[CML 044820] [NNk]( 東京 9/24) もっかい事故調セミナー 9/24 のお知らせ

M.Shimakawa mshmkw at tama.or.jp
2016年 8月 31日 (水) 01:17:51 JST


                          [TO: CML, keystone, rml]

  * @はatにしてあります。

                  (from [No Nukes Asia Forum Japan ML] 改行位置等若干変更)
 --------------------------------------------------------------------------

 Date: Tue, 30 Aug 2016 19:22:31 +0900
 From: CNIC <cnic at nifty.com>
 Subject: [nonuke 21491] もっかい事故調セミナー9/24のお知らせ


【転送/転載歓迎です】

------------------------------------------------------------------

(下記アドレスからチラシをダウンロードできます)

<http://www.cnic.jp/7126>http://www.cnic.jp/7126

【もっかい事故調オープンセミナー】

新規制基準で過酷事故対策は可能か?

ー原子炉格納容器の役割とその破綻ー  

  

9月24日(土)13:00〜16:30

岩波セミナールーム  (岩波アネックス3F)

東京都千代田区神田神保町2−3(地図参照)

資料代:500円(事前登録の必要はありません)

  

格納容器は、設計基準事故(DBA)に対して、放射性物質の拡散を

防止するよう設計してきた。新規制基準では、過酷事故(温度、圧力、

放射線レベルなどが設計条件を超える)の発生が前提とされている。

しかしその前提に立てば、格納容器自体の変形量やフランジの密封機能、

電気部品、計装品、信号ケーブル、ケーブルペネトレーショ ン(貫通部)等

まで含めて総合的に設計し直さねば、事故対応はできない。原発の安全性の

主要な設備である格納容器の設計の建前と現実について整理し、格納容器

設計に携わった技術者の視点で問題点と課題について報告する。


講師:

◆後藤政志(元東芝技術者・APAST理事長):

主として過酷事故時の耐性評価に従事

◆渡辺敦雄(元東芝技術者):

主としてマーク儀審頁射憧錣寮澤廚暴昌


コメンテーター:
◆小倉志郎(元東芝技術者):

原発の設計、建設、保守工事の現場まで広い経験を持つ


主催:もっかい事故調*(代表世話人・田中三彦)

*   国会事故調において事故の原因調査をしたメンバー(元委員と元協力調査員)

有志が、自主的に調査検討を継続しているグループ。

協賛:原子力資料情報室、NPO“APAST”


【連絡・問い合わせ先】

澤井正子:090−4422−5394 

mokkai.jikocho at gmail.com

  -----------------------------------------------------------------





CML メーリングリストの案内