[CML 046198] (ハワイよりもマレーとSGPに行け!! マレー半島とSGPで行われた旧大日本帝国陸軍のホロコーストを忘れたか)Re: 「こんな事がまかり通ってたまるか!」他

りょうこ baffydct at gmail.com
2016年 12月 28日 (水) 13:52:44 JST


前略,田中一郎です。

(下記から引用)
「実際のところ、その日に日本が攻撃した場所は真珠湾だけではありませんでした。
その約 1 時間前には日本陸軍はマレー半島の北東沿岸を攻撃、
同日にはアジア太平洋地域の他の幾つかの英米の植民地や基地を攻撃しています。」

旧大日本帝国陸軍は、マレー半島上陸後まもなくSGPを占領、そこで、SGPの知識層を中心に大量虐殺を始めている。その犠牲者は数万人とも言われ、
今でもSGP島の海岸浜を発掘すると遺骨が出てくるという(この辺の話は、故リークアンユーの回想録にも出てくる。
SGPの支配者だったリークアンユーは当時は青年だったが間一髪で殺戮を免れた)。また、その後はマレー半島でも、いわゆる「赤狩り」と称して、
罪なきマレー人を虐殺したり拘留して拷問にかけていたらしいこともわかってきている。更に、初戦で捕縛した捕虜を食料を与えないままに長距離の強行軍をさせ
、多くの死者を出したことも有名な話である。何が大東亜共栄圏だ、という話である。

安倍晋三は、防衛省の幹部=特に制服組とともにSGPとマレー半島へ行き、各地を謝罪して回り、日本軍の犠牲となった方々の慰霊に頭を下げてこい。そして、
二度と再び他国を侵略せぬことを、戦争を引き起こさぬことを誓ってこい。

みっともなくも、アメリカの手下であることを全世界に見せびらかしにハワイに行くような下劣なことよりも、安倍晋三にはなすべきことは山ほどある。そして、
私が懸念するのは、こうした過去を持つ日本の軍隊のカルチャーが、戦後の日本の自衛隊に引き継がれているのではないかということだ
。何故なら、1950年代に日本の自衛隊(軍隊)を再組織していったのは、かつての大日本帝国軍部の生き残りたちだったからだ。一般人を「
赤紙」で招集して、その多くの若き日本の兵士たちに、捕虜になるくらいなら自爆せよ、と戦死を強要していた軍の幹部たちが、
戦争が終わればぬけぬけと自分達だけは生き残り、そして、昔の夢よもう一度でつくったのが今日の自衛隊ではなかったか。

だからこそ、田母神俊雄のような人間が、自衛隊の最高幹部にのしあがってくるのではないのか。

日本の自衛隊は日本を守るためのものです、なんて、その組織の中身も人的構成も文化も知らずに、まるで「子供の戦争ごっこ」
のような認識で安全保障論や日本の防衛論議をしていることが、そもそも幼稚でお話にならないのだ。

日本の有権者・国民は、戦争とは何か、軍隊とは何かを、再度、自身の過去を振り返ることで熟慮することが必要である。
草々

以下はメール転送です。
===========================
Sent: Tuesday, December 27, 2016 7:06 AM

親愛なる安倍首相へ
安倍首相は先日、 1941 年 12 月 8 日(日本時間)に
日本海軍が米国の海軍基地を攻撃した際の「犠牲者を慰霊する」目的で、
12 月末にハワイの真珠湾を訪問する計画を発表しました。
実際のところ、その日に日本が攻撃した場所は真珠湾だけではありませんでした。
その約 1 時間前には日本陸軍はマレー半島の北東沿岸を攻撃、
同日にはアジア太平洋地域の他の幾つかの英米の植民地や基地を攻撃しています。
  日本は、中国に対する侵略戦争を続行するために不可欠な
石油や他の資源を東南アジアに求めてこれらの攻撃を開始したのです。
米日の開戦の場所をあなたが公式に訪問するのが初めてであることからも、
私たちは以下の質問をしたく思います。

1) あなたは、 1994 年末に、日本の侵略戦争を反省する国会決議に対抗する目的で結成された
「終戦五十周年議員連盟」の事務局長代理を務めていました。
その結成趣意書には、日本の200 万余の戦没者が
「日本の自存自衛とアジアの平和」のために命を捧げたとあります。
 この連盟の 1995 年 4 月 13 日の運動方針では、
終戦 50 周年を記念する国会決議に謝罪や不戦の誓いを入れることを拒否しています。
1995 年 6 月 8 日の声明では、与党の決議案が「侵略的行為」や
「植民地支配」を認めていることから賛成できないと表明しています。
安倍首相、あなたは今でもこの戦争についてこのような認識をお持ちですか。

2) 2013 年 4 月 23 日の国会答弁では、首相として
「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない」と答弁しています。
ということは、あなたは、連合国およびアジア太平洋諸国に対する戦争と、
すでに続行していた対中戦争を侵略戦争とは認めないということでしょうか。

3) あなたは、真珠湾攻撃で亡くなった約 2400 人の米国人の
「慰霊」のために訪問するということです。
それなら、中国や、朝鮮半島、他のアジア太平洋諸国、
他の連合国における数千万にも上る戦争被害者の「慰霊」にも行く予定はありますか。
首相としてあなたは、
憲法9条を再解釈あるいは改定して自衛隊に海外のどこでも
戦争ができるようにすることを推進してきました。
これがアジア太平洋戦争において日本に被害を受けた国々に
どのような合図として映るのか、考えてみてください。
                                                               53名の学者


CML メーリングリストの案内