[CML 044802] 公開シンポジウム「東アジア共同体と沖縄の未来」9.11琉球大学

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2016年 8月 29日 (月) 15:17:37 JST


前田 朗@八王子、です。
8月29日

転送歓迎

このたび「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」が発足することになり、その
記念公開シンポジウムが琉球大学で開催されます。
http://maeda-news.blogspot.jp/2016/08/blog-post.html

************************************

「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催
公開シンポジウム「東アジア共同体と沖縄の未来」
	
 「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」の発足を兼ねて下記のような形で公開
シンポジウムを開催します。共通テーマは、「東アジア共同体と沖縄の未来」で
す。多くの皆様方のご参加をお待ちしています。

期 日:2016年9月11日(日)13:30〜17:00(開場13:00)
会 場:琉球大学法文学部新棟215教室
参加費:300円(資料代として) ※事前申し込みは不要です。

●プログラム●
(共同代表からの開会の挨拶)13:30〜13:35  

機仝槎笋らのご挨拶(13:35〜14:05)
鳩山友紀夫(元内閣総理大臣・東アジア共同体研究所理事長)
沖縄を軍事の要石から平和の要石へ

大田昌秀(元沖縄県知事・沖縄国際平和研究所理事長)
「東アジア共同体」形成の前提

供仝Φ羲圓らの提言(14:10〜15:40)
【基調報告】島袋  純(琉球大学)
沖縄と「地域から成る東アジア」──スコットランドと欧州統合からの示唆

【個別報告】
(1)仲地  博(沖縄大学学長)
沖縄構想の来し方と現在
(2)石原昌家(沖縄国際大学名誉教授)
「うやふぁーふじ」の国・中国とウチナーンチュ
(3)玉城 愛(名桜大学、SEALDs琉球)
沖縄基地問題の解決法としての東アジア共同体
(4)木村  朗(鹿児島大学)
鳩山政権崩壊と東アジア共同体構想─新しいアジア外交と安保・基地政策を中心
に

掘‘は澄15:55〜16:55)
山口 泉(作家)・高良鉄美(琉球大学) から
フロアから

【事務局】ご不明な点等がございましたら以下までお願いいたします。
池上大祐(琉球大学) 098-895-8296(研究室直通)、dikegami at ll.u-
ryukyu.ac.jp
または木村朗(鹿児島大学)090-2856-0955、kimura at leh.kagoshima-u.
ac.jp







CML メーリングリストの案内