストの案内